2020年1月10日更新

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の動画を配信中のサービスを紹介!【全編無料あり】

アベンジャーズ インフィニティウォー
©Supplied by LMK

2018年に公開された映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。本作は、全世界で興行収入が2200億円を超える大ヒットを記録!映画史にその名を刻みました。本記事では、本作を安全かつ無料で視聴できるサービスを紹介します。

目次

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のフル動画を無料視聴する方法

2018年公開の映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。本作は、アベンジャーズが最強のラスボス・サノスと壮絶バトルを繰り広げるエンタメ性の高いストーリーにより、興行収入が世界歴代5位となる超ヒットを記録しました。また、本作は2019年に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』の前編でもあります。 本記事では、本作を無料で視聴できるサービスを紹介しますので、最後までお見逃しなく!

シリーズの配信状況はこちらの記事をチェック

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のフル動画を配信中のサービス一覧

VODサービス 見放題・無料レンタル 有料レンタル
U-NEXT 〇(ポイント使用)
TSUTAYA TV/DISCAS 〇(ポイント使用)
ビデオマーケット 〇(ポイント使用)
amazonプライムビデオ
dTV
FODプレミアム × ×
ビデオパス × ×
hulu × ×

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、5つの動画サービスで配信されています。 次の項目では、U-NEXT、TSUTAYA TV、ビデオマーケットの詳細について解説しますので、気になるサービスがあれば無料トライアル期間を利用して登録してみてください!

U-NEXTで映画を無料視聴する方法

U-NEXTでは、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の動画が440円でレンタル配信されています。 ですが、本サービスの初回入会時に600円分のポイントがもらえるので、そのポイントを使って本作を無料で観られますよ!

TSUTAYA TV/DISCASでも映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 』のフル動画が配信中

TSUTAYA TVでは、「インフィニティ・ウォー」の動画を500円でレンタル配信中。 初回入会時に1100円分のポイントがもらえるので、そのポイントを使用して本作をタダで視聴できます。

ビデオマーケットで実写映画のフル動画を観る

ビデオマーケットでも、「インフィニティ・ウォー」の動画を440円でレンタル配信中。 U-NEXTやTSUTAYA TVと同じく、本サービスでも初回入会時に540円分のポイントがもらえるので、そのポイントを使って無料で観られますよ!

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のあらすじ

宇宙最強と呼ばれているサノスは、集めれば宇宙を支配できるといわれる6つのインフィニティ・ストーンを探しています。彼の大艦隊は、ソーたちが乗るアズガルドの宇宙船を襲撃。サノスは素手でハルクをなぎ倒し、ソーの目の前でロキを殺し、その宇宙船を壊滅させました。 命からがら地球に戻ったブルース・バナー(ハルク)は、トニー・スターク(アイアンマン)と久しぶりに再会します。その直後に、サノスの部下・エボニー・マウが襲来。タイム・ストーンを持つドクター・ストレンジが拉致されてしまい、アイアンマンとスパイダーマンが敵の後を追います。 バナーは、トニーと対立関係にあったスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)に、事の顛末を連絡。 一方、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーは、宇宙空間を漂うソーを救出します。サノスがインフィニティ・ストーンを使い、全宇宙の生命体の数を半分にしようしている事を知り、それを阻止するために2チームに分かれて行動を開始しますが……。

登場人物&キャストを紹介

トニー・スターク(アイアンマン)/ロバート・ダウニー・Jr

ロバート・ダウニー・jr
Peter West/ACE Pictures/Newscom/Zeta Image

トニー・スタークは、巨大企業の経営者であり天才発明家。自身で発明したパワードスーツでアイアンマンに変身します。彼はヒーローとしての意識は高いですが、皮肉的な物言いが多く、アベンジャーズのメンバーと対立することも。 トニーは、キャプテン・アメリカであるスティーブとの対立に悩んでいましたが、バナーからソーの宇宙船がサノスによって壊滅したと聞かされて事の重大さを理解。そして、スパイダーマンと共にドクターストレンジの救出に宇宙へ向かいます。 トニー・スタークを演じたのは、俳優のロバート・ダウニー・Jr。彼は1992年公開の映画『チャーリー』で高い演技力を評価されましたが、以後は薬物問題により低迷。しかし、2008年の映画『アイアンマン』の大ヒットで世界的なスターとなりました。 本作では、使命感に燃えながらもサノスとの戦力差に焦りを抱え、心に全く余裕のないトニー・スタークを熱演しています。

ソー/クリス・ヘムズワース

クリス・ヘムズワース
WENN.com

ソーは神々の国アスガルドの王子で、ロキの義兄。雷神であり、超怪力と最強の武器・ムジョルニア、そして雷のパワーで戦います。 本作では、序盤でサノスに義弟のロキや仲間のヘイムダル、そしてアスガルドの住民を殺されてしまいました。船を破壊された後は、宇宙に漂っているところをガーディアンズに救助されます。その後、サノスを倒すために、惑星ニダベリアへ向かいムジョルニアを超える武器・ストームブレイカーを手に入れました。 ソーを演じたのは、俳優のクリス・ヘムズワース。彼は、2009年公開の映画『スター・トレック』への出演でハリウッドデビュー。2011年には『マイティ・ソー』で主人公・ソー役に抜擢され、大スターの仲間入りを果たしました。 190cmの身長と筋骨隆々な体型が、ソーの役柄にピッタリ。今作ではサノスを倒すために大幅にパワーアップした最強のソーを見せてくれます。

