2021年11月12日更新

漫画『ザ・ファブル』を全巻無料で読めるアプリ・サービスは?大人気映画の原作をチェック!

漫画『ザ・ファブル』は、南勝久によって2014年から2019年にかけて『週刊ヤングマガジン』で連載されていた作品です。2021年11月現在、コミックスは全22巻が発売中。本作は主演・岡田准一で映画化もされており、2019年に第1作が上映、2021年には第2作も上映されました。

結論

複数のサービスを実際に利用し調査した結果、『ザ・ファブル』を全巻無料で読めるアプリや方法はありませんでした。


しかし、コミックシーモアなら今すぐ1冊目を半額で読めることが分かりました!

今すぐ1冊目が50%オフに!

漫画『ザ・ファブル』を全巻読めるサービス一覧

サービス 配信状況 試し読み
コミックシーモア 半額クーポンを
ゲットする

※配信状況は11月12日時点のものです。
※記事中の金額は全て税込表記となっています。

コミックシーモアなら『ザ・ファブル』を今すぐ半額で読める!

迷ったらこれ!品揃え・お得感・機能性のバランスが最高

おすすめポイント

  • 無料で読める作品が多い
  • 安心のネームバリュー
  • 個別購入と読み放題を選べる

注意点

  • ビジネス書は少なめ

コミックシーモアでは『ザ・ファブル』1冊分を今すぐ半額で読むことが出来ます。

コミックシーモアは作品ラインナップ・お得感・機能性など全てがバランスよく揃った電子書籍サービス。老舗で安心感もあるので、電子書籍を初めて使う場合や、迷ったときにはコミックシーモアを選んでまず間違いないでしょう。

無料で読める作品数は業界屈指の約1万4000冊。マイナー作品だけでなく、有名作品も一部無料で読むことができます。また通常購入だけでなく、月額制の読み放題プランやレンタルプランもあるので自分にあった方法で漫画ライフを楽しむことができます。

ただし、ビジネス書の取り扱いが少ない点には注意が必要です。

まんが王国ならポイント還元で『ザ・ファブル』がお得に!

お得感No.1の電子書籍サービス

おすすめポイント

  • 最大50%のポイント還元がかなりお得!
  • 毎日参加できるキャンペーンが多い

注意点

  • マイナー作品は少なめ

まんが王国でも『ザ・ファブル』を配信中です。

まんが王国はお得感の強い電子書籍サービス。最大50%のポイント還元機能が特に強みで、ポイントを購入・使用するたびにポイントバックを受けることができます。

サイトを訪れることで毎日貰えるポイントや、クーポンがもらえるおみくじなど小さなキャンペーンも多く、お得に漫画を読みたい人におすすめのサービスです。

ただし、マイナー作品のラインナップが少なめなのが難点。有名作品を中心に楽しみたい人にまんが王国はおすすめです。

U-NEXTでは『ザ・ファブル』1巻目を無料で楽しめる

アニメも雑誌も見放題!総合エンタメサービス

おすすめポイント

  • アニメも雑誌も見放題で楽しめる
  • 初回登録で600円分のポイントがもらえる

注意点

  • 使わなかった月でも料金がかかる

U-NEXTでも『ザ・ファブル』が配信中!初回登録でもらえるポイントを使えば、作品によっては1冊無料で読むことができます。

U-NEXTは漫画だけでなく、アニメも雑誌も楽しめる電子書籍サービス。漫画購入だけでなく、動画見放題と雑誌読み放題もプランに含まれるため、まるっとエンタメを楽しめます。

初回登録から1ヶ月間はトライアル期間となり、見放題の映像作品が無料で観られるほか、電子書籍の購入に使える600円分のポイントをもらえるのも嬉しいポイント。

ただしあまり使わなかった月でも月額料金が発生するため、たまにしか漫画やアニメを楽しまない人には向かないサービスです。

ebookjapanは『ザ・ファブル』を全巻まとめ買いする人におすすめ!

使いやすい!機能性が魅力の電子書籍サービス

おすすめポイント

  • 初回特典で50%オフクーポンが6枚貰える
  • 背表紙表示機能が魅力
  • PayPay還元が嬉しい

注意点

  • ビジネス書・雑誌は少なめ

ebookjapanでは『ザ・ファブル』を最大6冊半額で読むことができます。

ebookjapanは機能性が高い電子書籍サービス。シンプルで使いやすいホーム画面や、制度が高い検索機能などが評価されています。また購入した作品を背表紙で並べられる「本棚機能」は唯一の魅力。

さらに、PayPayで支払うとボーナスポイントが返ってくるキャンペーンも曜日ごとに開催しているので、PayPay派の人にもおすすめのサービスです。

ただし、ビジネス書や雑誌の取り扱いは少ないので注意してくださいね。

漫画『ザ・ファブル』の作品概要

ジャンル 青年漫画
作者 南勝久
巻数 22巻(完結)
作品タイプ ハードボイルド
バトル・アクション
裏社会
メディア化 実写映画

あらすじ

ザ・ファブル

東京に住むある殺し屋は、その伝説的な強さから「ファブル」という名で呼ばれています。彼は幼い頃から「ボス」によって訓練され、6年で計71名の殺しを行っていました。

しかしある日、ボスは彼に1度身を隠させるため、1年間大阪へ移住して一般人として暮らすことを指示します。彼は「佐藤明」として、ボスと古くから付き合いのある暴力団・真黒組の支援のもと、殺しのパートナーだった女性・洋子を妹だと称して、大阪で生活していくのでした。

『ザ・ファブル』の魅力とは?

