2020年3月2日更新

映画「007」シリーズのフル動画を無料視聴できる配信サービスは? 【「スペクター」まで日本語吹き替え・字幕あり】

007 スペクター,ダニエル・クレイグ
©MGM/Columbia Pictures/zetaimage

主人公・ジェームズボンドの活躍を描いた超大作映画「007」シリーズ。これまでに24作公開された本シリーズのフル動画を無料視聴する方法を紹介します。2020年の新作「ノータイムトゥダイ」公開前に過去作をおさらいしましょう!

目次

映画「007」シリーズのフル動画を無料視聴できる配信サービスまとめ【日本語吹き替え・字幕あり】

配信サービス 配信状況 無料期間

レンタル

31日間無料
007 ノー・タイム・トゥ・ダイ ダニエル・クレイグ

英国情報部のスパイ・ジェームズボンドの活躍を描いた映画「007」シリーズ。本シリーズは、1962年の1作目「ドクター・ノオ」から24作目「スペクター」まで公開された超人気映画シリーズです。 初代ジェームズボンドを演じたショーン・コネリーや2代目のジョージ・レーゼンビーなど、時代と共に移り変わっていく俳優陣にも注目です。 本記事では、映画「007」シリーズのあらすじ、動画を無料視聴する方法を紹介します。また、シリーズを観たことがない人、日本語吹き替え版を観たい人にも必見の情報を紹介していきます。

最新「007」シリーズのフル動画を無料視聴したいならU-NEXTがおすすめ!

全作日本語吹き替え/字幕対応あり

U-NEXTでは1995年に公開された17作目「ゴールデンアイ」から、2015年公開の「スペクター」までがレンタル配信されています。ダニエル・クレイグが初めて主演を務めた「カジノロワイヤル」もU-NEXTなら無料で視聴できます。 本サービスは初回登録から31日間はサービスを無料で利用できるのに加え、600ポイントの付与があります。このポイントを活用することでレンタル配信中のフル動画を1作無料で視聴することができるのです。 次に紹介するビデオマーケットや、宅配DVDレンタルサービスのTSUTAYA DISCASも併用すれば全作品無料で視聴することも可能です。

映画「007」シリーズを観る順番&フル動画を配信中のサービスまとめ

順番 視聴 タイトル 放送・公開年
1 今すぐ観る 『007 ドクター・ノオ』 1962年
2 今すぐ観る 『007 ロシアより愛をこめて』 1963年
3 今すぐ観る 『007 ゴールドフィンガー』 1964年
4 今すぐ観る 『007 サンダーボール作戦』 1965年
5 今すぐ観る 『007は二度死ぬ』 1967年
6 今すぐ観る 『女王陛下の007』 1969年
7 今すぐ観る 『007 ダイヤモンドは永遠に』 1971年
8 今すぐ観る 『007 死ぬのは奴らだ』 1973年
9 今すぐ観る 『007 黄金銃を持つ男』 1974年
10 今すぐ観る 『007 私を愛したスパイ』 1977年
11 今すぐ観る 『007 ムーンレイカー』 1979年
12 今すぐ観る 『007 ユア・アイズ・オンリー』 1981年
13 今すぐ観る 『007 オクトパシー』 1983年
14 今すぐ観る 『007 美しき獲物たち』 1985年
15 今すぐ観る 『007 リビング・デイライズ』 1987年
16 今すぐ観る 『007 消されたライセンス』 1989年
17 今すぐ観る 『007 ゴールデンアイ』 1995年
18 今すぐ観る 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』 1997年
19 今すぐ観る 『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』 1999年
20 今すぐ観る 『007 ダイ・アナザー・デイ』 2002年
21 今すぐ観る 『007 カジノ・ロワイヤル』 2006年
22 今すぐ観る 『007 慰めの報酬』 2008年
23 今すぐ観る 『007 スカイフォール』 2012年
24 今すぐ観る 『007 スペクター』 2015年
25 - 『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』 2020年

映画「007」シリーズは、2020年公開予定の映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』を除き、24作目『007 スペクター』まで配信されています。 本シリーズのフル動画は、映画が公開した順番で視聴するのがおすすめです。 しかし作品数が多いため最短で作品を楽しみたい人は、最新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」でジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグ出演の作品を押さえておくといいでしょう。ダニエル・クレイグは21作目「カジノロワイヤル」から「スペクター」まで出演しています。 また、24作目まで6人の俳優がジェームズ・ボンドを演じているので、好きな俳優の作品から順番に観るという方法もありますよ!

