2021年12月3日更新

【2021年12月】漫画村の代わりに無料で漫画を読める後継サイトを総まとめ!

漫画村の代わり

漫画村の代わりに無料で漫画を楽しめる後継サイト一覧

「無料で漫画が読めるサイト」として、インターネット上で一時期話題になっていた漫画村。 現在は漫画村は閉鎖されましたが、この他に無料で漫画が読めるサイトはあるのでしょうか。また、そういったサイトは漫画村と同様に違法ではないのでしょうか。 先に結論から言うと、漫画村の代わりとして、海賊版を扱った違法サイトを利用すべきではありません。というのも、2021年に著作権法の改正が行われ、漫画違法サイトは利用者も罪に問われる可能性が出てきました。自らの将来のために、違法サイトの利用は避けるべきです。 「それでも無料で漫画を読みたい……!」そんな人におすすめなのが公式の電子書籍サービスです。

吹き出し アイコン

でも、電子書籍って有料でしょ?

実は近年、電子書籍サービスではユーザーを増やすために、無料で読める作品数をどんどん増やしているんです。 実際に、以下の表は電子書籍サービスの無料作品数をまとめたもの。どのサービスもかなり多くの無料作品があることが分かります。

電子書籍サービスの無料作品数
おすすめ
順位
サービス名 無料漫画
1位 コミックシーモア 13,000冊
2位 まんが王国 3,000冊
3位 ebookjapan 5,000冊
4位 ブックライブ 16,000冊
5位 Amebaマンガ 4,000冊

※ここまでの情報は12月3日時点のものです。
※おすすめ順位に関しては記事後半で解説します。

特にコミックシーモアブックライブは1万冊以上が無料。読み切るには数年かかる量ですよね。 また無料で読める作品数はやや少なくなりますが、漫画アプリでも漫画を無料で読むことができます。過去の人気作品の中には全巻無料で読めるものも。どのアプリも無料でダウンロードできるので、まずは1度試してみてください!

1位 マンガUP
配信されているスクエニ作品が基本全て無料!
2位 ゼロコミ
2,200タイトルが全話無料
3位 マンガワン
初回DLで50話分ライフゲット
4位 マンガBANG!
1日に無料で読める話数が最多!
5位 マンガMee
人気の名作少女漫画がズラリ

漫画村の後継サイトを徹底調査!

吹き出し アイコン

まずは漫画村の後継サイトを調査してみました!

ここからは漫画村に似た作りの違法サイトである「後継サイト」の現状を見ていきましょう。以下の5つが見つかりました。

漫画村の後継サイト

  1. 星のロミ
  2. 漫画村.club
  3. 漫画塔
  4. 漫画タウン
  5. 漫画BANK

漫画村の後継サイト1:星のロミ

星のロミ

1つ目に紹介する後継サイト「星のロミ」は、漫画村の運営者である星野路美(ほしのろみ)が作成した漫画村のコピーサイトです。 漫画村が閉鎖された後、2019年に入ってから開設され、星野路美当人によって運営されていたとみられていますが、星野の逮捕によって現在は閉鎖されています。 現在でも隠しURLが残っており、それにアクセスすることでまだ利用することができる、という噂が拡散されていましたが、実際に調べたところそれに当たるサイトは2021年12月現在見つかりませんでした。 一部では、こうした隠しURLを有料で教えると偽り、対価として電子マネーを要求するなどといった行為も散見されましたが、これらは確実に詐欺行為です。金銭を支払うことでURLを教えてもらえることもなければ、「騙し取られた」と訴えを起こすにしても「違法な漫画サイトを利用しようとした」と自分から吹聴するということになります。 どう転んでも得にはならないため、こうした詐欺には絶対に関わらないようにしましょう。

