2020年2月18日更新

amazonプライムおすすめ海外ドラマ6選 オリジナルから人気の最新作まで【2020年版】

ジャック・ライアン

Amazonプライム・ビデオで配信中のおすすめドラマを紹介します。Amazonオリジナル作品から人気の最新作まで、★4つ以上のドラマの中からciatr編集部が厳選しています。

目次

Amazonプライム・ビデオで配信中のおすすめ海外ドラマを厳選して紹介!

配信サービスの中でも屈指の月額の安さを誇るAmazonプライム・ビデオ。しかも見放題の作品も豊富です。今回はそんなAmazonプライム・ビデオで配信中のおすすめ海外ドラマを、2020年の最新版として紹介していきます。 Amazonのオリジナル作品から人気の最新作まで、評価が★4つ以上のドラマの中から、ciatr編集部が6作品を厳選しています。この記事が、気になっていた作品を観る機会になりますように!

1.『スタートレック:ピカード』

「スタートレック」シリーズのテレビドラマ7作目となる作品で、ジャン=リュック・ピカードを主人公としたシリーズ。『新スタートレック』でピカードを演じたパトリック・スチュワートが続投し、製作総指揮にも加わっています。 舞台は映画『ネメシス/S.T.X』の20年後、24世紀末。エンタープライズDとエンタープライズEの元艦長であるジャン=リュック・ピカードは、引退後フランスのシャトー・ピカードに隠棲し、新たな人生を歩み始めます。 本作の魅力はなんといっても、レジェンド級のキャラクターたちが次々と登場すること。また、かつては提督だったピカードが、地位もなく一から新たな冒険に出る姿には胸が熱くなります。 シーズン1が2020年1月23日からCBS All Accessで配信され、10エピソードが予定されています。日本では2020年1月24日からAmazonプライム・ビデオで独占配信がスタート。シーズン2の製作も決定しています。

2.『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』

小説家トム・クランシーが創造したキャラクター「ジャック・ライアン」を主人公としたアクション・スリラーのドラマシリーズ。CIA分析官ジャック・ライアンをジョン・クラシンスキーが演じています。 ジャック・ライアンは元海兵隊員で経済学博士の肩書きを持つCIA分析官。シーズン1では新しい上司のジェームズ・グリーアとともに、中東の新興勢力のテロリストと戦い、シーズン2ではベネズエラでの政治事件に巻き込まれていきます。 本シリーズは、Amazonプライム・ビデオがついに本格的なアクションドラマに着手したオリジナル作品。ジャック・ライアンという人気キャラクターを現代の設定に置き換えた完全オリジナルストーリーで、「24」シリーズ並みのシリアスな政治サスペンスが展開します。 シーズン1は2018年8月31日から、シーズン2が2019年10月31日からAmazonプライム・ビデオで配信されました。圧倒的な人気を受けて、シーズン3の製作もすでに発表されています。

3.『ザ・ボーイズ』

ガース・エニスとダリック・ロバートソンによる同名コミックが原作の、スーパーヒーローを主人公としたSFブラックコメディ。主人公のビリーを、『スター・トレック』のマッコイ役で知られるカール・アーバンが演じています。 ヴォート社の「セブン」と呼ばれるスーパーヒーローたちはメディアに露出し、グッズ販売で巨大な利益を産んでいました。そんな企業の道具に成り下がった“腐った”ヒーローたちに対抗すべく、ビリーは「ザ・ボーイズ」を結成します。 『ザ・ボーイズ』が面白い点は、ビリーたち「ザ・ボーイズ」のメンバーたちが特殊能力を持たない普通の人間であること。スーパーヒーロー全盛の現在に、あえて普通の人間が腐敗したヒーローと戦うというアンチヒーローものとしてブラックな笑いを届けています。 このシリーズは『レボリューション』のエリック・クリプキ、『グリーン・ホーネット』のエヴァン・ゴールドバーグとセス・ローゲンによって創作された企画です。Amazonプライム・ビデオで2019年7月26日からシーズン1が配信され、シーズン2の製作も発表されています。

