2020年8月28日更新

中国ドラマおすすめ10選!絶対ハマる宮廷ドラマ&胸キュン現代ラブコメを紹介

中国ドラマ記事サムネイル

韓国や台湾のドラマを見尽くしてしまった人におすすめなのが、壮大なスケールで描かれる中国ドラマです!この記事では、宮廷を舞台にした歴史ドラマから現代を舞台にしたラブコメまで、観たら絶対にハマるおすすめの中国ドラマを10本紹介します。

目次

絶対ハマる!おすすめの中国ドラマ10選【まずは宮廷ドラマから】

韓国や台湾のドラマにハマる人が多い日本ですが、中国ドラマの面白さを知っている人はまだ少数派なのではないでしょうか。 しかし中国ならではの壮大な歴史を背景にした宮廷ドラマは、ほかの国のドラマと比べても遜色ないほど見どころたっぷり!さらに近年では現代を舞台にした胸キュン必至の恋愛ドラマも増え、描かれるジャンルも幅広くなってきているようです。 この記事では、観たら絶対にハマる中国ドラマのおすすめ作品10本を紹介していきます。まずは定番ともいえる、宮廷ドラマから紹介!

アジアドラマを観る人にはU-NEXTがおすすめ!

『武則天 -The Empress-』(2014年)

2015年に56億円をかけて製作された、絢爛豪華な時代劇エンターテインメントドラマ『武則天 -The Empress-』。本作は唐の時代に生き、2人の皇帝に愛され、中国史上唯一の女帝となった武則天の生涯を描いた歴史ドラマです。 2代皇帝・李世民(りせいみん)の治世で、最盛期を迎えた唐の時代。後宮に上がった少女・武如意(ぶにょい)は、厳しい掟と権力争いの中で生き抜く覚悟を決めます。やがて李世民の寵愛を受け、帝位争いにも巻き込まれることになり……。 武則天は中国三大悪女の1人に数えられ、歴史ドラマではその横暴な言動を描かれることが多い人物でした。しかし本作ではそれまでと一線を画した新しい解釈で、彼女の人生をドラマチックに描いています。 武則天を演じたのは、映画『アイアンマン3』(2013年)や『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年)でハリウッドデビューも果たした、中国を代表する女優ファン・ビンビンです。

『ミーユエ 王朝を照らす月』(2016年)

2016年の中国ドラマ視聴率No.1を記録し、「武則天」の製作費を上回る58億円をかけた歴史超大作『ミーユエ 王朝を照らす月』。秦の始皇帝の高祖母で、中国史上初となった女性政治家・宣太后(せんたいごう)の一代記を描いています。 戦国時代の楚の国で、国王と侍妾(身分の高い人の世話をする女性)である向氏のもとに生まれたミーユエ。後宮で育った彼女は王后・威后(いこう)の罠から逃れようとする中で後宮から追放され、幼馴染みの黄歇(こうあつ)と愛し合うようになります。 しかし運命はミーユエを再び秦の後宮へ導き、彼女は恵文王からの寵愛を受けて政治の道へ進むことになるのです。 武則天よりもはるか昔に、女性政治家として秦国の礎を築いたミーユエ(後の宣太后)を演じたのは、大ヒットドラマ『宮廷の諍い女』(2011年)で知られるスン・リー。 そんな彼女を取り巻く男性陣にも、黄歇役を演じたホアン・シュアンや恵文王役を演じたアレックス・フォンなど、イケメンが勢ぞろいです。

『王女未央-BIOU-』(2016年)