ビデオマーケットでは「007」全作のフル動画がレンタル配信中 ポイントで無料視聴可能!

全作日本語吹き替え/字幕対応あり

ビデオマーケットでは1962年公開の「ドクター・ノオ」から最新作である「スペクター」まで、24作全てがレンタル配信されています。 本サービスは初回登録の初月の月額料金がタダになるのに加え、550ポイントの付与があります。このポイントを使い、1作分のフル動画を無料視聴することが可能です。 全作品配信中のため、U-NEXTでは観られない作品も今すぐ再生することができます!

amazonプライムビデオでも「007」シリーズのフル動画がレンタル配信中

日本語吹き替え/字幕対応あり

amazonプライムビデオでは、1作目「ドクター・ノオ」から16作目「消されたライセンス」までを1500円でデジタル販売、17作目「ゴールデンアイ」から24作目「スペクター」までを199円からレンタル配信しています。 本サービスには初回登録時のポイント付与がないため、それぞれ販売料金もしくはレンタル料金を支払ってフル動画を視聴する必要があります。 ただ、「ゴールデンアイ」以降のレンタル料金は他のサービスに比べて安いため、複数作品レンタルする予定の人はamazonプライムビデオがお得になることもあります。

DVDで全シリーズ無料視聴したいならTSUTAYA DISCAS!旧作映画見放題!

全作日本語吹き替え/字幕対応あり

全作品をDVDで無料で視聴したいならTSUTAYA DISCASがおすすめ! 月額の宅配DVDレンタルサービスであるTSUTAYA DISCASは、初回登録時から30日間、無料で利用できます。この期間内に旧作である「007」シリーズのDVDをレンタルしましょう。 デメリットとしては1度に2枚しかレンタルできないという点と、発送から自宅に届くまでに時間がかかるという点です。ただ複数作品を無料で楽しめるため、他のサービスも活用しながら「007」シリーズを楽しんでみてください。

映画「007」シリーズのあらすじ

第1作『007 ドクター・ノオ』(1962)

『007 ドクター・ノオ』ショーン・コネリー
© UNITED ARTISTS/zetaimage

1962年のアメリカでは、月面ロケット発射を妨げる不正電波を回避するために動いていた諜報員が、突然姿を消すという事態が発生していました。 この捜査を命じられた英国情報部所属のジェームズ・ボンド、通称「007」はCIAのメンバーらと協力し、不正電波を発信している地域を突き止めようとします。やがて、ボンドは恐ろしい伝説がある地域へと足を踏み入れることになり……。

第2作『007 ロシアより愛をこめて』(1963)

ある日、ボンドのいる英国情報部に、タチアナと名乗る女性の亡命要請が届きます。さらに、暗号解読機・レクターを持つタチアナは、亡命の際にボンドの連行をつけるように申し出るのでした。 こうして、ボンドは一定の疑念を抱きながらも、イスタンブールへ向かうことになります。しかし、これらは犯罪組織・スペクターによって仕組まれた罠だったのです。

第3作『007 ゴールドフィンガー』(1964)

金の亡者・ゴールドフィンガーは、金塊を蓄える施設を次々と放射線で汚染するという計画を立てていました。彼は自らの身勝手な欲望のために、このような悪事を働こうと考えていたのです。 そのころ金の密輸について調査していたボンドは、ゴールドフィンガーの手によって捕らえられてしまいます。果たして、ゴールドフィンガーの計画は現実のものとなってしまうのでしょうか?

第4作『007 サンダーボール作戦』(1965)

ある日、NATOの訓練中だったイギリスの空軍機が消息を絶つという事件が発生します。やがて、この事件の首謀者である謎の組織・スペクターは、政府に対して1億ポンドの金を要求するのです。 これを受けて、ボンドは空軍機が消えたとされているバハマへ向かうことになります。しかし、そこでは、スペクターによる悪事が行われており……。

第5作『007は二度死ぬ』(1966)

アメリカとソ連は、自国の宇宙船が謎の飛行物体によって、行方不明になるという事態に頭を抱えていました。そんな中、イギリスの情報機関は、飛行物体の正体が日本と関連しているということを突き止めます。 この情報について詳しい調査を命じられたボンドは、日本へと派遣されることになるのでした。ところが、彼が向かった先には、のちに宿敵と呼ばれる人物が待ち構えていたのです。

第6作『女王陛下の007』(1969)

スペクターの構成員・ブロフェルドが、新たな計画を立てていることを知ったボンド。彼はその詳細を調査するために、変装を施してブロフェルドの研究所に侵入します。 しかし、ボンドはブロフェルド計画を突き止めたものの、正体を見抜かれたことで監禁されてしまいました。その後、なんとか難を逃れたボンドでしたが、再びブロフェルドの危険が迫ってきて……。

