2021年11月8日更新

映画『娼年』の動画を無料で配信中のサブスクはここ!【松坂桃李主演の衝撃作】

『娼年』(プレス)
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

映画『娼年』の動画を無料で配信中のサブスクはここ!

映画『娼年』の作品概要

原題『娼年』
再生時間119分
公開日2018年4月06日
ジャンルヒューマンドラマ

映画『娼年』のあらすじ

東京の一流大学に通う森中領(もりなかりょう)は、何にも興味を持てず退屈な日々を過ごしていました。そんなある日彼はアルバイト先のバーで、会員制ボーイズクラブを営む御堂静香(みどうしずか)という女性と出会います。 領は彼女との出会いをきっかけに「娼夫」という仕事をスタート。人それぞれの理由で男性を買う女性たちと交流を重ねるようになります。はじめは戸惑いを隠せない領でしたが、次第に女性の欲望の中に潜む奥深さに触れ、やりがいを感じるように……。

登場人物とキャストを紹介

娼年
(C)石田衣良/集英社 2017 映画『娼年』製作委員会

森中領(りょう)役/松坂桃李

ひょんなことから娼夫を始めることになった20歳の青年・森中領。そんな彼を演じたのは、俳優の松坂桃李です。 松坂桃李は「スーパー戦隊シリーズ」の第33作となる特撮ドラマ『侍戦隊シンケンジャー』にて俳優デビュー。映画『不能犯』や映画『孤狼の血』で難しい役所を見事に演じ、実力派俳優としての頭角を現しています。

御堂静香役/真飛聖(まとぶせい)

会員制ボーイズクラブ「Le Club Passion」のオーナーである御堂静香。そんな彼女を演じたのは、元宝塚歌劇団花組トップスターの真飛聖です。 彼女はドラマ『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』で女優としての活動を開始しました。主な出演作品は映画『相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』や映画『謝罪の王様』、映画『闇金ウシジマくん(Part4)』などです。

女性必見な濡れ場がてんこ盛り!映画『娼年』の見どころは?

ファンなら絶対に見て!松坂桃李の体当たりすぎる演技が話題に

娼年
(C)石田衣良/集英社 2017 映画『娼年』製作委員会

映画『娼年』の見どころといえば、やはり数多くの濡れ場シーンたち。 耳が聞こえない少女・咲良(冨手麻妙)や夫が定年で性的不能な紀子(佐々木心音)、大学の同級生・白崎恵(桜井ユキ)などをはじめとする女性たちに加えて、江波杏子演じる老女や、猪塚健太演じるナンバーワン娼夫との絡みまで描かれています。 ただし本作での濡れ場はただ過激さを伝えているだけではありません。それぞれの肉体交渉がどのような意味を与えているのかを考えながら観ると、本作の本質が見えてくるのではないでしょうか。

舞台では実際にやっているとの声も?女性限定の応援上映も開催!

実は本作は映画化される以前に、三浦大輔演出・松坂桃李主演で舞台化されていました。舞台でのセックスシーンも体当たりで挑んだ松坂。リアルな動きと音の演出から「本当にやっているのでは」と噂になるほどでした。 舞台で演出を務めた三浦大輔は、門脇麦が濡れ場を演じた映画『愛の渦』も監督している人物。リアリティを突き詰める三浦だからこそ、演出できた舞台だったのではないでしょうか。 さらに映画『娼婦』の公開当時には、R指定作品としては異例の女性限定の応援上映も開催されました。本作の応援上映では、鳴り物などを持ち込んで松坂桃李の濡れ場シーンにあわせてタンバリンを鳴らすなど、お祭り騒ぎだったようです。

2018年U-NEXTで最も再生された映画に!異例のヒット作

娼年
(C)石田衣良/集英社 2017 映画『娼年』製作委員会

動画配信サービス・U-NEXTが発表した2018年レンタル数ランキング総合部門では、実写版映画『銀魂』や映画『グレイテスト・ショーマン』などのキラータイトルを抑えて、『娼年』が1位に輝きました。 公開当初の興行収入では『銀魂』が38.4億、『グレイテスト・ショーマン』が52.2億と大ヒットを記録しているのに対して、本作は興行収入が約4億程度。まさに異例のヒットと言えるのではないでしょうか? 映画館で観るのが少し恥ずかしい作品でも、VODサービスを利用すれば家でコッソリと視聴できます。ぜひ劇場で本作を見逃してしまった人も、本記事で紹介したサービスでチェックしてみてくださいね!