隋や唐より前の時代である、南北朝時代を舞台にした『王女未央-BIOU-』。本作は乱世に生きるヒロイン・馮心児(ふうしんじ)/李未央(りびおう)の波乱の人生を描いた、壮大な時代劇ドラマです。 南北朝時代、一夜のうちに北魏の陰謀によって故郷と家族を失った北涼の公主(君主の娘)・馮心児。彼女は追っ手から逃れる中で、北魏尚書府の妾(正妻でない妻)の娘・李未央に命を救われます。 しかし未央は追っ手に刺されて死んでしまうのです。馮心児は李未央になり代わり、北魏の尚書府へと潜り込むことに……。 主演を務めた女優のティファニー・タンは、作中で未央と相思相愛になる高陽王役のルオ・ジンと本作がきっかけで交際をスタートし、2018年に結婚を発表しました。

『永遠の桃花〜三生三世〜』(2017年)

輪廻転生と永遠の愛をテーマにした、ラブロマンス史劇『永遠の桃花〜三生三世〜』。本作は禁断の恋を軸に、はるか昔から何度も生まれ変わって互いを求め合う、運命の恋人たちを描いた壮大な恋愛ドラマです。 過去の記憶をなくし、人里離れた山奥でひっそりと暮らす娘・素素(そそ)。そんなある日、素素は夜華(やか)と名乗る1人の男性と出会います。互いにずっと探していたような気がした2人はすぐに惹かれ合い、相思相愛に。しかし実は、夜華は天族の皇太子だったのです。 素素をドラマ『宮 パレス 〜時をかける宮女〜』(2011年)で主演を務めたヤン・ミーが、夜華を台湾ドラマ『ブラック&ホワイト』(2009年)に出演したマーク・チャオが演じています。

「瓔珞(えいらく)〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜」(2018年)

2018年にGoogle全世界検索ワードTV Show部門で1位、中国版エミー賞で4冠を獲得した超話題の宮廷ドラマ『瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜』。清朝の後宮を舞台に、女官から皇后にのぼり詰めた女性・魏瓔珞(ぎえいらく)の破天荒な生きざまを描いています。 乾隆帝(けんりゅうてい)の時代の清朝。後宮で亡くなった姉の死の真相を突き止めるために女官として後宮入りした瓔珞は、そこで妃や女官たちの権力争いに巻き込まれていきます。 後宮を舞台にした復讐劇ですが、特筆すべき点はウー・ジンイェン演じる主人公・瓔珞が決して折れないこと。彼女はその美貌と才知を武器に、“やられたら絶対にやり返す”逆襲のヒロインなのです。

「如懿伝(にょいでん)〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」(2018年)

96億円という中国ドラマの中でも破格の総製作費が注ぎ込まれ、視聴再生数165億回を超える大ヒットを記録した宮廷ドラマ『如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜』。 本作は「瓔珞」と同じ乾隆帝時代の後宮を舞台にした歴史恋愛ドラマで、ともに2018年の視聴ランキング1・2位を独占しました。 1735年に乾隆帝が清朝皇帝に即位し、幼なじみの側室・如懿(にょい)は妃となります。それと同時に後宮での権力争いに巻き込まれますが、2人の愛は揺るぎないものでした。しかしそんな中、次々と皇子が殺害される事件が発生し、如懿は濡れ衣を着せられてしまいます。 「瓔珞」が逆襲のヒロインなら、「如懿」は悲劇のヒロイン。乾隆帝との絆だけを信じ、愛に生きた王妃・如懿の悲しい宿命が描かれています。 中国4大女優のジョウ・シュンと、時代劇のトップスターであるウォレス・フォが主演を務めている点も見どころです。

『三国志 Secret of Three Kingdoms』(2018年)

「三国志」に大胆な設定を盛り込んで新たな物語を誕生させた『三国志 Secret of Three Kingdoms』。中国の人気作家マー・ボーヨンの原作「三国機密」をもとに三国時代を描いた歴史大作ドラマです。 時代は後漢の末期。魏の曹操は漢王朝の皇帝・劉協(りゅうきょう)を思いのままにしようと、勢力を伸ばしてきていました。 司馬家で育った劉平(りゅうへい)は、都への道中にある秘密を知ります。それは自分が皇帝・劉協の双子の弟だったこと。劉平は兄の死を受け、皇帝の身代わりとなって漢王朝を守る決意を固めます。 漢王朝最後の皇帝・献帝(けんてい)が実は双子だったという奇抜な設定を史実と融合させた、これまでにない「三国志」。 曹操や司馬懿など、実在の人物も物語に組み込んで展開されるスリリングなストーリーと、劉平役のマー・ティエンユーをはじめとする美男美女のキャストが見どころです。

