2021年6月17日更新

【2021年版】おすすめ漫画アプリランキングを編集部が選出!少年漫画・大人向け作品などジャンルごとにも比較

アプリ

数が多すぎて、一体どれをインストールすればよいのか迷ってしまう「漫画アプリ」。あなたが読みたいのは少年漫画?それとも少女漫画?それともちょっと大人でムフフな漫画……?この記事では数多くの漫画アプリを、ジャンルごと徹底解説します!

無料で読めるおすすめ漫画アプリをランキング【読み放題アプリあり】

今は漫画もスマホ・パソコンなど電子端末で読む時代。様々な漫画を無料で手軽に楽しめるので、幅広い年代の人に親しまれています。 しかし漫画アプリごとに、特徴・メリット・デメリットも様々。オリジナルコンテンツに力を入れているもの・無料で読める範囲が広いもの・課金推奨なものなど、個々のアプリによって特徴が分かれています そのため「結局、一体どのマンガアプリを入れれば良いの!?」なんて迷ってしまう人も多いでしょう。今回はそんな人のために、ciatr編集部がランキング付け!さらにカテゴリーや作品の充実度など、それぞれのマンガアプリの特徴を紹介します!

おすすめ漫画アプリの総合ランキングを知りたい人はこちら

【漫画アプリの選び方】3つの比較ポイント

アプリ

たくさんの漫画アプリが存在していますが、結局どのアプリを利用すれば良いのでしょうか?ここでは漫画アプリの選び方を3点解説します。

【選び方1】読みたい漫画のジャンルで選ぶ

アプリ

ひとくちに「漫画」と言っても、少年漫画・サスペンス物・大人向け・少女漫画などジャンルは様々。 そして「漫画アプリ」の中には、特定のジャンルを濃く扱っているモノがあります。読みたいジャンルが決まっている人は、そのカテゴリーに特化したアプリをインストールするのがおすすめ。例えば漫画アプリの「少年ジャンプ+」などは、その名の通り『週刊少年少年ジャンプ』系列の有名漫画が多数閲覧できます。 もちろんジャンル問わず幅広い作品を揃えているアプリもあるので、自分に合ったアプリを複数個ダウンロードしておきましょう!

【選び方2】アプリの配信作品数で選ぶ

漫画アプリを選ぶ時は、そのアプリにどれだけの多くの作品が掲載されているかも重要なポイントです。 作品数が多ければ多いほど、自分が面白いと思う漫画の数も多くなるでしょう。中には40万冊以上の漫画が読めるアプリもあるので「たくさんの漫画が読みたいけど、アプリをたくさんは入れたくない……」という人は作品数の多い漫画アプリがおすすめ。 ただし作品数は多くなくても、特定のニッチなジャンルを濃〜く扱っているアプリもあります!「少年漫画特化で漫画を読みたい」「BL・TLに特化したアプリがほしい」「たくさんの青年漫画を読破したい」という人は、作品数だけでなくカテゴリーごとの作品数も要チェックです。

【選び方3】“完全無料”か“課金あり”どちらを選ぶ

多くの漫画アプリは無料でインストールできますが、「漫画の閲覧」に制限が付いているものが大半です。 多くの場合、無料のチケットが配布されてチケットの数だけ読める仕組みや、各曜日で決まった作品やページが配信される仕組みを取っています。そのため手軽に読むことができますが、「無料で、1日以内に読破したい」なんてことはできないアプリがほとんどです。 一方有料アプリは「定額で漫画が読み放題」だったり、「課金した分だけ読み進められる」というシステムが多いので、1日にたくさんの漫画を読むことができます。 休憩時間や通勤中などに少しだけ漫画が読みたい人は無料アプリを、お金を払ってもガッツリ漫画が読みたい人は有料のアプリ・課金がおすすめです。

【決定版】絶対に入れておきたい!総合的におすすめマンガアプリTOP5

1位 LINEマンガ
マンガアプリ界最強の配信数&幅広いジャンルをカバー!
2位 マンガワン
とにかく配信作品が面白い!全年代におすすめできる神アプリ
3位 めちゃコミックの毎日連載マンガアプリ
ユーザーのニーズに真摯に答える!UX追及の鬼
4位 マンガBANG!
メディア化&名作漫画が毎日8話読めるお得感
5位 ゼロコミ(旧:マンガZERO)
青年漫画アプリから大変身!オールラウンドに配信中

