2020年5月5日更新

スケールが違うおすすめ海外歴史ドラマ10選 もしも歴史が改変されたらドラマも紹介!

『ダウントン・アビー』
© Supplied by LMK/zetaimge

豪華憐憫な衣装や舞台、いつの時代も変わらない人間の本質、非日常的な世界を壮大なスケールで描く海外歴史ドラマ。そんな海外歴史ドラマのおすすめ作品をご紹介します。

目次

おすすめの海外歴史ドラマを紹介 壮大なスケールで描かれる史実ベースの物語

中世イギリスの宮廷を舞台にした作品、古代ローマを200億円以上の製作費をかけて再現した超大作から歴史を改変したSFまで非日常的な世界を壮大なスケールで描く海外歴史ドラマ。 史実をベースにした作品はもちろん、もしもあの時歴史が変わっていたら……というifの世界を舞台にした作品も併せてまとめました。

『ウルフホール』(2015年)

王の側近から見た中世イギリスの宮廷

中世イギリスの宮廷をヘンリー8世の側近で天才政治家と呼ばれたトマス・クロムウェルの視点から描いたBBC制作のドラマ。 平民の生まれでありながら己の才能でのし上がってきた弁護士クロムウェルはヘンリー8世に目をかけられ地位を獲得していきます。宮廷での欲望、駆け引きが渦巻く人間模様、豪華な衣装や舞台美術と歴史ドラマならではの魅力がたっぷり詰まった作品。 クロムウェルを演じたイギリスの名優マーク・ライランスの演技も見どころ。一見物静かな策略家の心の動きを細かい表情や佇まいで表現する繊細で渋い演技は必見です。

『ダウントン・アビー』(2010年)

全世界で大ヒット!貴族の大邸宅で繰り広げられる人間ドラマ

シーズン1から社会現象を巻き起こし、エミー賞とゴールデングローブ賞の作品賞を受賞したイギリスのドラマ。シーズン6まで制作され、ドラマシリーズ終了後には劇場版も公開されました。 イングランド郊外にある大邸宅ダウントン・アビーに暮らす貴族グランサム伯爵一家とその下で働く使用人たちの生活が、20世紀初頭という大きな変化の時代を舞台に描かれます。貴族、使用人ともに個性豊かなキャラクター達が成長していく様子を見れるのがシリーズ物ならではの醍醐味。 イギリスの歴史や文化はもちろん、誰もが憧れるような豪華な大邸宅や上品で華やかなインテリアやファッションといった映像美も見逃せません。

『アウトランダー』(2014年)

時代を超えた愛で世界中をときめかせた歴史ラブロマンス

第二次世界大戦後と18世紀のイギリスとスコットランドを中心に、ヨーロッパ・米国を舞台に展開していく英米合作制作の歴史ラブロマンスドラマ。 従軍看護婦のクレアは第二次世界大戦後、夫とスコットランドを旅行中に200年前にタイムスリップしてしまいます。クレアはイギリスとスコットランドが対立する激動の時代の中で戦士ジェイミーに出会い、次第に惹かれるように。悪役が愛する夫と瓜二つという設定も見どころです。 壮大な歴史ものでありながらロマンチックでファンタジー要素を持ち合わせているのが今作の特徴。美しい衣装・スコットランドの壮大な自然といった映像美にもうっとり。

『ROME』(2005年)

製作費200億円以上!桁外れのスケールで再現された古代ローマ

米HBOと英BBC共同制作の古代ローマを舞台にしたドラマ。製作費200億円以上、企画から撮影終了まで約8年をかけた超大作。 カエサルとポンペイウスの対立から始まり、ローマが共和制から帝政へと移行する内乱の時代をローマ軍第13軍団の百人隊長ヴォレヌスとその部下のプッロを中心に描いています。政治的策略や裏切り、愛憎劇が繰り広げられる中でも硬い絆で結ばれたヴォレヌスとプッロの熱い友情には胸を打たれるはず。 エンタメ性が高いだけではなく、史実と異なる部分もありつつも登場人物や歴史的事件、人々の生活など古代ローマの世界観が丁寧に再現された完成度の高い作品となっています。

『ザ・クラウン』(2016年)

本人も視聴済み!現役の女王を主人公にその半生を描く

イギリス女王エリザベス2世の半生を描いたNetflixオリジナルシリーズ。ゴールデングローブ賞で作品賞を受賞するなど高い評価を得ました。 25歳で女王となったエリザベス2世を主人公に、王室内でのトラブルや歴史的出来事の裏で君主として苦悩しながらも歩んできた人生を赤裸々に描いた作品。若かりし頃のエリザベス女王を『ウルフホール』にも出演していたクレア・フォイが、中年期はオリヴィア・コールマンが演じています。 本作は珍しく在位中の女王を扱っており、なんとエリザベス女王ご本人も鑑賞し気に入っているのだとか。日本人からするとあまり馴染みのないイギリス王室ですが、これを見ればかなり印象が変わるはず。

