2021年6月3日更新

モバイルルーターは格安SIMでも使えるの?メリット・デメリットをわかりやすく解説!

格安SIM モバイルルータ

携帯に便利なモバイルルーターですが、格安SIMを利用して使うこともできます。この記事ではモバイルルーターを格安SIMで使用する場合のメリット・デメリットを解説。より安くモバイルルーターを使用したい人は必見です。おすすめのモバイルルーターも合わせて紹介していきます。

目次

格安SIMでモバイルルーターは使える?デメリットも紹介

モバイルルーターは格安SIMを挿入して使えることを知っていますか? この記事ではモバイルルーターの仕組みから、格安SIMを使用する上でのメリット・デメリットまで、格安SIMでモバイルルーターを使う上で知っておきたいことを徹底解説していきます。 なお、記事内の情報は2021年5月現在のものを参考にしています。実際の情報と異なる場合があるため注意してください。 ※記事中の金額は全て税込表記となっています。

そもそもモバイルルーターって何?どんな仕組み?

フリー素材、モバイルWi-Fi、Wifi

モバイルルーターは通信会社が提供する3Gや4Gなどの回線を中継する機器のことです。 通信会社の回線を契約し、SIMカードを差し込んで使用するのが一般的です。使用したい端末をWi-FiやBluetoothなどで接続して使用します。 スマホはもちろんタブレットやパソコンなどもインターネットに接続可能です。小型で持ち運びができるうえ、多くの機種がバッテリー内蔵で電源も不要。外出先でインターネットを使用したい場合や、自宅に固定回線を引けない場合に役立ちます。

格安SIMでモバイルルーターは使える!

デザリング 格安SIMフリー素材

モバイルルーターに挿すSIMは格安SIMでも構いません。ただし一部条件があります。 モバイルルーターにはスマホと同じように、SIMロックのかかった端末とSIMロックのかかっていない端末の2種類が存在します。 SIMロックのかかったモバイルルーターは、格安SIMの使用回線に注意が必要です。回線の種類が同じであれば格安SIMでもそのまま使用可能となります。 例えばドコモで購入した端末なら、ドコモ回線の格安SIMで利用できます。一方SIMロックがかかっていない端末なら、回線の種類を気にせず使用可能です。

【デメリット】格安SIMでモバイルルーターを運用する時に注意したいこと

困る 格安SIM

以下では大手のモバイルルーターを使用する場合と比較した、格安SIMでモバイルルーターを使用するデメリットを確認していきましょう。通信速度やSIMロック解除に関する難点が挙げられます。

格安SIM×モバイルルーターのデメリット

  • 通信量に制限がある
  • 通信速度が遅いことも
  • SIMロック解除の手間がかかる

1:通信量に制限がある場合がほとんど

格安SIMはほとんどのプランで、高速通信可能なデータ通信容量に上限が設けられています。最大まで使用すると、月末まで低速通信に切り替わるのが一般的です。 WiMAX(ワイマックス)など、大手のモバイルルーターでも通信制限はありますが、2~3日で解除されるものがほとんどです。 また格安SIMでは「無制限プラン」でも3日間の使用容量に応じて速度制限がかかる場合があり、快適に通信できない可能性があります。プランの契約前には容量制限速度を必ずチェックしましょう。

2:通信速度が遅い

SIM素材 電波 通信

多くの格安SIMは、大手キャリアから回線を借りて運営しています。 そのため大手キャリアに比べて通信速度が遅い場合があります。特に通勤時間帯や昼の休憩時間など、回線が混み合う時間帯は通信速度の低下が顕著です。 モバイルルーターは複数台の端末を接続して使用する場面もあるため、ある程度の通信速度を確保しておきたいところ。快適に利用するために、なるべく通信速度が速い格安SIMを選ぶ工夫が必要です。

3:SIMロック解除の手間がかかる

格安SIMの使用回線によっては、モバイルルーターのSIMロック解除が必要です。SIMロック解除の方法は各キャリアの公式サイトから確認できます。 SIMロック解除は基本的にオンラインで手続き可能です。しかし機種次第で実店舗での手続きが必要な場合や、手数料が発生する場合があります。SIMロック解除の手間を省きたいなら、SIMフリー版のモバイルルーターを購入するのがおすすめです。

【メリット】格安SIMでモバイルルーターを使う利点

1つ ポイント 格安SIMフリー素材

続いて格安SIMをモバイルルーター使用するメリットを見ていきましょう。

格安SIM×モバイルルーターのメリット

  • 料金を安く抑えられる
  • 契約期間がないため気軽に解約できる

1:料金を安く抑えられる

お金 格安SIMフリー素材 sim素材

「格安SIM」という名前の通り、月々の利用料金を安くできるのが大きなメリットです。格安SIMでは基本的に音声通話が可能なSIMよりも、データ通信専用SIMの方が安く利用できます。 モバイルルーターでは音声通話機能が必要ないため、料金の安いデータ通信専用のプランを契約可能です。また格安SIMによっては特定のコンテンツで通信容量がカウントされない「カウントフリーオプション」も存在しています。 併用することで月々の通信容量を抑えられるため、低容量のより安いプランを契約できる場合があります。

2:契約期間がないため気軽に解約できる

格安SIMのデータ専用プランでは、最低契約期間が設定されていない場合が大半です。 そのためプランの解約に別途解約金が必要なく、気軽に乗り換えができます。しかし初期費用は必要になってくるので注意しましょう。 SIMは各社個性があり、人によって合うもの、合わないものが分かれます。気軽に乗り換えて自分にベストなものを選べるのは嬉しいですよね。