①幅広いジャンルをカバーしている ②配信作品数が多い ③無料で読める作品が多い 上記3つの観点から総合的におすすめできる漫画アプリをciatr編集部がセレクト!あなたの好みやライフスタイルに合わせてお気に入りのアプリをダウンロードしましょう。 それでは第1位から順に各アプリを紹介していきます。

第1位:LINEマンガ

サービス名 LINEマンガ
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ダウンロード数3000万以上
②250以上の出版社から44万作以上の作品
③無料公開作品は、1日1話何作品でも読み放題
オリジナル漫画も多数掲載
⑤誰でも公開できるインディーズ作品は無料で読み放題
デメリット ❶おまけで付与されるボーナスポイント率が低い
❷無料で読める作品は連載漫画のみ
吹き出し アイコン

初心者にはとっつきやすいアプリ!無料で読めるオリジナル作品も盛りだくさん!

LINEマンガは累計ダウンロード数が3000万を超える、国内最大級のマンガアプリ。掲載冊数が42万冊あり、様々なジャンルを取り揃えているのが特徴です。 さらに無料で読める作品も豊富で、1日1話なら何作品でも読めるのが特徴。LINEマンガ限定のマンガや若手インディーズ作品なども読めるので、様々な人におすすめできるアプリです。

第2位:マンガワン

サービス名 マンガワン
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①小学館の人気漫画を、数多く掲載
②初回ダウンロード時に50話分のライフGET
漫画アプリ特有の広告が最小限
④1日2回ライフを貰える機会がある
デメリット ❶1巻まるごと無料などは無い
❷漫画ごと公開期間に限り
吹き出し アイコン

裏サンデーや小学館のファンに特におすすめ!レベルの高いオリジナル作品も多数!

マンガワンは、小学館が運営する無料のマンガアプリ。 累計2,000万ダウンロードを突破した超人気のアプリで、小学館の人気マンガやウェブコミック配信サイト「裏サンデー」の作品を読むことができます。 マンガワンは1日2回ライフを配布しており、ライフを利用してマンガを読むスタイル。期間限定の無料作品も充実しているので、小学館のマンガが好きな人は入れておきたいアプリです。

第3位:めちゃコミックの毎日連載マンガアプリ

サービス名 めちゃコミック
料金 無料(アプリ内で漫画を購入・無料作品あり)
メリット 漫画をコマごとに読める
②1話単位で安く購入してサクッと読める
恋愛系や大人向けの作品が充実
デメリット ❶まとめて読みたい場合はストレスに
❷1作品まとめて購入する場合、料金が割高
❸大きい画面の場合、1コマが大きすぎる
吹き出し アイコン

少女漫画やアダルト系、ドロドロ系の漫画が豊富!なんと独占先行配信もある!

今回紹介している「めちゃコミックの毎日連載マンガアプリ」は10年以上前からサービス展開している「めちゃコミック」から独立したアプリです。取り扱っている作品数は6万冊ほどで、話題の作品を中心に数多くのジャンルを取り揃えています。 大きな特徴は、漫画をコマごとに表示すること。アプリで漫画を表示すると「細かい描写が見辛い……」なんてことも多いですが、めちゃコミックは1画面に1コマを表示してくれるので非常に読みやすい設計です。

第4位:マンガBANG!

サービス名 マンガBANG!
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①人気漫画を1,000冊以上読める
毎日8話分を無料で読めるほか
1日2回フリーメダルの配布も
③CMを視聴で1日5回まで無料閲覧可能
デメリット ❶メダルは24時間、チャージは72時間まで有効
❷最新作が比較的少ない
吹き出し アイコン

出版社の縛りにとらわれる事なく、様々な出版社の人気漫画を読みたい人は「マンガBANG!」一択!