結論 「星のロミ」は既に閉鎖していた

漫画村の後継サイト2:漫画村.club

漫画村.clubは、漫画村の後継として作られたと言われているサイトです。漫画村.clubも2021年12月現在、閉鎖されているようです。 同時期に乱立したサイトとの関連性については不明ですが、サイトの作り自体があまり注力されたものでない稚拙なものであることをはじめとして不審な点が多いサイトでした。 広告の存在や外部サイトへのリンクの多さ、サイト移行に際しての複数のサーバーを経由していると思われる挙動や隠しURLの埋設など、他の違法サイト以上の手口を用意していたようです。 当時から危険性の高いサイトだと言われ、漫画村と比較して作品数も少ないことなどから利用者の中でも避ける動きがあったと言われる程です。 現在は閉鎖され、URLを辿る、検索するなどしても利用はできません。

結論 「漫画村.club」は既に閉鎖していた

漫画村の後継サイト3:漫画塔

漫画村閉鎖からほどなくして作られた漫画サイトが漫画塔(タワー)です。 公式Twitterなどで自らのことを漫画村の後継と名乗り、漫画村と同様に多数の漫画が既にアップロードされていました。 サイトの構成やビューワーの仕様の違いから別の人物などによる便乗サイトであるとの可能性も疑われていましたが、関連性については分かっていません。 こちらはネットメディアなどが記事として取り上げたことですぐに大きな話題となり、Yahoo!ニュースなどでも取り上げられることですぐに世間の注目を浴びることとなりました。 その影響もあってサイトはすぐに閲覧できなくなり、最終的には、公式Twitterやソースコードの文字化けの解析などに「永久閉鎖された」との文字を残してサイトが自主的に完全閉鎖されています。

結論 「漫画塔」は既に閉鎖していた

漫画村の後継サイト4:漫画タウン

4つ目に紹介する漫画村の後継サイトは漫画タウン。 漫画村の閉鎖と同時期に現れたことや名前の類似性などから、漫画村の後継サイトとして話題になっていました。 利用には会員登録が必要であったという情報もあり、個人情報の抜き取りなどについてはより悪質なシステムがあったとみられています。 時期の一致などからこちらの運営者も漫画村と同様ではないかと推測され、Twitterの公式アカウントではブロッキングなどの政府の手法やマスコミの広報に対して冷笑的な主張をする様子もあったようです。 サイト自体は本格始動する前に閉鎖されることとなりましたが、さらにこのサイトの後発として、漫画カントリー、漫画シティ、など様々な違法漫画サイトが一時期乱立していたというの噂の温床にもなりました。

結論 「漫画タウン」は既に閉鎖していた

漫画村の後継サイト5:漫画BANK

最後に紹介する漫画村の後継サイトが漫画BANK(バンク)。 2021年もっとも話題になった海賊版サイトでしたが、2021年11月、漫画BANKにアクセスすると「サーバの維持費用の都合で、このWebサイトは閉鎖されました」と書かれてあり、見ることができなくなってしまいました。 これまでも数度、一時的に見れなくなることはありましたが、見れない期間の長さや、わざわざトップページに閉鎖の理由を書いてあることから、今回は完全に閉鎖されたと言われています。 集英社が漫画BANKの訴訟を準備し始めたことが閉鎖の理由ではないかと言われており、運営者の特定を避けるために閉鎖したものと考えられます。 その後、「Combayとして復活した」と一時的に話題になりましたが、こちらも2021年12月3日現在、見られなくなっています。

結論 「漫画BANK」は既に閉鎖していた

漫画バンクの最新情報は
こちらの記事をチェック

【結論】後継サイトは閉鎖されていた

漫画村の後継サイト

  1. 星のロミ→閉鎖
  2. 漫画村.club→閉鎖
  3. 漫画塔→閉鎖
  4. 漫画タウン→閉鎖
  5. 漫画BANK→閉鎖

上記5つの漫画村の後継サイトは2021年12月現在、全て閉鎖されていることがわかりました。 今後新たな漫画村の後継サイトが生まれる可能性はありますが、そういったサイトを使うことはおすすめできません。