実際に観た!映画『娼年』のレビュー

吹き出し アイコン

松坂桃李さんの大ファンなので迷わず鑑賞しました。とにかくエロいし脱ぎっぷりもすごいし、もうたまらなかったです。きっと終始顔がゆるみっぱなしだったと思います……。

吹き出し アイコン

真面目な感想も付け加えておくと、ここまでセックスというものに正面から向き合った作品ははじめて観ました。視聴後は、人と人とのつながりについてしみじみと考えさせられます。ファンはもちろん、そうでない人にもぜひ観てほしいです(エロいのが平気であれば)!

吹き出し アイコン

松坂桃李がすごいらしいという評判を聞いて観てみました。評判通り、エッチだし不思議な魅力があるし、でもストーリーも中身がちゃんとあって、見ごたえたっぷり。いろいろな性の形、欲望のあり方が描かれていて、ある意味衝撃的な作品でもあります。すごかった……。

吹き出し アイコン

正直、松坂桃李のことはそんなに知らなかったのですが、捨て身の演技に魅せられ、思わず感心してしまいました。これを機会に、彼のほかの出演作も視聴してみたいです!

映画『娼年』とあわせて観たい!おすすめ作品を紹介

松坂桃李が新人刑事を好演!映画『孤狼の血』

孤狼の血
©2018「孤狼の血」製作委員会

映画『孤狼の血』では映画『娼年』とは打って変わって、狂気的な一面を持った新人刑事・日岡を演じた松坂桃李。彼は本作でその演技力の高さを認められ、第42回日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞など数々の賞を獲得しました。 舞台は昭和63年、広島県呉原市。新人刑事の日岡は暴力団抗争の担当をすることになりますが、彼と共に事件を追うことになったのは異端刑事の大上でした。 大上は事件解決のためなら手段を厭わない男で、所持品検査の際に薬を忍ばせて罪をでっち上げて逮捕するなどの違法捜査もなんのその。日岡は不信感を募らせながらも彼の捜査方針に従い、捜査を進めていきます。 果たして日岡と大上は、過激化していく暴力団抗争を解決することができるのでしょうか。

沢尻エリカの渾身の濡れ場が話題に!映画『ヘルタースケルター』

ヘルタースケルター 沢尻エリカ
©2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会 ©岡崎京子/祥伝社

沢尻エリカが主演を務めた映画『ヘルタースケルター』。本作も『娼年』同様の過激な濡れ場シーンが描かれていて、彼女の熱演が大きな反響を呼びました。 沢尻エリカが演じる人気ファッションモデル・りりこは中高生に絶大な人気を誇るトップモデル。年齢や経歴などが全て不詳の彼女は、実は全身整形によって美貌を手に入れた元・ブサイクの女の子だったのです。彼女は整形の副作用や仕事のストレスなどから次第に壊れていきーー。 りりこの彼氏役を務めた窪塚洋介や、りりこのマネージャーの彼氏役を演じた綾野剛など、有名俳優と沢尻エリカの衝撃的な濡れ場シーンが観られる本作。ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

吉高由里子が"痛みを通して生を感じる"10代の女性を熱演!映画『蛇にピアス』

映画『蛇にピアス』

『娼年』に引けを取らぬ過激な濡れ場がある作品といえば、映画『蛇にピアス』。吉高由里子の初主演映画として公開され、その体当たり演技で大きな話題となりました。 吉高由里子が演じたのは、19歳のルイ。何をするでもなく渋谷でだらだらと毎日を過ごす彼女がクラブで出会ったのは、蛇のように分かれた「スプリットタン」と呼ばれる舌を持つ、モヒカン頭に刺青だらけのアマ(高良健吾)でした。彼に心惹かれたルイは、アマの知り合いのシバ(井浦新)に舌ピアスを開けてもらいます。 その時感じた痛みにルイは虜になってしまいます。ピアスの拡張や刺青など、痛みを通じて生きていることを実感するルイの、倒錯していながらも官能的な姿は必見です。

映画『娼年』の動画は配信中のサブスクで楽しもう!

本記事では、映画『娼年』を視聴できる動画配信サービスについて紹介しました。 本作のように過激なベッドシーンが多数登場する映画は、なかなか鑑賞しづらいかもしれません。しかし紹介した動画配信サービスを使用すれば、どこでもどんな端末でもコッソリ視聴することが可能。悩んでいる人はぜひ上記の動画配信サービスをチェックしてみてくださいね。