第7作『007 ダイヤモンドは永遠に』(1971)

ダイヤの大量密輸が頻発したことにより、その密輸ルートの調査を命じられたボンド。その後、彼はダイヤの運び屋に扮することで、消えたダイヤの行方を探ろうと動き出します。 そんな中、ボンドはダイヤを使ったある驚くべき計画が企てられていることを知るのです。さらに、この事件には宿敵・ブロフェルドが深く関係しているのでした。

第8作『007 死ぬのは奴らだ』(1973)

カリブ海にある島国・サン・モニークでは、調査を行っていたイギリスの情報部員が次々と殺害されるといった事件が発生していました。 この調査を命じられたボンドは、サン・モニークの大統領であるカナンガが、麻薬によって大金を得ようと企んでいることを突き止めます。その後、ボンドはカナンガの情報を求めて、カリブ海へ向かうのですが……。

第9作『007 黄金銃を持つ男』(1974)

ある日、ボンドのもとに「黄金中を持つ男」と呼ばれる殺し屋・スカラマンガからの暗殺予告が届きます。その後、暗殺予告はボンドの勘違いだったと判明しますが、彼はスカラマンガに興味を抱き、詳しく調査することに。 やがて、スカラマンガのある計画に気づいたボンドは、決着をつけるため中国に浮かぶ孤島へ向かうのでした。

第10作『007 私を愛したスパイ』(1977)

イギリスとソ連の潜水艦が姿を消した事件を調査することになったボンドは、向かったエジプトの地でソ連の女スパイ・アニヤと出会います。 その後、ボンドと行動を共にすることになったアニヤでしたが、彼女は何か秘密を抱えている様子。そんな中、二人は事件の首謀者とみられているストロンバーグによって、命の危機に瀕することになり……。

第11作『007 ムーンレイカー』(1979)

ある日、アメリカからイギリスへ向かっていたスペースシャトル・ムーンレイカーが、ハイジャックされるという事件が発生。この調査を命じられたボンドは、向かったカルフォルニアで、殺人ガスの研究所を発見します。 なんとスペースシャトルを製造したドラックスという人物は、ガスで人類を滅ぼす計画を立てていたのです。やがて、事件は宇宙戦闘へと発展していくことに……。

第12作『007 ユア・アイズ・オンリー』(1981)

地中海付近では、イギリスのスパイ船が何者かによって沈められるという事件が起きていました。この船には、ATACと呼ばれる最新装置が搭載されており、ソ連はギリシャに対してこれを手に入れるよう依頼したのです。 そのころ、ボンドはある事件に巻き込まれていました。その後、何とか難を逃れたボンドは、事件の真相を掴むべくギリシャへと向かうのでした。

第13作『007 オクトパシー』(1983)

ロシアの秘宝・ファベルジュエッグについての調査を行っていたボンドは、その途中で、謎多き女性・オクトパシーと出会います。やがて、彼女はボンドに対して仲間になるよう投げかけるのですが、ボンドはこれを拒否したことで捕らえられてしまいました。 何とか逃げ出したボンドでしたが、この事件の裏には大富豪・カーンの巨大な陰謀が隠されており……。

第14作『007 美しき獲物たち』(1985)

ある人物の遺体からICチップを入手したボンドは、ソ連軍から追われることになります。このチップは、どんな強力な力にも劣らない耐久性を持っていたのです。 やがて、チップの製造を行っているゾーリンという人物に目を付けたボンドは、彼の会社の調査を開始。その後、ボンドは向かったサンフランシスコで、メーデーという殺し屋に出くわすのでした。

第15作『007 リビング・デイライツ』(1987)

ある日、ソ連の将軍・コスコフが亡命を望んだため、ボンドはその護衛につくよう命じられます。その途中、ボンドは殺し屋から命を狙われたコスコフを助け、亡命を成功させました。ところが、その直後にコスコフは何者かによってさらわれてしまうのでした。 事件の真相に迫ろうとするボンドは、見えない黒幕の正体に苦しみながらも、懸命に立ち向かっていきます。

第16作『007 消されたライセンス』(1989)

ボンドは仲間のフェリックスと手を組み、麻薬王のサンチェスを逮捕します。ところがその護送中、サンチェスはフェリックスを拉致し、逃亡を図るのでした。その後、逃亡に成功したサンチェスは、フェリックにケガを負わすだけでなく彼の妻を殺害してしまうのです。 仲間を傷つけられたボンドは、サンチェスへの復讐を誓い、たったひとりで乗り込んでいくのでした。