吹き出し アイコン

どうして違法サイトは使っちゃだめなのさ

違法サイトをおすすめしない理由は使うことで逮捕される可能性があることと、ウイルスなどに感染する危険性があることが挙げられます。 次の見出しで詳しく見ていきましょう。

違法漫画サイトの違法性【見るだけでも捕まる?】

違法 ダウンロード フリー画像

ここからは漫画村を始めとする違法サイトの違法性・危険性はあるのか、くわしく見ていきましょう。まずは違法漫画サイトの違法性についてです。

結論から言うと、違法漫画サイトは運営側はもちろん、利用者側にも違法となるリスクが存在します。運営側、利用者側それぞれの違法性を見ていきます。

運営者側の違法性

まず運営者側は、自分以外が制作した著作物を本人の許可なくインターネット上にアップロードする行為が法律違反に相当します。 具体的な罰の内容として、違法なアップロードについては、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金、またはその両方が科せられます。 以前は音楽や映像が取り締まりの中心となっていましたが、2021年1月から、音楽や映像だけでなく、漫画、小説、写真、ゲームなどのコンピュータープログラムなども含めたすべての著作物が対象となりました。

利用者(ユーザー)側の違法性

以前までは利用者を取り締まる法律はありませんでしたが、2021年1月より、違法にアップロードされた著作物をダウンロードすることが違法となりました。 つまり漫画村のような違法サイトの運営者だけでなく、ユーザーも逮捕される可能性が出てきたわけです。 具体的な刑事罰として、2年以下の懲役または200万円以下の罰金、またはその両方が科せられるようになっています。 「利用しただけなら逮捕されない」と解釈する人がいるかもしれませんが、漫画を大きく表示するなどプレビューの為にタップし画像を開こうとしてダウンロードしてしまった場合にも違法となります。 リスクの大きさから考えれば、今後違法サイトを利用することは避けるべきだといえるでしょう。

違法漫画サイトの危険性【ウイルス感染って本当?】

セキュリティー パソコン プライバシー

次に違法漫画サイトの危険性を見ていきましょう。以下の2点が挙げられます。

違法漫画サイトの危険性

  1. ウイルス感染で個人情報が流出する
  2. 「マイニングスクリプト」でスマホやPCに負荷がかかる

危険性1:ウイルス感染で個人情報が流出

違法漫画サイトの1つ目の危険性はコンピューターウイルスに感染する可能性が高いことです。 違法漫画サイトを開くと、「ウイルスに感染しています」というポップアップが出ることがあります。 この時点ではウイルスに感染した訳ではありませんが、このポップアップをタップするなどするとウイルスが紛れ込んだアプリなどをダウンロードさせられます。 これはあくまで手口の一例ですが、違法漫画サイトにはこうした様々な巧妙な手口によって利用者にウイルスを感染させようとする仕組みが存在しています。 ウイルスに感染すると、端末に保存されている個人情報や電話帳、位置情報などが抜き取られる危険性があるのはもちろん、最悪の場合は端末上のデータが勝手に消去されるプログラムが破壊され機能しなくなる、といったこともありえます。

危険性2:「マイニングスクリプト」でスマホやPCに負荷がかかる

2つ目の危険性は「マイニングスプリクト」というプログラムが埋め込まれている可能性があることです。 これは利用者がサイトを開いている間、使用している端末を勝手にマイニング(仮想通貨の新規発行)に利用するという機能です。漫画村にも仕込まれていたことが最近判明して話題になりました。 こうしたスクリプトが勝手に稼働すると、スマホやPCなどの端末やその中の部品にかなりの負担がかかってしまいます。 PCやスマホを動かしている、いわば脳にあたる部品であるCPUがマイニングの稼働に占有され、他のアプリを開けなくなるといった弊害が起こります。 長期的には、こうした過度な負担によって端末そのものの寿命が大幅に削られてしまうことも……。もちろん、この機能で生成された仮想通貨は運営側に利用されるだけで、端末の使用者には一切還元されることはありません。