「マンガBANG!」は、累計1600万ダウンロードを達成した人気の漫画アプリです。 様々な出版社の人気漫画を読めるのが特徴で、『信長のシェフ』や「ウロボロス」、『グラップラー刃牙』などの人気青年漫画を多く取り揃えています。 無料で読める話数が長いのもこのアプリの魅力。毎日8話分が無料で読めるほか、1日に2回もらえるフリーメダルを使うことで1話分読み進めることができます。

第5位:ゼロコミ(旧:マンガZERO)

サービス名 ゼロコミ(旧:マンガZERO)
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①往年の名作から新作まで5万作品以上を配信
②ほぼ全作品1〜3話分を試し読みできる
③CM視聴で最大5話分無料、プレミアムチケットで2話分無料に
④検索機能が充実
デメリット ❶1話ごとの広告の量が多い
❷ダウンロードしながら読む形式なので、読み込みが遅い時もある
❸中盤以降は有料コインでしか読めない作品も
吹き出し アイコン

『銀牙伝説WEED』や『ナニワ金融道』などの昔連載されていた青年漫画を読みたい人におすすめ!

700万DL突破のゼロコミは、株式会Nagisaが運営する漫画アプリ。以前はマンガZEROという名前で、青年漫画特化のサービスでした。 リニューアルに伴って『静かなるドン』などの青年漫画はもちろん、少年漫画に少女漫画、オリジナル作品と幅広いジャンルをカバー!1話読むごとに、毎日8時と20時に4枚ずつ計8枚配布される無料チケットか、プレミアムチケットを1枚消費する仕組みです。 プレミアムチケットはCMを朝夜1回ずつ視聴することで、1日に計2枚入手できます。

まだまだ紹介!ジャンル別おすすめアプリランキング

ここまではジャンルを問わず豊富な作品が楽しめるアプリのランキングを紹介してきました。ここからは、ジャンルごとにおすすめな漫画アプリを紹介します!

今すぐ気になるジャンルのアプリを見る

【少女・女性漫画おすすめアプリ5選】

まず紹介していくのが、少女・女性漫画に強い漫画アプリ。集英社・白泉社・講談社など、有名漫画を数多く手がける出版社のアプリを紹介していきます。

①【マンガMEE】キュンキュンしたいそこのあなた!DLだ!

サービス名 マンガMEE
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①初回ダウンロードで、500ポイントが付与
ボーナスポイントが豊富
③先行公開エピソードを、コインなどで先読み可能
④オリジナル作品が多い
⑤集英社の漫画雑誌が定期購読可能
デメリット ❶一気に読めない物も多い
❷作品を読んだ後の広告が多い
❸チケットを使って読める時間が72時間まで
吹き出し アイコン

『りぼん』『マーガレット』『ココハナ』ファンは必見!キュンを補給したいあなたにおすすめ

「マンガMEE」は、集英社公式の女性向け漫画アプリです。公式のため、雑誌で配信された作品も素早く・高頻度で配信されるのが嬉しいポイント。「集英社の少女漫画が読みたい!」という人には、特におすすめです。

更にマンガMEEの特徴は、雑誌の定期購読ができる点。『りぼん』や『マーガレット』など、集英社から刊行されている人気の高い漫画雑誌がアプリで定期購読できちゃいます。

「紙の本だと、かさばって部屋に置く場所がない……」なんて人はアプリでの購読もおすすめです!

②【マンガPark】ボイスドラマで耳からもキュンを摂取可能!

サービス名 マンガPark
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①白泉社の全レーベルが集結
②全4万話のうち3,000話が無料公開
③CMを見るとボーナスコインが受け取れる
声優ラジオなどオリジナルのコンテンツが豊富
デメリット ❶1話読むごとに広告が入る
❷少女漫画の中でも、セクシー系作品が多い
吹き出し アイコン

『花とゆめ』『LaLa』『MELODY』の掲載作品をたくさん読みたい人におすすめ!