第17作『007 ゴールデンアイ』(1995)

かつてソ連が所持していた秘密兵器・ゴールデンアイについての調査を行うため、ロシアへと向かったボンド。徐々に核心へと迫っていくボンドでしたが、その途中で彼は、9年前に死んだはずのアレックスに出会います。 加えて、国際的な犯罪組織を束ねるヤヌスの巨大な計画が動き始めたことで、ボンドにも危険が近づいており……。

第18作『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)

世界中の情報を支配するメディア王・カーバーは、第三次世界大戦を起こそうと企む危険人物。そんな中、中国とイギリスの間で事件が発生し、事態は大きく発展する危険性を含んでいました。 これを阻止する任務を託されたボンドは、カーバーのいるハンブルクへの潜入を開始。やがてボンドは、情報操作によって戦争を誘発しようとするカーバーの計画を知ることになるのです。

第19作『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999)

ある日、石油王・キング卿が何者かによって仕掛けられた罠によって爆死します。ボンドは、この事件の犯人と目される暗殺者を追いますが、寸前のところで自殺されてしまいました。 その後、事件を裏で操っているのがテロリストのレナードだと突き止めたボンドは、レナードの追跡を開始します。ところが、本当の黒幕はレナードではなく、恐ろしい計画を企むある人物だったのです。

第20作『007 ダイ・アナザー・デイ』(2002)

北朝鮮のムーン大佐暗殺を命じられ、英国の諜報員と共に朝鮮半島へと潜入したボンド。ところが、その途中で潜入を見破られたボンドは捕らえられ、厳しい拷問を受けました。 その後、ようやく解放されたボンドでしたが、今度は上司から情報漏洩の疑いをかけられることに。再び窮地に陥ったボンドは、自らの潔白を証明すべく事件の調査へと向かうのでした。

第21作『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)

内部汚職の調査を終えたボンドは、マイアミ国際空港で超大型旅客機が爆破されるという計画を知ります。この計画は、ル・シッフルという人物が立てたものであり、彼は旅客機を爆破することで大金を得ようと企んでいました。 しかし、ボンドによってル・シッフルの爆破計画は阻止されます。その後、計画が破綻したル・シッフルは、カジノでボンドに闘いを挑み……。

第22作『007 慰めの報酬』(2008)

恋人のべスパーを失ったボンドは、彼女の死について調査を行っていました。その中で、ボンドはミスター・ホワイトという人物が、べスパーを操っていたことを知ります。 ところが、追及を進めていくうちに、ボンドは悪の組織の幹部であるドミニク・グリーンが裏で糸を引いていた事実にぶつかるのです。やがてボンドは、恋人の仇を討つためにグリーンに近づこうとするのですが……。

第23作『007 スカイフォール』(2012)

ある日、NATOの諜報員について記録したバートドライブが何者かによって盗み出されます。この事件の調査を命じられたボンドは、首謀者と目される組織と接触するため、イスタンブールへ向かうことに。 やがて、ボンドは組織を追い詰めますが、寸前のところで頓挫してしまいました。その後、ハードドライブを奪った犯人が爆死するなど、事件は複雑化していくことに。

第24作『007 スペクター』(2015)

ボンドは、幼少期を過ごしたスカイフォールで発見された写真を手にしていました。その写真に隠された謎に興味を持ったボンドは、真相解明のためにローマを訪れます。 調査の途中でボンドは、数々の悪事を働いてきた犯罪者の妻・ルチアと出会いました。ルチアとの巡り合わせにより、悪の組織・スペクターの影を感じたボンドは、彼がいる秘密基地へ向かうことに。

第25作『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2020)

英国の諜報員を退職したボンドは、ジャマイカで穏やかな日々を送っていました。そんなある日、ボンドのもとを友人のフェリックス・ライターが訪ねてきます。 彼は、姿を消した科学者の行方を捜してほしいとボンドに頼んできました。久しぶりにミッションへとりかかることになったボンドでしたが、彼には謎の組織との壮絶な闘いが待っていて……。

映画「007」シリーズのフル動画は配信サービスを活用して視聴しよう【日本語吹き替え・字幕あり】

本記事では、映画「007」シリーズのあらすじと動画を無料視聴する方法を紹介しました。 本シリーズは、手に汗握る展開とジェームズボンドの活躍が見どころとなっています。ぜひ紹介した動画配信サービスを利用して、「007」シリーズの世界観を堪能してみてください!