これからも漫画を楽しむためにも……

長期的な目で見たとき、今後も漫画などのコンテンツを楽しむためにも、違法漫画サイトは使うべきではありません。 漫画村による被害総額は約3,000億円にのぼるとされています。これは本来出版社やクリエイターに還元されるはずだった金額であり、端的に言えば業界全体でこれだけの収入を得ることができなかったとも言い換えられます。 このような事態が続けば、利益が出なくなった雑誌が廃刊になり多くの漫画が打ち切りになる、あるいは漫画家が満足な収入を得られず自主的に活動を止めてしまう、といったこともあり得るでしょう。 漫画が失われれば、損をするのは読者とクリエイターの両者。これからも漫画を楽しむためにも違法漫画サイトを使わないことが賢い消費の形なのではないでしょうか。

漫画村の代わりに無料で漫画を読める全サイトはこれ!

1つ ポイント 格安SIMフリー素材

それではここから漫画村の代わりに無料で安全に漫画を読めるサイトを紹介していきます。 おすすめの電子書籍サービスをまとめたものが以下の表です。

無料で漫画が読めるおすすめサイト
サービス名 無料で読める作品数 おすすめポイント
コミックシーモア 13000 1巻丸ごと無料の漫画が多い
まんが王国 3000 毎日ポイント還元を実施
ebookjapan 5000 どんな漫画でも見つかる
ブックライブ 16000 会員登録で50%OFFクーポン
Amebaマンガ 4000 初回100冊半額クーポン
BOOK WALKER 3000 ラノベも多い!
ブック放題 0 読み放題プランで漫画が読める

※ここまでの情報は12月3日時点のものです。

また、「漫画アプリ」でも無料で漫画を楽しむことができます。おすすめの漫画アプリとしては以下が挙げられます。

無料で漫画が読めるおすすめアプリ
サービス名 無料で読める作品数
マンガUP 100タイトル
ゼロコミ 2,200タイトル
マンガワン 100タイトル
マンガBANG! 80タイトル
マンガMee 非公開

※ここまでの情報は12月3日時点のものです。

【漫画村の代わりに使える】電子書籍サイトおすすめランキング

漫画村の代わりに漫画を無料で読めるサイトのおすすめランキングは以下のようになっています!

電子書籍サイトおすすめランキング

  • 1位:コミックシーモア
  • 2位:まんが王国
  • 3位:ebookjapan

それぞれの詳細を見ていきましょう。

1位:コミックシーモア

迷ったらこれ!品揃え・お得感・機能性のバランスが最高

おすすめポイント

  • 無料で読める作品が多い
  • 安心のネームバリュー
  • 個別購入と読み放題を選べる

注意点

  • ビジネス書は少なめ

ジャンル別取り扱い数

少年漫画 青年漫画 少女漫画 女性漫画 BL漫画 TL漫画 成人漫画 ラノベ 小説 ビジネス書 雑誌 写真集
10,000 25,000 15,000 22,000 35,000 22,000 4,300 50,000 174,000 40,000 32,000 24,000

※単位:冊

漫画村の代わりの電子書籍サービスとして最もおすすめなのがコミックシーモアです。

コミックシーモアは作品ラインナップ・お得感・機能性など全てがバランスよく揃った電子書籍サービス。老舗で安心感もあるので、電子書籍を初めて使う場合や、迷ったときにはコミックシーモアを選んでまず間違いないでしょう。

無料で読める作品数は業界屈指の約1万4000冊。マイナー作品だけでなく、有名作品も一部無料で読むことができます。また通常購入だけでなく、月額制の読み放題プランやレンタルプランもあるので自分にあった方法で漫画ライフを楽しむことができます。

