歴代海外ドラマおすすめランキングTOP50【完全保存版】

2017年5月16日更新 4072384view

今回は、歴代の海外ドラマの視聴率(視聴者数)ランキングTOP20についてご紹介します。「観たことある!」という作品から「定番だけど意外と観てない…」といったような作品まで幅広く揃いました。全作観る価値の十分にある作品ですので、ぜひお気に入りのドラマをチェックしてみてください!

人気のおすすめ海外ドラマ

heros ヒーローズ

歴代の視聴率をもとに、おすすめの海外ドラマをランキングしました。全ての海外ドラマが高い視聴率を記録した人気ドラマです。ティーンエイジャーが主役のドラマから本格的なサスペンスまで、様々なジャンルのおすすめドラマを集めました。

海外ドラマが世界的に流行

近年の海外ドラマは、ハリウッドスターが出演したり、世界的映画監督が監督したりなど勢いが増しています。インターネット配信サービスの発達によって1話1時間程度で気軽に見られるというような点も、海外ドラマが人気の要因のひとつかもしれません。

映画業界のプロが関わるようになり、高額な予算のもとハリウッド映画のようなクオリティのドラマが数多く誕生している世界のドラマを紹介していきます。

50位『トゥルー・コーリング』

トゥルー・コーリング

死体安置所で働く主人公のトゥルー。彼女には死体の呼び声を聞き、その人間が死ぬ前の日に戻ることができる、という驚くべき能力が備わっていました。

助けを求めてくる「死体」の声を聞き、助けるべく身を捧げる、トゥルーの奮闘ぶりに注目です。

49位『ブラックリスト』

『ブラックリスト』

FBIに自ら出頭し罪の帳消しと引き換えに捜査協力を申し出る凶悪犯罪者レッド・レディントン。さらに彼は新米捜査官リズを担当者に指名します。

毎回二人が解決するのは実際にあった事件をモデルにしたもので、リアリティがあります。徐々にリズの出生の秘密や国家の陰謀も明らかにされていきます。

悪のカリスマ、レッドを演じるのは『セックスと嘘とビデオテープ』(1989)や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)の悪役で知られるジェームズ・スペイダー。

48位『Dr.HOUSE』

Dr.HOUSE

USA版『ブラック・ジャック』といった表現がぴったりのこちらの作品、凄腕ですが一匹狼の天才医師ハウスが数々の難病を解決していくというストーリーです。

「人は嘘をつく」が口癖で、他人を信頼しない医師ハウスをはじめ、個性豊かなキャラクターたちがハウスとどんな化学反応を見せるのかも見所です。

47位『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』

ハンナ・モンタナ

実は全米トップの人気アイドル「ハンナ・モンタナ」であることを隠しながら、普通のティーンエイジャーとして生きる女の子、マイリー・スチュワートがヒロインのドラマです。

このドラマで主役を演じたマイリー・サイラスはこれをきっかけに大ブレイクしました。

46位『デアデビル』

『デアデビル』

盲目のヒーロー、デアデビルが活躍するマーベル作品。

昼間は弁護士として働くマット・マードック。幼少期に視力と引き換えに研ぎ澄まされた聴力と嗅覚を手に入れ、武術も習得した彼は、夜は覆面のヒーロー、デアデビルとしてニューヨークの平和を守ります。『アベンジャーズ』後の荒廃したヘルズ・キッチンを舞台に、街を犯罪から守るため奮闘するデアデビルのクールな姿を描きます。

悪役のキングピンを演じるのは、『フルメタル・ジャケット』(1988)での“ほほえみデブ”ことレナード訓練兵役などで知られる俳優ヴィンセント・ドノフリオ。一言で悪役とは片付けられない、キングピンのトラウマや複雑な人間性にも注目です。

45位『ホームランド』

『ホームランド』

『24』の製作陣が9.11以降のアメリカの現状を描いた名作サスペンス。テロ対策のスペシャリスト、キャリーの終わりなき戦いを描きます。愛娘と離れドイツ、中東、シリアを命がけで飛び回るキャリー。国際問題を等身大に描いた名作です。

ちなみにバラク・オバマ前大統領やビル・クリントン元大統領も、DVDを全巻揃えるほど本作の大ファンとのこと。

44位『Lの世界』

Lの世界

レズビアンの女性たちの恋愛模様を描いた、センセーショナルな作品です。日本ではあまり公に扱われない「同性愛」ですが、ここを大胆なタッチで描いたところや、脚本家10人のうち9人がレズビアンだということで、同性愛者の心理を突き詰めたところも人気の一因です。

43位『名探偵モンク』

『名探偵モンク』

妻を殺されたトラウマから32の恐怖症を抱える名探偵モンクの活躍を描いたコメディ・ミステリー。看護師やカウンセラーの助けを借りて恐怖症と闘いながら難事件を解決する様子を一話完結で描きます。

ジェニファー・ローレンスをはじめ、豪華キャストがゲスト出演していることも話題になりました。

本作最大の謎であるモンクの妻トゥルーディの死については、最終シーズンで真相が明らかになるそう。ドキドキしますね。

42位『ダークエンジェル』

ダーク・エンジェル

遺伝子操作により生まれた特別な能力を持った人間たち、ジェネティック。そんな彼らの中の一人、マックスはその人並外れた身体能力を生かし、仲間を探しながら悪を撃退することに心血をそそぐのです。またこの作品は、ジェームズ・キャメロン氏が製作総指揮をとったことでも話題となりました。

41位『THE 100』

『THE 100』

舞台は核戦争後の未来。宇宙ステーションに移住した人類は、ほとんどの生命体が絶滅した地球に再び住めるか調査するため「ハンドレッド計画」の名のもとに100人の囚人を送り込むことに。

主人公のクラークをリーダーとした彼らの、地球に住み着いた他種族との戦いや友情を描きます。

40位『ザ・ホワイトハウス』

ホワイト・ハウス

タイトルから大統領が主人公、なのかと思いきやその側近など、裏方たちがメインキャラクターとして描かれます。政治ドラマでありながらも主として人間模様を表現しており、重くならないところが人気の秘訣です。

エミー賞など、数々の賞を獲得した実力派のドラマです。