「マンガPark」は白泉社が運営する、少女漫画に強い漫画アプリです。

『花とゆめ』『LaLa』『ヤングアニマル』など白泉社の全レーベルが集結しており、アプリ内で500以上の作品・マンガParkオリジナル作品を読むことができます。

更には声優ラジオやグラビアコンテンツなど、漫画以外の魅力的なコンテンツを揃えているのも嬉しいポイント。無料で読める話も3,000話以上あるので、白泉社の作品のファンにはたまらないアプリですね。

③【Palcy/パルシィ】チケットが溜まりまくるのでサクサク読めちゃう!

サービス名 Palcy
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット 講談社の女子向け作品が多く楽しめる
②作家にエールを送れる
貯まったエールでキャンペーンに応募可能
無料チケットが1日8枚と豊富
④アマチュア作品も読める
デメリット ❶チケットの有効期限が48時間
❷チケットだけで読みきれない
吹き出し アイコン

『なかよし』『フレンド』『デザート』など講談社の雑誌の漫画を無料で楽しめちゃう!

Palcyは、講談社とpixiv(ピクシブ)が共同で開発したアプリです。

講談社作品の中でも「女子向けの作品」を多く取り扱っており、『なかよし』や『ハツキス』などの少女漫画雑誌の掲載作品を読むことができます。

またPalcyではアマチュアの漫画家が描いた作品も掲載しており、気に入ったアマチュア漫画家にエールを送る機能も搭載。

無料チケットも1日に8枚ももらえるので、アプリ内課金を行わなくても多くの作品が楽しめます。

④【コミックエス】過激なTL・BLが豊富な大人の女性向けアプリ

サービス名 コミックエス
料金 無料
メリット 配信作品が完全無料
②ダウンロード作品は「マイボックス」から読み返せる
③毎週作品が更新され、種類が豊富
デメリット ❶広告が多く入る
❷大人向けなのでアプリに年齢制限有
吹き出し アイコン

女性向けのBL・TL漫画を全て無料で楽しめちゃう!オリジナル作品も多い!

コミックエスは、女性向けのセクシー系作品が読める漫画アプリです。

このアプリの嬉しい特徴は、掲載された作品は全て完全無料で読めるところ。200以上の作品が完全無料で閲覧できます。

TL(ティーンズラブ)やBL(ボーイズラブ)など、大人向けの作品を中心に扱っているほか、サスペンスやコメディ系の取り揃えもあります。

⑤【マンガラブコミ】全巻無料作品が驚異の600タイトル!

サービス名 マンガラブコミ
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①大人の女性向けの作品が多い
②チケットは1日に計6枚もらえる
③チケット不要で全巻読める作品が多い
④ラブコミ編集部による動画や特集で作品選びに迷わない
デメリット ❶R18指定ではない代わりに過激シーンはほぼ白塗り
❷広告が入る頻度は高い
❸1部の漫画は有料コインが必要な上、付与量も少ない
吹き出し アイコン

ラブコミ編集部によるおすすめ作品特集があるのが嬉しい!

通称「ラブコミ」ことマンガラブコミは、株式会社primaが運営する漫画アプリです。 女性スタッフが厳選した700作品以上が配信されており、そのうち600作品は全巻無料。ちょっぴり大人向けのBL・TL漫画に特化しつつ、豊富なジャンルを取り揃えています。 漫画を読む方法は、毎日7時と19時に3枚ずつ配布されるチケットを使用すること。刺激的な作品を安く、たくさん読みたい女性はチェックしたいアプリですね!

【少年漫画おすすめアプリ3選】

①【少年ジャンプ+】「ジャンプ」作品を読むなら絶対に入れるんだ!

サービス名 少年ジャンプ+
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①超有名タイトルが、一部無料
②「〇〇作品300ページ無料」などキャンペーン豊富
『週刊少年ジャンプ』の購読が可能
紙版よりも割安で購入できる

④コインを配布する機会も多い
デメリット ❶機種変更時、コインの引き継ぎが難しい
❷過去の作品を遡りたい場合、コインを使う必要有
吹き出し アイコン

無料で漫画が読めるだけでなく、デジタル版も購入可能!ジャンプファンは必見!