アホそうな主人公だけど…強い!

本作の大きな魅力のひとつと言えるのが主人公・ファブルの圧倒的な強さです。作中には実写映画でも話題になったようなド派手なアクションが盛りだくさん。人間離れしたスゴ技の連続に引き込まれてしまいます。 そしてファブルのアクションは派手なだけじゃないというのもポイント。日常シーンではアホっぽい言動が目立つ彼ですが、計算されたスマートな戦い方もカッコいいんです。チンピラに絡まれるシーンでは、やられているように見せかけて的確に相手の急所を攻撃し返り討ちに。 さりげない場面でも格の違いを見せつけてくれるファブルから目が離せません!

笑いがシュールすぎる

伝説の殺し屋と評され、アクションシーンでは他を圧倒する強さを見せてくれるファブルですが、1歩戦いの外に出ると信じられないほどの天然ボケを連発。そんなシリアス部分とギャグ部分のシュールなギャップも本作の魅力です。 例えば物語の冒頭ではボスと相棒のヨウコ、3人で焼き魚を食べるシーンが登場します。そこで彼はアツアツの焼き魚をヨウコに渡し、「フウフウしてくれ」と要求。なんと最強の殺し屋は、重度の猫舌だったのです。 人間離れした強さを持ちながら、殺し以外はまるで5歳児のような言動を見せるファブル。しかも本人はそれを素でやってのけます。至って真剣な表情で突飛な行動を取る彼にジワジワと笑いがこみあげてくること間違いなしです!

漫画版では実写版のどこまで描かれている?

ザ・ファブル ポスター
©2019「ザ・ファブル」製作委員会

『ザ・ファブル』(1作目)

2019年に公開された映画『ザ・ファブル』では、原作の1巻から7巻までが描かれています。7巻分を120分にまとめているので大幅なカットや脚色が加えられ、漫画版とはまた違う雰囲気に。 大筋は同じですが、原作ファンにとっては名場面であるシーンが削られている所もあるため、少し物足りなく感じる人もいるようです。しかし、アクションに定評のあるV6の岡田准一が主演を務めただけあり、大迫力のアクションシーンは圧巻。テンポの良いストーリーも躍動感を感じられる仕上がりとなっています。 漫画ではより深くキャラクターの個性や背景が描かれているので、映画を見た人はぜひ漫画も読んでみてください!

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(2作目)

1作目のヒットを受け、2021年6月には2作目となる『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が公開されました。この2作目では漫画の9巻から13巻に当たる内容が映画化されています。 本作は1作目に比べると漫画との違いが少なく感じる仕上がり。大きな違いは漫画にはないド派手な銃撃戦が描かれているということです。暗殺者に白昼堂々の銃撃戦はどうなのか?という声もありますが、迫力満点の銃撃戦は本作において重要な目玉シーンと言っていいでしょう。 また、実力派俳優が息を吹き込んだキャラクターたちも必見。特に堤真一演じる黒幕・宇津帆は漫画の雰囲気はそのままに、より凶悪なキャラクターとして異彩を放っています!

読者の感想

吹き出し アイコン

岡田准一主演で実写映画化もされた漫画「ファブル」!伝説の殺し屋が「殺さない」というミッションを与えられ、一般人に混ざって生活する話で、その設定からまず物珍しくてつい気になっちゃった。

吹き出し アイコン

なんともいえないシュールな雰囲気が良いよね。主人公の佐藤が面白すぎる。

吹き出し アイコン

伝説の殺し屋なのに、時給800円で喜んでアルバイトしてるところとかね……。殺しの能力をそんな活かし方する?!っていう場面もあって、とにかく笑える。

吹き出し アイコン

あとはギャグだけじゃなく、殺し屋ならではのアクションシーンも入っているところがまた良いね。笑えてハラハラドキドキもできて、1度でいろいろ楽しめる作品だった。

吹き出し アイコン

映画版まだチェックしてないから、急いで観なくちゃ!岡田准一が原作をどう再現しているのか楽しみだな。まずは原作を読みこむぞ~!

2021年7月より第2部が連載開始!読む方法は?

漫画『ザ・ファブル』は、『週刊ヤングマガジン』にて2014年から連載され2019年に「第1部完結」として最終回を迎えました。そして2021年7月より、待望の第2部となる『ザ・ファブル The second contact』が同雑誌にて連載を再開。第1部完結から1年以上経っての再始動に多くのファンが喜びました。 物語は、暗殺業から足を洗いミサキと結婚した佐藤アキラ(ファブル)の平和な日常からスタート。人助けをしたいと思うようなっていた彼は、なんと「レンタルおっちゃん」のアルバイトを始めていました。しかし、平穏な日々を送るアキラの元に不穏な影が近付いてきて……。 というのが第2部のあらすじです。同年11月5日には既に単行本1巻が発売されていますので、続きが気になる方はコミックシーモアなどの電子書籍サービスで今すぐ作品を読むことができますよ!

漫画『ザ・ファブル』を全巻読むならコミックシーモアがおすすめ!【無料で1万冊以上が読める】

本記事では『ザ・ファブル』をお得に読めるサービスや、その方法を紹介しました。

比較した複数サービスの中で1番おすすめのサービスはコミックシーモアです。取扱作品数が多いので漫画を最も楽しめるサービスです。

無料会員登録からもできるので、50%OFFクーポンを貰って漫画をお得に読めるので是非チェックしてみてくださいね。

今すぐ1冊目が50%オフに!