2019年10月30日更新

朝ドラ『おちょやん』最新情報を紹介 2020年後期は杉咲花主演で喜劇女優の人生を描く【あらすじ・キャスト】 

杉咲花

2020年後期のNHK朝の連続テレビ小説が、杉咲花主演の『おちょやん』であることが発表されました。さっそく本作についての最新情報をチェックしていきましょう!

目次

2020年後期朝ドラ『おちょやん』最新情報を紹介 杉咲花主演で描く波乱万丈の喜劇女優の物語

2020年後期のNHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』の主演を、杉咲花が務めることが発表されました。 『おちょやん』は、2019年10月現在放送中の『スカーレット』(主演・戸田恵梨香)、2020年3月スタートの『エール』(主演・窪田正孝)につづく朝ドラ第103作目。脚本は、『半沢直樹』(2013年)や『下町ロケット』(2015年)、『陸王』(2017年)などのヒット作で知られる八津弘幸が手掛けます。 本作は「大阪のお母さん」と親しまれた喜劇女優・浪花千栄子(なにわ・ちえこ)の人生を題材に、戦前・戦中・戦後を生きた彼女の波乱万丈な物語を描きます。 タイトルの「おちょやん」は、大阪の古い言葉で、茶屋や料亭などで働く若い女中さんを指す「おちょぼさん」がなまったもの。幼少期から女中奉公をしていたヒロインにとって、その8年間は自身の原点であり、その言葉にヒロインの親しみやすさ、かわいらしさ、意地と誇りなどが込められています。

『おちょやん』のあらすじは?

『おちょやん』は、女優を志し、「大阪のお母さん」と呼ばれるまでになったひとりの女性の物語です。 大阪の南河内の貧しい家庭に生まれた少女・竹井千代は、小学校にも満足に通わせてもらうことができず、9歳のときに道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出されます。そこで彼女は芝居に魅了され、女優の道を志すように。 喜劇の世界に飛び込んだ千代は、喜劇界のプリンス・天海天海(あまみ・てんかい)と出会い、結婚。夫と二人三脚で昭和の激動期を駆け抜け、名実ともに上方を代表する女優になっていきます。

杉咲花がヒロイン・竹井千代を演じる

本作でヒロイン竹井千代を演じるのは、杉咲花。杉咲は2016年に朝ドラ『とと姉ちゃん』に、高畑充希演じるヒロインの妹役で出演。2019年10月現在放送中の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』にも出演しています。 杉咲は製作発表会見で「ヒロインに決まったときは『ついにこの日が来た』とうれしくて泣いてしまいました。」とコメント。また、「仕事、勉強、家事、育児などで忙しい皆様の朝の15分を、明るくパワーを感じられる15分にできるよう、一生懸命演じたいと思います。」と意気込みを語りました。

2020年後期の朝ドラ『おちょやん』の放送はいつから?

連続テレビ小説『おちょやん』は、2020年4月から撮影が開始される予定。詳しい放送開始日はまだ発表されていませんが、同年秋から半年間放送されます。