2021年11月16日更新

朝ドラ『エール』の動画を配信中のサブスクはここ!【窪田正孝✕二階堂ふみ】

エール

朝ドラ『エール』の動画を見逃し配信中のサブスクはここ!【1話〜最終回まで】

2020年3月30日から放送されているNHK朝ドラ『エール』。 昭和の時代に活躍した作曲家とその妻の生涯にスポットを当てた物語で、モデルとなったのは、作曲家の古関裕而(こせきゆうじ/演:窪田正孝)とその妻で歌手の金子(きんこ/演:二階堂ふみ)です。

結論

調べた結果、『エール』は1つのサービスで配信されていました。U-NEXTは本作を観ることができる唯一のサービスです。U-NEXTでは31日間の無料トライアルを利用して、本作を実質無料で観ることができます。

※配信状況は2021年11月9日時点のものです。

ネット上の違法動画の視聴は、利用しているデバイスがウイルスに感染する恐れや、法的措置の対象になる可能性があるため使用はやめましょう。

31日間無料で楽しむ!

U-NEXTでは朝ドラ『エール』を見逃し配信中!

一般的にU-NEXTで配信中のNHK作品を視聴する際は、U-NEXTと、NHKオンデマンドという2つのサービスに登録しなければなりません。U-NEXTは2,189円、NHKオンデマンドは990円の月額料金がかかるため、普通は合計で3000円ほど支払う必要があります。 しかしU-NEXTでは、下記のボタンから登録すると、それぞれの月額料金が初回登録から31日間無料になるキャンペーンを実施中!これを活用することで、31日間はサービス料金が発生することはありません。NHK作品は全作見放題となるため、この機会に気になっていた朝ドラや大河ドラマもチェックしてみましょう。 U-NEXTでは、最もお得に朝ドラ『エール』の見逃し配信を、1話から最新話まで楽しむことができます。

31日間無料で楽しむ!

NHK朝ドラ『エール』の作品概要

放送年2020年
話数120話
ジャンルヒューマンドラマ
主演窪田正孝
二階堂ふみ

『エール』のあらすじ

老舗呉服店の跡取り息子として生まれた古山裕一は、おとなしくぼんやりとしたところのある子どもで、周囲からは何の取り柄もないと思われていました。しかしあるとき、ふと耳にした曲がきっかけで音楽に目覚めた彼は、いつしか音楽家になりたいと願うようになっていきます。 立派な青年に成長した裕一は、海外の作曲コンクールで上位入賞を果たし、作曲家としての道を歩み始めることに。その後、歌手を目指す女性・関内音と出会い結婚すると、彼女と手を取り合いながら数々の名曲を生み出していくのでしたしかし、やがて始まった戦争は、裕一と音の生活にも暗い影を落とすことになります。裕一は軍に命じられ、戦時歌謡を作ることになって……。

登場人物&キャストを紹介

古山裕一役/窪田正孝

古山裕一は、福島にある老舗呉服店に生まれました。幼いころから音楽の才能に秀でていた彼は、自ら作曲活動を行うなど、類まれなる才能を発揮していきます。 周囲の勧めもあり一度は銀行に就職しますが、その後も音楽への道をあきらめきれない裕一。ある女学生との出会いにより、彼は再び音楽に目覚めるのでした。 本作の主人公・古山裕一役を務めたのは、俳優の窪田正孝。2008年のドラマ『ケータイ捜査官7』で主役を演じた彼は、この作品をきっかけに俳優としての知名度が上昇します。 さらに2014年の朝ドラ『花子とアン』でも主要キャストに抜擢され、世間から注目されました。ドラマ『Nのために』、『アンナチュラル』などの話題作にも数多く出演しています。 朝ドラで男性が主演を務めるのは、2013年放送の『マッサン』で主演を務めた玉山鉄二以来です。