少年ジャンプ+は、言わずとしれた人気誌『週刊少年ジャンプ』の過去作品や新作、作品の番外編などが読めるアプリです。

各漫画の最初3話が読めるほか、週や1日ごとに1話が無料で配信される作品もあります。

また完全無料で読める読み切り作品もあり、作品全部を読めることも!少年漫画好きなら必ず入れておきたい漫画アプリです。

②【サンデーうぇぶり】『名探偵コナン』や『犬夜叉』など名作漫画が読める

サービス名 サンデーうぇぶり
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①サンデー系有名タイトルが豊富
絶版の過去作品も購入可能
②ポイントの入手手段が豊富
③サンデー系雑誌の定期購読が可能
デメリット ❶レンタル作品は、72時間の閲覧制限
❷アプリの操作が直感的でなく少し使いづらい
❸配布されるチケットの数は少なめ
吹き出し アイコン

『サンデー』掲載作品が盛りだくさん!ちなみに「コナン」を無料で全巻読めるのはここだけ!

小学館のサンデー系人気漫画を楽しめる漫画アプリが「サンデーうぇぶり」。『名探偵コナン』や『犬夜叉』などの名作を読むことができます。

約1日毎に1話分楽しめるチケットが配布されるほか、ダウンロード時に1000ポイント、動画視聴で30ポイントなどポイントの獲得方法も豊富。無料でも十分楽しめます。

③【マガポケ】完結した『進撃の巨人』を読み返してみない?

サービス名 マガポケ
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①人気漫画が、最初の数話無料で読める
『週刊少年マガジン』の定期購読も可能
③チケットやポイント使用で、無料で読める
デメリット ❶無料で読める話数が比較的少ない
❷チケットの有効期限が72時間
❸作品を1話単位で購入できるが価格が高い
吹き出し アイコン

『週刊少年マガジン』で連載中の作品も読めちゃう!定期購読をすることもできる、ファン必須のアプリ!

マガポケは、『週刊少年マガジン』の公式漫画アプリです。代表的な作品は『進撃の巨人』や『ダイヤのA』で、どの作品も最初の数話は無料で読み進めることができます。

それ以降は、約1日に1回配布されるチケットや、動画視聴でもらえるポイントで読み進めることが可能。『週刊少年マガジン』の電子版もポイントで購入することができます。

【青年漫画おすすめアプリ6選】

①【ヤンジャン!】青年漫画アプリ界の4番バッター

サービス名 ヤンジャン!
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①ライフ使用で、4話まで無料で読める
最新エピソードもすぐ読める
読んだページや話数などを記録しておけるマイデータ機能がユニーク
④ヤンジャンの有名作品が多数掲載
デメリット ❶一度エピソードを閉じると読み返し不可
もう一度ライフなどを使う必要あり
❷過激な描画がある作品など
一部の作品は掲載されていない
❸ライフで読めるのは一部の作品のみ
吹き出し アイコン

最新号の週刊ヤングジャンプのエピソードがすぐに読める!ヤンジャンファンは今すぐゲット!

ヤンジャン!は、2018年にサービス提供が開始された漫画アプリです。ヤンジャン!では、主に『週刊ヤングジャンブ』で連載していた作品や連載中の作品を読むことができます。

主な作品は『キングダム』や『東京喰種トーキョーグール』、「かぐや様は告らせたい」など超有名作品の数々。「ヤングジャンプ」の作品が好きな人にとっては非常に嬉しいアプリです。

マンガを読み進めるには、ライフ・SPライフが必要。ライフは1日4ポイント、SPライフはイベントやログインでもらうことができます。

②【ニコニコ漫画】秀逸なコメントで作品の魅力が引き出される!

サービス名 ニコニコ漫画
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①作品が2万作品以上と豊富
ライフやチケットといった仕組みが無く
サクサク読み進められる
③ニコニコ動画のようにコメントが流れてくるシステム
(非表示にすることも可能)
④ユーザーが投稿した漫画も読める
デメリット ❶無料ですべて読めないものも
❷コメントの表示が独特で使いづらい人も
吹き出し アイコン

シュールなコメントやツッコミを漫画と一緒に楽しみたい人におすすめ!