『オスマン帝国外伝』(2011年)

90カ国以上で放送し8億人が視聴したとされる、トルコを代表する歴史大作

世界で8億人が視聴したトルコの大ヒット歴史ドラマ。第10代皇帝スレイマンが統治していた最盛期のオスマン帝国のハレム(後宮)を舞台にした宮廷劇です。 家族と婚約者を失い奴隷としてスレイマンに献上された主人公ヒュッレムがハレムで生き残るためにスレイマンの寵愛をめぐる女同士の戦いを繰り広げます。女同士のドロドロの戦い・迫力満点の戦闘シーン・豪華絢爛な宮廷や衣装と見どころが満載。 日本人にとってトルコの歴史はあまり馴染みがないかもしれませんが、だからこそ新鮮で楽しめる作品となっています。90カ国以上で放送され、世界中を熱狂させた今作は一見の価値ありです。

もしも歴史が変わっていたら?おすすめ歴史改変SFドラマ

「もしも歴史が実際とは違う結果だったとしたら、今の世界はどうなっていたんだろう」そんなことを想像したことはありませんか? ここからは海外歴史ドラマの中でも実際の歴史と異なる出来事を経た「その後の世界」を描いた歴史改変SFドラマをご紹介していきます。実際の歴史を改変しているからこそ予想のつかない展開はクセになること請け合いです。

『SS-GB』(2017年)

イギリスがナチスドイツに占領された世界を舞台にしたサスペンス

レン・デイトンによる歴史改変SF小説をもとに製作されたドラマシリーズ。「第二次世界大戦で勝利したのが英国ではなくナチス・ドイツだったら」というもしもの世界観を舞台に、緊迫した状況の中で様々な思惑が交差するサスペンスフルな作品となっています。 第二次世界大戦後、ナチス・ドイツに敗北し占領されたイギリスでは戦後もレジスタンスの抵抗やドイツの軍と親衛隊との間で勢力争いが起こっていた。そんな中、とある殺人事件を追う警視ダグラス・アーチャーが世界をも揺るがす陰謀に巻き込まれてゆくという物語。 歴史作品・SFが好きな方はもちろん、ディストピア的な世界観やサスペンスが好きな方にもおすすめです。

『高い城の男』(2015年)

もしも日本とドイツが戦争に勝っていたら……?

リドリー・スコットが製作総指揮を務めた、SF作家フィリップ・K・ディックの小説の実写ドラマ。第二次世界大戦の結果が逆転した世界が舞台となっています。 第二次世界大戦でナチス・ドイツと大日本帝国に敗れ、三分割されたアメリカを舞台に「高い城の男」と呼ばれる謎の人物が集める別世界の未来が収められたフィルムを巡ってあらゆる立場、人種のキャラクター達が巻き込まれてゆくストーリー。 CGによって作られた架空の世界はクオリティが高く、映像美を存分に楽しめます。架空の世界が舞台ですが、様々なキャラクターが登場し、それぞれの視点で物語が展開されていくのでリアルに感情移入できるはずです。

『タイムレス』(2016年)

歴史改変を阻止して世界を救え!タイムトラベルSFドラマ

タイムマシンを盗み出し歴史を変えようとする謎の男を追うために集められた3人が、もう一台のタイムマシンを使って歴史を守るべくタイムトラベルするアメリカの歴史SFドラマ。 タイムトラベルやパラレルワールドといったSF要素が強い作品ですが、毎話実際に起きた歴史的事件を題材に展開していきます。歴史上の人物も数多く登場し、現代人であるドラマのキャラクター達と対面するシーンは臨場感たっぷり。 歴史を守るために奮闘する主人公達ですが、彼らが過去に介入することによって元いた世界に思わぬ影響が及んでしまうことも。予想のつかない展開にハマる人続出の作品です。

時代と国境を越えた海外歴史ドラマの世界を体感しよう!

個性豊かな作品に恵まれている海外歴史ドラマ。海外の歴史や文化について、壮大なスケールの映像を通して新たな知見を得ることができます。 そして、海外の歴史を知ることや美しい映像作品に触れることは視聴者一人一人の世界を広げてくれることでしょう。ぜひ海外歴史ドラマを観て、時代と国境を越えたエモーショナルな映像体験を楽しんでみてください。