サノス/ジョシュ・ブローリン

ジョシュ・ブローリン
©PHOTOPQR/LE PARISIEN

サノスは、巨大な戦艦と無数の部下を従える宇宙の侵略者。彼は怪力のハルクを肉弾戦で圧倒し、雷神・ソーをも凌駕する戦闘力を誇ります。故郷の惑星タイタンを滅亡から救えなかったことから、宇宙の均衡を保つため全生命体の数を半分にするという計画を考えました。 本作ではヒーローたちの猛攻をものともせず、圧倒的なパワーでインフィニティ・ストーンを次々と手にしていきます。惑星ヴォーミアでソウル・ストーンを入手する際には、ある犠牲が必要だとわかり衝撃の行動に。 サノスを演じたのは、俳優のジョシュ・ブローリン。彼は1985年公開の映画『グーニーズ』でデビューします。以降、地道な活動を重ね2007年にアカデミー作品賞を受賞した映画『ノーカントリー』への出演で、一気に知名度を上げました。 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では険しい表情で、強大なパワーを持ちつつも使命感に囚われ、どこか哀愁の漂うサノスを表現しています。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の見どころをチェック!

勝てない敵に立ち向かうヒーローたちの表情

インフィニティ・ウォー アベンジャーズ
出典 : amzn.asia

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、ヒーローたちが束になってもまったく敵わないサノスという存在に、決死の覚悟で立ち向かっていく物語です。 サノスは素手で怪力のハルクを圧倒するほど戦闘力を誇り、さらにパワー・ストーンやスペース・ストーンなどのインフィニティ・ストーンのパワーも使うことができるなど、ラスボスに相応しい存在です。 物語終盤では、ブラックパンサーが治めるワカンダ王国で、キャプテン・アメリカやブラック・ウィドウらがサノスの軍団に立ち向かって行きます。ですが、勝ち目がない事を感じてなのか表情に翳りが。しかし、それでも戦いをやめないアベンジャーズの姿に心を揺さぶられるのです。

ソーが新兵器ストームブレイカーで大暴れ!

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の大きな見どころのひとつが、新たな武器・ストームブレイカーを手に入れたソーがサノスの軍団を圧倒するシーン。物語序盤でサノスに手も足も出なかったソーが、物語の後半でどう変わっているのか注目です! もともと最強の戦士であるソーが、サノスという自分以上の戦闘力を持った敵と対峙し、冒険をして成長を遂げる姿に胸がジーンと熱くなります。

全く揺るがないサノスの信念!

サノス インフィニティ・ウォー (ゼータ)
©Supplied by LMK

本作の主役といっても過言ではないのが、メインヴィランのサノス。物語の鍵となるのが彼の信念で、誰がなんと言おうと全生命体の数を半分にするという驚愕のプランは揺るぎません。 その理由も利己的なものではなく、人口過密による争いや星の滅亡をなくし、宇宙に真の平穏をもたらしたいという壮大な目標を持ちます。倫理観抜きで考えれば、アベンジャーズの誰よりもスケールの大きいキャラクターだといえるでしょう。 全宇宙のためを想って残酷な決断を下そうとするサノスがヴィランだからこそ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で描かれるヒーローたちの心理描写が非常に奥深いものとなり、見応えがあるのだと思います。

おすすめの類似作品を紹介!

ひとつの時代が幕を閉じる 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の続編となるのが、2019年に公開され世界の歴代興行収入でNo.1に輝いた映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』。本作品を観ないと「インフィニティ・ウォー」のストーリーが完結しないので、必ずチェックしておきましょう。 最強の敵サノスに、アベンジャーズが全く予想だにしていないかった方法で立ち向かっていきます。「アベンジャーズ」シリーズの集大成にふさわしい最高の完成度で、マーベルファンが感極まってしまうようなヒーローたちのドラマがたくさん詰まっていますよ。

全てはここから始まった!映画『スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス』

「アベンジャーズ」シリーズを超えるSF超大作は中々ありませんが、肩を並べるといっても良いのが「スターウォーズ」シリーズではないでしょうか。その中でも特におすすめなのが、物語の時系列で一番最初に当たる、1999年公開の映画『スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス』です。 本作は、かの有名なダース・ベイダーの幼少期を描いた作品であり、ジェダイという戦士たちと独裁国家の戦いを神話的に描いた名作。ユアン・マクレガーやリーアム・ニーソン、ナタリー・ポートマンなど出演俳優も超豪華です!

究極のバトルエンターテイメント 映画『アクアマン』

マーベルヒーローが30人近く集結し、宇宙を股に掛けた大バトルが繰り広げられたのが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ですが、2018年公開の映画『アクアマン』も、それに負けないくらいのバトルエンターテイメント映画です。 本作では、海底人と人間の血を引くアクアマン(ジェイソン・モモア)が、海底人の義弟による陸地侵略を阻止する物語で、陸地、砂漠、海洋、深海など、ありとあらゆる場所で痛快アクションバトルが繰り広げられます。 加えて、海中での映像など水族館のようにキレイですし、あらゆるクリーチャーの造形もため息が出るほど素晴らしいです。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のフル動画は配信サービスを活用して視聴しよう

アベンジャーズ インフィニティウォー
©MARVEL STUDIOS/DISNEY

以上、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のあらすじや見どころ、無料で視聴できる動画配信サービスを紹介してきました。 最強のヒーローたちと強大なヴィラン・サノスが、インフィニティ・ストーンを巡って戦いを繰り広げるSFアクション大作を、ぜひ紹介した配信サービスで視聴してみてはいかがでしょうか?