格安SIMを使ったモバイルルーター利用はこんな人におすすめ

教える ポイント 格安SIMフリー素材

メリットを確認したところで、具体的にどんな人に向いているのか確認していきましょう。大きく2つの場合が考えられます。

格安SIM×モバイルルーターがおすすめの人

  • 月々の利用料金を安く抑えたい人
  • 短期間での利用を想定している人

ひとつは月々の利用料金を安く済ませたい場合です。固定回線の料金が高い場合に、乗り換えるような使い方ができます。 もうひとつは短期間での利用を想定している場合です。旅行先での通信や、引っ越しで固定回線の工事が終わるまでの代用などに利用できます。

モバイルルーターとセットで購入できる人気の格安SIM2選

格安SIMフリー素材 スマホ 携帯 スマートホン スマートフォン iphone android

格安SIMの中にはモバイルルーターとのセット販売を提供している場合があります端末をそのまま購入するよりも安く入手できるため、積極的に利用するのがおすすめです。以下ではセット購入が可能な人気の格安SIMを2つ紹介していきます。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE canvaロゴ

OCNモバイルONEはドコモ回線の格安SIMです。 モバイルルーターは「AirCard 797」のみセット購入が可能。4GLTE回線に対応したSIMフリー版のモバイルルーターで、公式ストアから端末単体でも購入できます。 データ通信専用SIMは3GBで月々858円から利用可能。 OCN 光サービスを利用しているなら「OCN光モバイル割」が適用でき、月額利用料金を220円安く利用可能です。すでにOCNの光回線を契約している人に強くおすすめできます。 また「MUSICカウントフリー機能」も魅力的なポイント。Amazon MusicやSpotifyなどの音楽系サービスで通信容量が消費されません。申し込みすれば追加料金無しで利用可能ですよ。

OCNモバイル「新プラン」
通信容量 データ通信専用SIM
月額料金
(税込)
3GB 858円
6GB 1,188円
10GB 1,628円

※表は横にスクロール可能
※この情報は6月3日時点のものです。

mineo(マイネオ)

mineo 手書きロゴ

mineoは大手3キャリアすべての回線が使用可能な格安SIMです。 4G通信対応のモバイルルーターが2種類販売されており、分割払いもできます。データ通信専用のシングルタイプSIMは、1GBで月額880円から利用可能です。 お試し用の200MBで月額330円のコースも提供されています。また無料で使える「パケットギフト機能」は、他のmineoユーザーに通信容量をプレゼント可能。家族や友人にmineoユーザーが居る場合におすすめの格安SIMです。 ほかにも月額385円のパケット放題を利用すれば、通信速度が最大500kbpsに制限される代わりにデータ容量を消費せず通信できます。mineoのマイページにあるmineoスイッチから機能のオンオフをいつでも切り替えられるため、データ容量を無駄なく使用可能です。 総じて便利なサービスが揃っており、痒いところに手が届くSIMと言えます。

mineo「マイピタ」
通信容量 データSIM
月額料金
(税込)
1GB 880円
5GB 1,265円
10GB 1,705円
20GB 1,925円

※表は横にスクロール可能
※この情報は6月3日時点のものです。

今人気のSIMフリーモバイルルーターを紹介!

格安SIMとモバイルルーターのセット購入は、選べる機種が少ないことがデメリットです。 「もっといろんなルーターを見たい!」という人はSIMフリー版のモバイルルーターと、格安SIMを別々に購入するのがおすすめです。 以下ではおすすめのSIMフリー版モバイルルーターを紹介していきます。

NEC 「Aterm MP02LN PA-MP02LN-SW」

NECプラットフォームズ Aterm モバイルルーター

NEC製の「Aterm MP02LN PA-MP02LN-SW」は、幅約5cm×高さ約1.2cm×奥行き約9.1cmのコンパクトなサイズ感が特徴です。 重量も71gと軽量で、持ち運びに適しています。LTE使用時の下り最大速度は150Mbps程度。 約2.5時間の充電で、約10時間の通信が可能です。「LTEオート接続機能」を搭載しており、SIMカードを挿入すれば必要な設定を自動でしてくれます。鞄の中でかさばらない製品が欲しい人や、設定の手間を省きたい人におすすめです。

富士ソフト 「+F FS030W FS030WMB1」

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

富士ソフトの「+F FS030W FS030WMB1」は長い稼働時間が特徴の製品です。 接続方式はWi-Fiとbluetoothの2種類に対応しており、bluetooth接続なら約24時間の通信ができます。 接続可能台数が15台と多いのもポイント。別途「+F FS030W 専用クレードル」を購入すればLANケーブルの接続も可能で、パソコンに有線で接続できます。自宅での使用を想定している人や、できるだけ長時間持ち運べる製品が欲しい人におすすめです。

安定した通信が欲しい人はこちらの記事もチェック

「格安SIMは通信がやっぱり不安……」という人は大手のモバイルルーターをチェックするのがおすすめです。 以下の記事ではWiMAXのおすすめプロバイダを紹介しているので是非チェックしてみてください。

格安SIMでモバイルルーターをお得に利用しよう!

格安SIMでモバイルルーターを使用する場合の大きなメリットは料金の安さです。しかし通信速度が遅い難点があるため、高速な通信環境を整えるのには向きません。 通信速度よりも料金の安さを優先したい場合に向いています。この記事を参考に、より安くモバイルルーターを使用する方法を模索してみてください。