ただし、ビジネス書の取り扱いが少ない点には注意が必要です。

2位:まんが王国

お得感No.1の電子書籍サービス

おすすめポイント

  • 最大50%のポイント還元がかなりお得!
  • 毎日参加できるキャンペーンが多い

注意点

  • マイナー作品は少なめ

漫画村の代わりに使えるおすすめサービス2つ目がまんが王国です。

まんが王国はお得感の強い電子書籍サービス。最大50%のポイント還元機能が特に強みで、ポイントを購入・使用するたびにポイントバックを受けることができます。

サイトを訪れることで毎日貰えるポイントや、クーポンがもらえるおみくじなど小さなキャンペーンも多く、お得に漫画を読みたい人におすすめのサービスです。

ただし、マイナー作品のラインナップが少なめなのが難点。有名作品を中心に楽しみたい人にまんが王国はおすすめです。

ジャンル別作品数

少年漫画 青年漫画 少女漫画 女性漫画 BL漫画 TL漫画 成人漫画 ラノベ 小説 ビジネス書 雑誌 写真集
9,000 18,000 14,000 21,000 17,000 13,000 18,000 - - - - -

※単位:冊

3位:ebookjapan

使いやすい!機能性が魅力の電子書籍サービス

おすすめポイント

  • 初回特典で50%オフクーポンが6枚貰える
  • 背表紙表示機能が魅力
  • PayPay還元が嬉しい

注意点

  • ビジネス書・雑誌は少なめ

漫画村の代わりにおすすめのサービス、3つ目はebookjapanです。

ebookjapanは機能性が高い電子書籍サービス。シンプルで使いやすいホーム画面や、制度が高い検索機能などが評価されています。また購入した作品を背表紙で並べられる「本棚機能」は唯一の魅力。

さらに、PayPayで支払うとボーナスポイントが返ってくるキャンペーンも曜日ごとに開催しているので、PayPay派の人にもおすすめのサービスです。

ただし、ビジネス書や雑誌の取り扱いは少ないので注意してくださいね。

ジャンル別取り扱い数

少年漫画 青年漫画 少女漫画 女性漫画 BL漫画 TL漫画 成人漫画 ラノベ 小説 ビジネス書 雑誌 写真集
10,000 20,000 17,000 10,000 20,000 17,000 1,600 14,000 33,000 30,000 14,000 10,000

※単位:冊

【漫画村の代わりに使える】漫画アプリおすすめランキング

1位:マンガUP

初回特典 無料漫画件数 各作品の確定無料話数/1日
50話分ライフ 100件以上 なし

おすすめポイント

  • スクエニの名作や最新作が読める
  • 全巻まとめ読みコーナーあり

注意点

  • 作品によって読める量に差がある
  • 課金しても24時間の閲覧制限がつく
得意なジャンル
  • 青年漫画

マンガUP!は、スクウェア・エニックスが配信する公式漫画アプリ。スクウェア・エニックス刊行の漫画雑誌『月刊少年ガンガン』などの作品を基本全て無料で読むことができます。 アプリオリジナルの作品も多くラインナップされているので、スクエニ作品が好きな人におすすめです。

無料でどのくらい読める?

マンガUP!で読める1日の無料話数

  • 1日8話分のポイントチャージ
  • 広告の視聴で1日約1話分ポイント

マンガUPでは、毎日8時と20時にそれぞれ4話分の「マンガポイント」が付与されます。そのポイントを利用することで毎日8話ずつ作品を読み進めることができますよ。さらに、それとは別に1日1回広告を見ることで、30ポイント(約1話分)が追加で加算されます。 マンガUPの最大の特徴は基本的にすべての作品が時間をかければ無料で読めてしまうこと!通常の漫画アプリでは大抵の作品は課金しないと読めず、一部作品が無料、という形になっていますが、マンガUPはすべての作品を無料で読むことができます。 また初回ダウンロード後は25話分のポイントが付与されるため、一気に読み進められるところが魅力です。

スクエニの名作や最新作が読める

マンガUP!はスクウェア・エニックスが運営するサービスであるため、スクエニが提供するすべての雑誌レーベルで連載中の作品が掲載されています。 連載中の作品だけでなく過去の名作も掲載されているため、スクエニの作品が好きな場合は魅力的なサービスです。 最近人気の異世界転生モノなども取り扱いが多いので、要チェックです!