ニコニコ漫画は、2万作以上のマンガが読めるドワンゴの公式アプリ。雑誌やWebなどで連載されている公式漫画と、ユーザーが投稿している漫画の両方を見ることができます。

また無料で読み進められる作品が多いのが特徴で、無料で読むか課金してコインを買うかのわかりやすい仕様になっているのも魅力。

さらにコメントの表示の仕方も特徴的で、漫画を読んでいるとニコニコ動画のようにコメントが流れてくるのも面白いポイントですね。

③【ピッコマ】縦読み作品多数!片手でスイスイ止まらない

サービス名 ピッコマ
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット 「待てば0円」のシステムで1日に複数の作品が無料で読める
②キャンペーンが豊富
作品ラインナップが40万作以上
④広告が一切ないので快適に閲覧可
デメリット ❶1作品を一気に読み進めるのは難しい
❷「待てば0円」が全てに対応していない
❸コメント機能が無く、感想を共有できない
吹き出し アイコン

『復讐の毒鼓』や『恋するアプリ』など韓国の人気・話題作品を読みたい人必見のアプリ!

掲載作品が40万作以上と、漫画アプリの中でも最大級の作品数を持つのが「ピッコマ」です。

ピッコマの大きな特徴が「待てば0円」というサービス。23時間待てば、1万作以上の作品が1話毎に無料で見られます。

またキャンペーンも豊富で、1巻まるごと無料や期間限定で複数巻無料などのサービスも充実です。広告も無く、無料で読み進められる範囲が広いのが嬉しいポイント。「無料作品を快適にたくさん見たい!」という人におすすめのサービスです。

④【マンガUP!】異世界+話題の作品が充実

サービス名 マンガUP!
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①スクエニの名作や独自作品を100作以上閲覧可
1日に8チャプターを無料で読める
細かいジャンル分けで、検索しやすい
デメリット ❶1話が複数分割されている場合があるので、作品によって読める量に差がある
❷動画広告のエラーなどが多く、強制終了の不具合も
❸課金して読んだ場合も24時間の閲覧制限
吹き出し アイコン

ゲーム好きにはお馴染みのスクエニ!「なろう系」のコミカライズ作品を読みたい人におすすめ!

マンガUP!は、スクウェア・エニックスが配信する公式漫画アプリ。スクウェア・エニックス刊行の漫画雑誌『月刊少年ガンガン』の作品を中心に読むことができます。

マンガUP!のシステムは少々複雑で、「マンガポイント」「マンガポイント+」「マンガコイン」の3つのMPを用いて作品を読む仕組みになっています。

「マンガポイント」は80ポイントを上限に1日2回無料で全回復。「マンガポイント+」はイベントでの無料配布、「マンガコイン」はアプリ内課金でGETできます。様々なRPGゲームを手掛けるスクウェア・エニックスらしい仕組みですね。

アプリオリジナルの作品も多くラインナップされているので、スクエニ作品が好きな人におすすめです。

⑤【ガンガンONLINE】さすがスクエニ、異世界漫画の数がハンパない

サービス名 ガンガンONLIINE
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット アニメ化された作品などを数多く配信
②人気のスクエニ作品も楽しめる
作品ごとにチケットを受け取れる
デメリット ❶掲載されている作品数は比較的少なめ
❷アプリリニューアルで
使いづらいと感じる人も
❸1話を読み進めるごとのコインやチケットが必要
吹き出し アイコン

異世界転生作品が圧倒的に多い!最近は女性向けの転生作品も増えてる…!

ガンガンONLINEは、スクウェア・エニックスが運営する公式漫画アプリ。掲載されている作品はおよそ100作品と少ないですが、『月刊少女野崎くん』『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』などの超有名作品を多くラインナップしています。

またガンガンONLINEはチケット制を採用。各作品ごとに1日1枚のチケットが配布されるので、1日に無料で読める作品数が多いのも魅力です。アイテム不要で読めるエピソードも多いので、スキマ時間にピッタリのアプリですね。

⑥【マンガがうがう】「小説家になろう」発の異世界・転生マンガがすごい!