関内音(せきうち おと)役/二階堂ふみ

関内音は、豊橋にある馬具製造販売店に生まれた三姉妹の次女。彼女は幼少期から、歌手になることを夢見ていました。裕一に関する新聞記事を目にしたことがきっかけで、音は彼との文通をスタートさせます。その後は裕一と結婚し、互いの夢をかなえるため日々歩んでいくのでした。 本作のヒロイン・関内音役は二階堂ふみが担当しています。もとはファッションモデルとして活動していましたが、2007年のドラマ『受験の神様』で女優デビューを果たして以降は、女優の活動に力を入れるようになります。 2012年の映画『ヒミズ』、『悪の教典』で魅せた演技が高く評価され、人気と実力を併せ持つ女優として広く知られるようになりました。

古山三郎役/唐沢寿明

古山三郎(画像左)は、老舗呉服店の店主を務める裕一の父。彼は三男にあたる人物ですが、2人の兄の急死によって店を継ぐことになりました。裕一の夢を応援している三郎は、音楽の道に進もうとしている息子の背中を何度も押していきます。 古山三郎を演じたのは、俳優の唐沢寿明。1980年に俳優活動をスタートさせた彼は、ドラマや映画でその存在感を発揮していきます。2003年のドラマ『白い巨塔』では主人公・財前五郎を演じ、大きな話題となりました。 同じく主演を務めた2008年公開の映画『20世紀少年』も大ヒットを記録し、幅広い世代から支持される俳優としてその地位を確立しました。

『エール』の見どころ

見どころ①:福島から全国に「エール」をお届け!

本作のタイトルである「エール」は、東日本大震災で被害を受けた福島県を応援したいという思いが込められています。主人公のモデルとなった古関裕而は福島県を代表する偉人であり、多くの県民から支持されている人物です。 ぜひ本作を通じて古関裕而の魅力を感じてみてください。また福島県民のみならず、日本中の人々も本作からの「エール」を受け取ってくださいね。

見どころ②:ドラマ内で紹介される曲に注目

本作では音楽が重要なテーマの1つになっていて、実際に彼が作曲した曲がいくつも流れます。中には広く知られた曲もあるので、何気なく聞いていた曲が実は古関裕而が作ったものだと知ることができますよ。 例えば「オリンピック・マーチ」が流れるシーンでは、東京五輪の会場でその曲が流れる直前の主人公・祐一が描かれています。また、夏の甲子園のテーマ曲として有名な「栄光は君に輝く」も劇中で流され、作曲時のエピソードなどを知ることができます。

主題歌を歌うのはGReeeeN!2020年の紅白でも話題に

『エール』の主題歌「星影のエール」を歌うのは、「キセキ」「愛唄」などで知られるGReeeeN!ドラマの内容ととてもリンクする歌詞なので、曲を聞くと感動がより増すような気持ちになります。ポジティブな気持ちにさせてくれる曲でもあり、先行き不透明な世の中で明るい一筋の光を照らしてくれました。 そして、「星影のエール」を引っ提げて、2020年の第71回紅白歌合戦に初出場も果たしました!顔出しをしていないメンバーの素顔が遂に見られるのかと話題騒然。実際にはARを使った登場でしたが、とても華のある演出でした。

『エール』がもう1度観たくなる!感動の名シーンを紹介

第1週:初めてのエール(5話)

幼い頃の裕一は、運動神経が悪く、クラスメイトからもからかわれる存在でした。そんな裕一にとって道を切り拓いてくれたのが、小学校の担任・藤堂だったのです。元々音楽に興味があった裕一でしたが、得意なものはあるかとの問いに答えることができませんでした。 ある日、裕一は黒板に楽譜を書き上げます。それに驚いた藤堂は、この子には音楽の才能があると確信します。そして裕一に「これがお前の得意なものだ。それにしがみつけば道は開く」と語りかけるのです。 裕一は藤堂の言葉に感動し、自らの進路を決定するのでした。

第24週:皆のエール(119話)