全巻まとめ読みコーナーで一気読み!

マンガUPはは全巻まとめ読みコーナーも人気。全巻まとめ読みコーナーは1話から最終話までが期間限定で公開されている「期間限定」と、1話から最終話までいつでも読むことができる「連載完結作品」の2つに分かれています。 もちろんどちらも一気読みできるのが魅力なので、好みの作品があればどんどん読みましょう。

2位:ゼロコミ(旧:マンガZERO)

初回特典 無料漫画件数 各作品の確定無料話数/1日
1巻無料 1,600件以上 3話
(一部例外あり)

おすすめポイント

  • ほぼ全作品に試し読みあり
  • 30代に懐かしい青年漫画の数々

注意点

  • 1話ごとの広告量が多い
  • 中盤以降は有料のみの作品も
得意なジャンル
  • 青年・なろう系漫画

ゼロコミは株式会社Nagisaが運営する漫画アプリ。700万DLを突破した人気のアプリです。 以前はマンガZEROという名前の青年漫画に特化したサービスでしたが、2018年のリニューアルされ、少年漫画や少女漫画も取り扱われるようになりました。 オールジャンル取り扱っていますが、ひきつづき青年漫画には強みがあるほか、コミックライドのなろう系漫画も多く揃っています。

無料でどのくらい読める?

ゼロコミで読める1日の無料話数

  • 各作品冒頭1〜3話
  • 1日8話分のチケットチャージ
  • 広告の視聴で5話分のチケット獲得

ゼロコミでは、多くの作品で冒頭の1〜3話が無料配信されています。また、毎日8時と20時に4枚ずつ1話無料チケットがもらえるので、合わせて1日に8話無料で読むことが可能です。 ただし、チケットは4枚までしか持てない仕様になっているので、毎日8話読むためには次回チャージの時間までにチケットを使い切っている必要があることに注意しましょう。 その他にも、広告視聴することで5話分のチケットを追加でもらえます。これも使えば、1日に最大13話無料で読み進めることが出来ますよ。

30代は特に懐かしい!名作漫画が豊富に読める

ゼロコミは特に30代以降の大人をターゲットにした青年漫画が豊富で、昔懐かしい作品に多く出会うことができます。 『静かなるドン』を始め、『ドラゴン桜』『ミナミの帝王』といった、他サービスでは見られない名作も配信されており、他のアプリと兼用する人も満足することが出来ます。 大人向けのディープな漫画好きには特におすすめしたいアプリです。

3位:マンガワン

初回特典 無料漫画件数 各作品の確定無料話数/1日
50話分ライフ 100件以上 なし

おすすめポイント

  • 初回DLで50話分ライフゲット
  • 小学館の人気作品が読める
  • ラインナップの豊富さはトップクラス

注意点

  • 1巻丸ごと無料などはない
  • 漫画に公開期限があることも
得意なジャンル
  • 青年漫画

マンガワンは、小学館が運営する無料の人気マンガアプリ。累計2,000万ダウンロードを突破しています。 期間限定の無料作品も充実しているので、小学館のマンガが好きな人は入れておきたいアプリです。

無料でどのくらい読める?

マンガワンで読める1日の無料話数

  • 1日8話分のポイントチャージ

マンガワンでは毎日9時と21時に4つずつ回復するライフを使うことで、1日に最大8話まで読むことができます。 このライフは次の回復時間まで持ち越せないので、必ず9時と21時までに毎回4話分使い切るようにしましょう。 さらになんと初回登録の場合には、最初に50話無料で読めるライフが付与されるため、気になっている作品がある人はぜひこのライフを利用して読み進めることをおすすめします。