サービス名 マンガがうがう
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①ここででしか読めない「なろう系」コミカライズ作品が多数
②1日最大8話分のポイントがもらえる
③1度読んだ話は30日間無料で読み返せる
デメリット ❶異世界・転生モノが売りだが、ジャンルには偏りがる
❷ポイント入手用のイベントの達成が難しく、課金が必要という声も
❸最新話を無料で読むことは厳しい
吹き出し アイコン

がうがうは異世界転生系小説のコミカライズに力を入れているのだ!

双葉社の公式漫画アプリ「マンガがうがう」は、『週刊大衆』などで知られる同社と株式会社Link-Uとの共同事業から誕生しました。 異世界転生系レーベル、『モンスターコミックス』はじめ双葉社の人気作品を多数配信しており、コアなファンの人気が急上昇!配布アイテムの「がうポイント」は、毎日7時と19時に4話分ずつ回復するため、1日に8話分無料で閲覧できる計算です。 最新話を読む際はがうポイントではなく、アプリ内イベント等で獲得するBP、課金アイテムのコインのどちらかが必要になります。

【インディーズ・オリジナル漫画おすすめアプリ4選】

①【comico】オリジナル漫画アプリ界のパイオニア

サービス名 comico
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①フルカラーのcomicoオリジナル作品が魅力
②初回ダウンロード時に100コインと500ポイントを付与ほか
③タテ読みで片手操作もラクラク
デメリット ❶アイテムの仕組みが複雑で慣れないと使いづらい
❷コメントや作品の投稿は会員登録が必須
❸オリジナル以外の作品等で有料コインが必要な場合がある
吹き出し アイコン

『ReLIFE』、『こえ恋』を輩出したしたことで知名度が爆上がりしたよね!

NHN comicoが運営する漫画アプリ「comico」の特徴は、600作品以上のオリジナル作品がフルカラーで読めるほか、新人発掘にも注力していること。 タブの「チャレンジ」では、ユーザーの投稿作品をアイテム消費なしで閲覧可能です。 基本的に1話~10話程度は完全無料で、その後の話数は約1日で1枚チャージされ、CM視聴でも回復できるレンタル券などのアイテムが必要に。有料のコイン以外を使用する場合、8日間の閲覧期限があるので注意しましょう。

②【GANMA!】新人漫画家の作品が読める、ユニークな漫画アプリ

サービス名 GANMA!
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット

全作品が完全無料
②単行本出版につながった漫画家も
売出し中の漫画家の作品が楽しめる
③イラストを描けるなど
コメント欄がユニーク
作家のサポート機能有り
広告閲覧などで作家を支援可

デメリット ❶無料な分、広告数が多い
❷先読みには月680円が必要
吹き出し アイコン

掲載している作品は全てオリジナル作品!上級者の漫画ファンにおすすめ!

「GANMA!」は、新人漫画家のオリジナル作品を配信しているユニークなマンガアプリです。 多くの漫画アプリで採用されている「チケット制」などを採用しておらず、すべての作品が無料で読める嬉しい仕組みになっています。 またコメント欄もユニークで、文字だけでなくイラストが描ける仕様。漫画キャラのイラストを書いて楽しんだり、他の人のイラストを見られるのもこのアプリの楽しみの1つです。

③【マンガボックス】インディーズ作品がたくさん楽しめる!

サービス名 マンガボックス
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット インディーズコーナーは基本無料
②ストアコーナーのラインナップが豊富
連載漫画は週に1度配信される
④「マンガボックス編集部杯」イベントでは
読者評価のみで連載作品を決められる
デメリット ❶途中で連載終了する連載漫画が多く最後まで読めないことも
❷規制によって黒塗りの箇所も多数
吹き出し アイコン

誰でも投稿できるインディーズコーナーが1番の特徴!次のヒット作品を見つけたい人におすすめ!

マンガボックスは、DeNAが運営する漫画アプリ。7万冊を超える作品が公開されているストアコーナーと、ユーザーが漫画を投稿できるインディーズコーナーに分かれています。

インディーズコーナーは基本無料で閲覧可能。また「マンガボックス編集部杯」というイベントで読者の票を一番得た作品は、ストアコーナーで連載のチャンスもあります。

「公式で連載する作品を、読者の評価で決められる」という、非常にユニークな仕組みとなっています。

④【pixivコミック】極主夫道、オタ恋……あれもこれもpixiv発コミック!