『大唐見聞録 皇国への使者』(2018年)

香港映画界の重鎮ゴードン・チャンがプロデュースしたドラマ『大唐見聞録 皇国への使者』。現代に生きる青年・雲不器(うんふき)が唐の時代へタイムスリップし、2代皇帝・李世民との出会いをきっかけに過去の出来事に関わっていく歴史SF超大作です。 唐時代の皇族の墓を発掘する調査に、記録兼雑用係として参加していた雲不器。彼はうっかり墓の出土品に手を触れ、地鳴りとともに地面に開いた大きな穴に落ちてしまいます。地底で謎の石像を発見し、持っていたかんざしで作動させると、不思議な光に包まれて……。 歴史大作にタイムスリップというSF要素を取り入れた新感覚ドラマで、雲不器が現代人ならではの知識で戦乱の世を生き抜いていく様が大きな見どころです。もちろん中国ドラマお馴染みの、宮廷に渦巻く陰謀に巻き込まれていく展開もあり! 映画『芳華-Youth-』(2017年)で注目された、若手俳優のワン・ティエンチェンが主演を務めています。

『お昼12時のシンデレラ』(2014年)

『シンデレラの法則』(2012年)のチャン・ハンと、『後宮の涙』(2013年)のチャオ・リーインが共演した『お昼12時のシンデレラ』。ツンデレ御曹司と平凡女子の身分違いの恋を描いており、ガラスの靴ではなくお弁当が縁を結ぶ現代ラブコメドラマです。 上海の大企業フォントングループに就職したシャンシャン。血液型が同じということで、社長フォン・トンの妹であるユエの命を救った彼女のもとに、社長から手作り弁当が届きます。それを縁に毎日ランチを一緒に食べる仲になった2人は、急速に距離を縮めていきますが……。 『シンデレラの法則』で癒し系男子を演じた、若手人気No.1俳優のチャン・ハンが、今作ではツンデレ御曹司を演じます。ツンデレ男子好きにはたまらない萌えキュン続発のラブコメです。

『シンデレラはオンライン中!』(2016年)

『お昼12時のシンデレラ』(2014年)の製作チームが再結集した、シンデレラ・ヒロイン3部作の最高傑作『シンデレラはオンライン中!』。本作はエリート男子と美人女子大生がゲームの中で結婚し、現実でも恋に落ちるという異色のロマンチック・ラブコメディです。 ゲームが好きな女子大生のウェイウェイは、校内で憧れの先輩シャオ・ナイを目にしてはときめく毎日を過ごしていました。 ある日彼女はゲームの中で突然ランキング1位のプレイヤーから結婚を申し込まれ、ゲーム内で新婚生活を満喫することに。ところがその相手こそ、シャオ・ナイだったのです。 王子様男子のシャオ・ナイを演じたのは、俳優のほかモデルや歌手としても活躍する若手イケメン俳優ヤン・ヤン。またウェイウェイを中国トップ女優のジェン・シュアンが演じました。 実は本作の原作スピンオフが『お昼12時のシンデレラ』となっているため、フォントン社など設定のつながりも楽しめるようになっています。

ハマったらもう抜け出せない!中国ドラマをどっぷり楽しもう

中国ドラマの定番といえば、なんといっても宮廷を舞台にした歴史大作!歴史の壮大さを感じられるドラマが多いことは、中国ならではの大きなポイントですね。 また現代ラブコメも魅力的な作品が多数。韓国や台湾のドラマを見尽くしてしまったという人も、これを機会に中国ドラマにハマってみてはいかがでしょうか。