小学館や裏サンデーの作品多数

本サービスは小学館が運営するアプリであるということもあり、小学館や裏サンデーの作品も無料で読むことができます。 2021年12月現在人気作品である『ケンガンアシュラ』や『今際の国のアリス』などは全巻一気対象作品になっているため、チケットを使わずに無料で読めるのも嬉しいですよね。

オリジナル作品にも注力

マンガワンではオリジナル作品にも注力しており、人気オリジナル漫画の『モブサイコ100』も過去にアニメ化を果たしています。 また2021年12月現在も連載されている人気作品『プロミス・シンデレラ』も裏サンデーとマンガワンのオリジナル作品。 なんと2021年夏には豪華キャストによる実写ドラマ化されたことでも話題になりました。

4位:マンガBANG!

初回特典 無料漫画件数 各作品の確定無料話数/1日
なし 80タイトル以上 5話

おすすめポイント

  • 国内最大級の人気アプリ
  • 1日に読める無料話数が多い
  • ラインナップが豊富

注意点

  • メダルに使用期限がある
  • 最新作が比較的少ない
得意なジャンル
  • 青年漫画

「マンガBANG!」は、累計2000万ダウンロードを突破した日本最大級の漫画アプリ 運営元のAmaziaが出版社ではないため、多くの出版社の作品を読めるのが特徴。『金色のガッシュ!!』や「ウロボロス」、「刃牙」シリーズなどの人気作もラインナップされています。

無料でどのくらい読める?

マンガBANG!で読める1日の無料話数

  • 広告視聴などで各作品1日5話
  • 1日8話分のポイントチャージ

マンガBANG!の1日に無料で読める話数は漫画アプリとしては最多! 広告を見ることで対象作品が1日5話無料で読めるほか、毎日7時と19時に4話ずつ、合わせて1日で8話無料で読める作品も。1日に合計13話も無料で読める非常に太っ腹なアプリです。 どちらも対象作品は限られていますが、『金色のガッシュ!!』や、『エリアの騎士』、『賭博堕天録カイジ』など、少し前の人気作品が多くラインナップされています。

ラインナップが充実

マンガBANG!の無料作品数は1,000作品以上もあります。新旧問わず多くの作品がラインナップされているので、全てを読み切るのはなかなか難しいでしょう。 中でも青年漫画のラインナップは優れていて、「カイジ」シリーズや、『ザ・ファブル』、『ぼくは麻理のなか』など有名作が取り揃えられています。 ぜひ一度ダウンロードして、気になる作品が無料配信されていないかチェックしてみてください。「これも無料なのか!」と驚くかも知れません。

5位:マンガMee

初回特典 無料漫画件数 各作品の確定無料話数/1日
15話分ポイント 非公開 1話

おすすめポイント

  • 人気の名作少女漫画がズラリ
  • 集英社の漫画雑誌を定期購読

注意点

  • 作品を読んだ後の広告が多い
  • 一気に読めない作品が多い
得意なジャンル
  • 少女・女性漫画

マンガMeeは、集英社公式の女性向け漫画アプリです。公式のため、雑誌で配信された作品も素早く・高頻度で配信されるのが嬉しいポイント。 「集英社の少女漫画が読みたい!」という人には、特におすすめです。なおこのサービスは初回申込時に限り、初月無料で利用できますよ。

無料でどのくらい読める?

マンガMeeで読める1日の無料話数

  • 各作品1日1話
  • 広告の視聴で1話分のコイン獲得

本サービスでは23時間で1枚回復するチケットを使うことで、1日1話ずつではありますが無料で配信作品を読むことができます。 さらに広告を見ることで手に入るボーナスコインを利用すると、追加で1話分楽しめるのも嬉しいポイント。 一気読みなどはできませんが、コツコツ続けることで最終的にはまるまる1巻無料で読めます。

人気の名作少女漫画がズラリ

マンガMeeは少女漫画を中心とした漫画アプリのため、『りぼん』や『マーガレット』の掲載作品をはじめとする集英社の少女漫画を存分に楽しむことができます。 他のアプリにはない歴代の名作やアニメ化・実写化された話題作なども揃っているため、漫画の中でも特に少女漫画をよく読むという人にぜひ登録してほしいサービスです。