ドラマの最終回となる119話も感動的なシーンがありました! 病に臥せっていた音は、「海が見たい」と裕一に話します。そして場面は2人が手を取り合って浜辺でたわむれるところへと変わっていきます。このシーンは最終回にふさわしい美しくて感動的なものとなっていました。 長年連れ添ってきた夫婦であり、愛し合ってきた2人だからこその濃密な関係性を感じさせます。このシーンは窪田正孝と二階堂ふみの演技が光っていて見どころが満載です。

NHK朝ドラ『エール』の視聴者の感想・レビューをチェック

吹き出し アイコン

(30代女性)
幼い頃の音を演じている子役の清水香帆が、二階堂ふみにそっくりで、キャスティングの絶妙さによい意味でビックリしました。そして、裕一はこのときにすでに音と会っているのですね。

第1話の原始時代や、さまざまな時代のくだりで抱いた感情が、ここに繋がっているような気がします。運命の2人が、音楽の道をどのように切りひらいていくのか楽しみです。

吹き出し アイコン

(50代男性)
朝ドラを見るのが日課なんですが、『エール』1話の紀元前1万年の原始時代からはじまるオープニングには、驚かされました。今までの朝ドラの常識を覆しましたね。そこからオリンピックのシーンに繋げるというのも斬新でよかったです。

音楽を通して成長する裕一や音を描くだけでなく、人類にとって音楽とは何か?という壮大なテーマを投げかけているのでしょう。今後が楽しみです。

吹き出し アイコン

(50代女性)
第3話で運動会の練習で憂鬱になっている裕一に、小さい頃の息子の姿を重ねてしまいます。この時代は、運動ができないと苦労しそうですね。その状況を救うかのように藤堂先生が出てきてくれてホッとしました。

そして運動会で裕一が奮闘する姿に涙。小さな彼を支えているのは、流れている音楽です。一連のシーンに感動してしまいました。

吹き出し アイコン

(40代女性)
朝7時半からBSでエールを観て、また8時からNHKで観るというのが、早くも日課になっています。主題歌「星影のエール」は名曲ですね。主人公役の窪田正孝さん、ヒロインの二階堂ふみさんの2人とも、爽やかな感じの演技が素敵。

そして、主人公・裕一の少年時代を演じる石田星空くんと、音の少女時代を演じる清水香帆ちゃんのあどけなさにも、とても癒されます。

吹き出し アイコン

(30代女性)
朝ドラの醍醐味である主人公の成長に加え、裕一と音の強い結びつきが感じられるロマンチックな演出に胸がキュンとなります。窪田正孝と二階堂ふみというキャスティングが素晴らしい!

当初は、オリンピックマーチの作曲家をドラマの主人公に据え、2020年の東京オリンピックに繋げたいという意図があったのでしょう。オリンピックが放送期間中に開催されなかったのは残念でしたが、それでも『エール』を通してオリンピックへの期待をふくらませることができました。オリンピック前に観られてよかった!

『エール』の気になる疑問とQ&A

『エール』を配信しているサービスは?

2021年11月現在、『エール』を配信しているサービスは「U-NEXT」です。

『エール』はどんな作品?

コロナウイルスによる放送中止や話数短縮などの危機を乗り越えた作品。そんな困難を乗り越えた作品だからこそ、キャストやスタッフの魂がこもった生きることへの「エール」が画面越しから溢れるほど伝わってきます。

動画配信サービスでドラマ『エール』を見逃し視聴しよう!

結論

調べた結果、『エール』は1つのサービスで配信されていました。U-NEXTは本作を観ることができる唯一のサービスです。U-NEXTでは31日間の無料トライアルを利用して、本作を実質無料で観ることができます。

※配信状況は2021年11月9日時点のものです。

ネット上の違法動画の視聴は、利用しているデバイスがウイルスに感染する恐れや、法的措置の対象になる可能性があるため使用はやめましょう。

31日間無料で楽しむ!