サービス名 pixivコミック
料金 無料(アプリ内課金あり)
メリット ①どの漫画も無料で読める
pixivの人気作品を多く取り揃えている
③好きな作品や作家を応援できる
プレミアム会員(月540円)に入れば広告を非表示
デメリット ❶漫画ごとに掲載期間がある
❷全体的に女性向けの作品が多く
作品ジャンルに偏り
❸広告を煩わしいと感じる人も
吹き出し アイコン

雑誌の連載作品だけでなく、pixivの投稿作品も同時に読みたい人向け!

pixivコミックでは、投稿作品と無料連載の2種類を楽しむことができます。

連載作品も豊富で、4,000作品以上が掲載されてる他、月に400作品以上が更新されます。連載作品の中には、『ヲタクに恋は難しい』や『極主夫道』など実写化した有名作品も!

読書中に広告は入りますが、下部に表示される程度でほとんど気になりません。煩わしいという人は、月額540円(iOSだと600円)のプレミアム会員に加入すれば非表示にできます。

アプリで漫画を読むメリット3点を紹介

アプリ

「やっぱり漫画は、アプリじゃなくて紙媒体で読みたい」という人もいますよね。しかしそんな漫画好きの人にこそ、「漫画アプリ」をおすすめする理由があるのです! そこで実際に「おすすめ漫画アプリ」を紹介する前に、ここからは漫画アプリならではのメリットを3点おさらいしていきます。

【メリット1】ネット環境さえあればいつでも・どこでも読める

アプリ

漫画アプリで漫画を読むのが楽しくて人気な理由は、その手軽さにあります。

例えば外出先である漫画を10巻分読みたい場合、10巻分の漫画をカバンに入れて持ち運ぶ必要があります。またそもそも、漫画を本屋やオンラインストアで購入する手間がかかりますよね。お店に行っても売り切れていたり、ニッチな本だと取り扱っていない場合も……。

しかし漫画アプリなら、これらの手間はすべて解決。読みたい漫画をアプリの中に入れてしまえば、スマートフォンを持ち歩くだけでどこでも読むことができます。

【メリット2】複数アプリを入れて多彩な作品を楽しめる

アプリ

「漫画アプリは1種類しか入れちゃだめ!」なんて決まりはもちろんありません。

例えば「少年漫画も、大人向けの漫画も見たい!」という人は、それぞれのジャンルに特化したアプリを複数個入れれば、好きなジャンルの漫画をたくさん楽しめます。

また無料アプリはチケットシステムを取り入れているものも多く、1日で読める作品数・話数に限りがあります。「無課金で1日にたくさんの漫画が読みたい!」という人はアプリを複数個インストールして、ガッツリ楽しみましょう!

【メリット3】コメント機能があれば、他の人の感想を確認できる

アプリ

漫画アプリの中には、他の人の感想などが閲覧できる「コメント機能」が搭載されたものもあります。

こういった機能があれば、読む前に他の人の感想を確認してどんな漫画なのか確認することができますし、読み終わった後に他の人と感想を言い合って楽しむこともできます。

さらにインディーズ系漫画のアプリ・サイトでは、作者に直接感想を届けられる機能がある場合も!アプリ上で作者や読者とコミュニケーションが取れることも、漫画アプリの楽しい部分と言えますね。

おすすめの漫画アプリを入れて、すきま時間に好きな作品を楽しもう!

今回は様々な漫画アプリについて解説しました。ストア上で「漫画アプリ」と検索してもどれも同じように見えて区別が付きませんが、実際に中身を見てみると漫画アプリごとにかなり特徴が違いますよね!

扱っているジャンルが特化されていたり、無料で読める作品が多いなど、アプリによって様々な魅力があります。この記事を参考にして、自分に合ったアプリを沢山入れちゃいましょう!

電子書籍を目に優しく楽しみたいなら
「電子書籍リーダー」がおすすめ