有名漫画雑誌の定期購読も

本サービス内では、有名漫画雑誌の定期購読をすることもできます。電子版の漫画雑誌をアプリ内で定期購入すると、雑誌の発売日に最新号が自動配信されます。 アプリだと毎月購入しても場所をとらないため、日頃から漫画雑誌を読んでいる場合は便利ですよね。

漫画村が閉鎖されるまでの経緯

「そもそも漫画村ってなんで閉鎖されたんだっけ?」という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。漫画村が解説されてから閉鎖されるまでの経緯をおさらいしましょう。

2016年 漫画村が解説される
2017年 出版社が漫画村を告訴
2018年 漫画村が閉鎖される
2019年 漫画村の運営者が逮捕

2016年1月:漫画村解説

漫画村が開設されたのは2016年1月頃。開設以後、口コミやSNSなどでその存在は徐々に広まっていきました。 「無料で漫画が読める」という謳い文句がインターネット上で広まることで漫画そのものの売上にも影響が大きくなり、次第に漫画業界にとっても無視できない存在になっていきました。

2017年:出版社が漫画村を告訴

この事態を重く見た、集英社を含む複数の出版社が翌年の2017年5月に被害を相談するとともに、著作権法違反であるとして告訴を行いました。 これに対して漫画村の運営者は、漫画村の有料プランを発表するなど、挑発的な態度を取ります。

2018年4月 漫画村閉鎖

様々な対策が議論されましたが、2018年4月頃、政府はインターネット接続業者に対して、漫画村を含む海賊版サイトへの接続を遮断することを要請。 これらの行動の影響か2018年4月、漫画村は閉鎖されます。

2019年 運営者が逮捕される

その直後、5月にフィリピンへと出国した漫画村の運営者の星野路美(ほしのろみ)容疑者は2019年7月に拘束され、国内で漫画の取り込み・アップロードに関係していた男女合計3名とともに逮捕されました。 こうしてサイト運営を行っていた容疑者が逮捕されたことで、改めて漫画村とその後継サイトのすべてが完全閉鎖されるに至ったのです。

漫画村の復活はあり得るのか

まずサイトを運営していた管理人である星野容疑者が逮捕されたため、漫画村そのものが今後復活する可能性はありません。 しかし類似した無料漫画サイトは漫画村に続く形で今に至っても出てきています。 こうしたサイトは、開設してしばらくした頃に発見され、規制されたり自主的な閉鎖に追い込まれる、といういたちごっこが続いている状態です。しかし、そういった違法サイトの取り締まりは年々厳しくなっています。 近年ではデジタル庁が設立され、今後はインターネット上での犯罪の取り締まりがより厳しくなることが予想される上に、無料漫画サイト自体への世間の風当たりも強まる一方です。 今後新たなサイトが出てきても、この記事で紹介したようなサイトと同様に閉鎖される可能性が高いでしょう。そして、ゆくゆくは無料漫画サイトという存在自体が駆逐されていくと予想されます。

漫画村の代わりに漫画を無料で読めるサイトまとめ

漫画村をはじめとする違法漫画サイトは、利用者や漫画業界に多大な悪影響を与えながら提供されているものです。 無料で漫画を楽しみたい、という需要があるのもわかりますが、そうした行為は好きな作品そのものを貶めることにもつながります。 出版社などが公式に提供している漫画アプリやサイトなどを利用し、正しい形でコンテンツを楽しみましょう!

電子書籍サービスの無料作品数
おすすめ
順位
サービス名 無料漫画
1位 コミックシーモア 13,000冊
2位 まんが王国 3,000冊
3位 ebookjapan 5,000冊
4位 ブックライブ 16,000冊
5位 Amebaマンガ 4,000冊

※ここまでの情報は12月3日時点のものです。