2022年3月18日更新

映画『アキラとあきら』の動画を配信予定のサブスクを予想!最速でどこで観られる?

ドラマ『半沢直樹』(2013年)シリーズや、ドラマ『下町ロケット』(2015年)の原作者として知られる池井戸潤。池井戸が1970年代から2000年代という、日本経済の激動期を舞台に描いた小説『アキラとあきら』の映画化が決定しました!

劇場公開前であるため配信情報は未発表ですが、U-NEXTにおいて配信される可能性が高いです。

31日間無料で楽しむ!

※2022年3月時点での配信情報です。(最新情報は各サイトを確認してください)

公開年2022年
ジャンル経済・金融
再生時間未公開
キャスト山崎瑛役/竹内涼真
階堂彬役/横浜流星
階堂龍馬役/髙橋海人
公式サイト・SNS公式サイト
公式Twitter
あらすじ大手の都市銀行に就職した山崎瑛(あきら)。父親が工場経営に失敗し貧しい少年時代を過ごしたため、人を救うバンカーになるという志を持って銀行マンの道を選びました。

同期の階堂彬(あきら)は山崎とは正反対の裕福な家庭で育ち、常に冷静に仕事をこなします。

切磋琢磨しながら業績をあげる2人ですが、山崎はある事業での失敗により左遷されてしまいます。一方で階堂は実家の事業を継ぐために銀行を去り……。

映画『アキラとあきら』を配信中のサービス

映画『アキラとあきら』を配信しそうなU-NEXTはこんなサービス!

映画『アキラとあきら』を配信する可能性が最も高い動画配信サービスは、U-NEXTです。 U-NEXTは全動画配信サービス中、国内映画・ドラマの配信数が最も多いという調査結果があります。『下町ロケット』(2016年)などの池井戸潤作品も数多く配信中であり、2016年に放送されたドラマ版の『アキラとあきら』も公開中です。 上記のことから映画『アキラとあきら』を配信する可能性が最も高いのは、U-NEXTだと予想されます。

31日間無料で楽しむ!

池井戸潤の原作を竹内涼真と横浜流星で実写映画化

本作は1970年代から2000年代という、日本経済の激動期を描いた池井戸潤による小説『アキラとあきら』を原作としています。オイルショック後にバブル期を迎え、バブルが崩壊。その激動の30年を池井戸潤が描くのですから、面白くないわけがありません。 メインキャラクターの「アキラとあきら」は、竹内涼真と横浜流星が演じると発表されました。2016年のドラマ版では斎藤工と向井理が演じており、どのような変化が観られるのかにも注目が集まります。

31日間無料で楽しむ!

『アキラとあきら』の気になる疑問とQ&A

『アキラとあきら』を配信しているサービスは?

劇場公開前であるため配信中のサービスはありませんが、配信する可能性が高いのはU-NEXTです。

いつ公開される?

2022年8月26日に全国の劇場で公開予定となっています。主演を務めるのは竹内涼真と横浜流星です。

動画配信サービスで映画『アキラとあきら』を無料視聴しよう!

この記事では映画版『アキラとあきら』の配信予想について紹介しました。 池井戸潤作品の映画化ということで、期待が高まる本作。『アキラとあきら』の公開を待つ間、U-NEXTで池井戸潤作品を楽しんでみてはいかがでしょうか。 この記事は『アキラとあきら』の配信情報が公開され次第更新していきます。

31日間無料で楽しむ!