4.『ゲーム・オブ・スローンズ』

ジョージ・R・R・マーティンのファンタジー小説シリーズを原作としたHBOの大人気テレビドラマシリーズで、Amazonプライム・ビデオでは2017年から配信がスタートしています。HBOでは2011年から2019年にかけて、最終章のシーズン8までが放送されました。 中世ヨーロッパに似たドラゴンや魔法が存在するファンタジーの世界を舞台に、かつて独立していた七つの王国が玉座をかけて権力を巡って争う物語。スターク家をはじめ9つの諸名家が登場し、多くの人物が入り乱れる群像劇です。 メインとなるのは全シーズンに絡むスターク家。スターク家の当主エダードをショーン・ビーン、長女サンサをソフィー・ターナー、次女アリアをメイジー・ウィリアムズが演じています。多様な登場人物とその関係性の複雑さが魅力のドラマシリーズです。

5.『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』

『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックが主演したテクノ・スリラーで、2015年からUSAネットワークで放送が開始されました。Amazonプライム・ビデオでも最終シーズンとなるシーズン4まで視聴できます。 昼間はサイバーセキュリティ技術者として働き、夜はネット上の犯罪を取り締まるハッカーとなるエリオット。そんな彼の技術に目をつけたハッカーチーム「f・ソサエティ」のリーダー「Mr. ROBOT」が、エリオットにチームに加わるよう誘いをかけます。 社会不安障害を抱えた孤独なハッカーであるエリオットをラミ・マレックが好演し、彼のドラマでの代表作に。現代社会の時事的なトピックを取り入れた巧妙な筋書きで、テクノ・スリラーという新ジャンルで社会現象を起こした画期的なドラマシリーズとなりました。 全シーズンで高い人気と評価を得ており、2016年から2年連続でゴールデングローブ賞主演男優賞&助演男優賞にノミネート。Mr. ROBOTを演じたクリスチャン・スレイターが、2016年に助演男優賞を受賞しています。

6.『ウエストワールド』

2016年からHBOで放映がスタートしたSFスリラーで、1973年の映画『ウエストワールド』を原作としたテレビドラマシリーズです。Amazonプライム・ビデオではシーズン1・2が視聴可能。シーズン3は2020年3月15日からHBOで放送する予定です。 舞台は西部劇の街並みを模した体験型テーマパーク「ウエストワールド」。そこではホストと呼ばれるアンドロイドたちが、来場者であるゲストたちをもてなします。しかしホストを平然と傷つけるゲストも存在し、自我に目覚め始めたホストたちは自由を求めて反乱を起こし始めます。 これまでのSF作品で何度も取り上げられてきた「人間とアンドロイドの共存」や「アンドロイドに自我はあるか」といった深遠なテーマが大きな見どころ。J・J・エイブラムスとジョナサン・ノーランが製作総指揮に名を連ね、60億円以上もの莫大な製作費が投じられた超大作です。 パーク創設者のフォード博士をアンソニー・ホプキンス、自我に目覚める農場の娘のホスト・ドロレスにはエヴァン・レイチェル・ウッドが演じました。シーズン2では日本の時代劇を模した「ショーグンワールド」が登場し、真田広之や菊地凛子が出演しています。

人気の海外ドラマシリーズをまとめてゆっくり観たい!

これまで話題になって気になってはいても、なかなか観るチャンスがないという人も多いはず。配信サービスにも入っているけれど、長いテレビドラマシリーズを観るにはまとまった時間もない!というお悩みも。それでもAmazonプライム・ビデオなら月額料金の安さから、一度にまとめて観れず少し間を置いてもあまり気になりません。 一世を風靡した『ゲーム・オブ・スローンズ』や、評価の高い『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』、話題の最新作『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』など人気の海外ドラマシリーズを、これを機会に気軽に観始めてみませんか?