西内まりやがかわいいけど整形してるの?出演作から、すっぴん画像までまとめ

2017年7月6日更新

2007年にファッション誌「ニコラ」でのモデルデビューをきっかけに、飛ぶ鳥を落とす勢いでスターダムを駆け上っている西内まりや。モデル業のほかにもバラエティへの出演や、歌手としても活動の場を広げている彼女ですが、整形疑惑が浮上しているのも事実!今回はその真相に迫りたいと思います。

整形が疑われる程の整った顔の西内まりやってどんな女子?

西内まりやは1993年12月24日のクリスマスイブに福岡県福岡市で生を受けます。血液型はA型、身長は170cmと高身長でスリーサイズは上から80、58、83cmのスレンダーボディです。

バラエティ番組『ピカルの定義』のレギュラーとして注目を集めた西内まりや。2006年学生の頃に地元の福岡県でスカウトされました。モデルとして芸能界デビューし、同年に『ライラの冒険/黄金の羅針盤』で吹き替えデビューも果たします。

『ピカルの定義』以前も映画やテレビ出演はしていたものの、目立つタイプでもなく、主役もしておらずにそれほどの知名度がありませんでした。バラエティ出演で違った面を見せて、キレイな顔とのギャップで評判を呼び、広く知られる様になったのです。

その後も、ドラマや映画に出演しながら、歌手活動も始めて、マルチな才能を発揮し始めます。

整形と言われる所以はどこにあるのか?

パッチリとした目が印象的な西内まりや。すっきりとしたフェイスラインも女性らしくてとても美しいですね。

それでは、デビュー当時の彼女の素顔を検証してみましょう。

デビュー当時は、一重まぶたが重たそうに感じますね。今よりややふっくらとした輪郭も、幼なさが残っています。

前髪が左右に分かれていることでも目の印象が変わって見えてくることも。

少しずつ変化が表れはじめた時期

モデルとして活躍が始まり、目がうっすらとした二重のように見えなくもありません。

アイラインや、マスカラなどを使って、目の印象を強くしているのがはっきりとわかりますね。

この時点では整形とは言い切れないようです。

二重まぶたへと急激な変貌!

こちらの画像では、くっきりと二重になっていることが見て取れます。二重というよりも奥二重という感じですね。重たさは完全にはなくなってはいません。

しかし、輪郭は少しシャープになっていて、現在の彼女の印象に近づいています。

アイプチ?それとも整形?「ピカルの定理」に出演していた頃はすっかり垢抜けて

2013年まで放送していた「ピカルの定理」に出演していた頃は、完璧な二重になっています。心なしか、フェイスラインもスッキリとなって、頬骨の高さも低くなっている感じがします。

しかし、このくっきり二重疑惑に関しては、アイプチを使用している本人も公言していたそうです。

すっぴんはナチュラルに可愛い!

本人の公式ブログでの、すっぴん画像では、アイプチというよりもはっきりとした二重に見えますね。

目頭切開で目の幅を変えた可能性もありそうですが、二重の幅が並行で同じ幅であることもアイプチとは考えにくいです。

現在の西内まりやはどっちにしても可愛い

2015年現在の彼女の様子です。

目はスッキリとして美しい二重になっています。また、まつエクか、つけまの効果もありパッチリと大きな目の印象になっています。

やはり、フェイスラインはシャープになっていて、頬骨も目立つことはありません。単純に痩せたということも考えられます。

可愛くてキレイな西内まりやの画像集

ショートもかわいい!

ブログやツイッターで公開している西内まりやの私服画像集

西内まりやさんは自身のブログやツイッターで私服姿もマメに公開しており、トレンドをおさえたそのファッションセンスはファンの間でも注目されています。

パンツ姿がかっこいいです。

元セブンティーンモデルということもあり、抜群の美脚です。

オールホワイトコーデの西内まりやさん。

レディなスタイルの着こなしも抜群です。

西内まりやの姉、西内ひろが綺麗!美人姉妹の画像

西内まりやの姉の西内ひろもモデルや歌手をしています。2009年のトリンプガールに選ばれたり、ミス・ユニバースの準ミスを受賞していたりと、多方面で活躍をしています。

お互いのツイッターでは応援のメッセージを送り合ったり、ツーショットの写真を投稿したりと、仲睦まじい様子が垣間みえます。

西内まりやの主な出演ドラマ

『スイッチガール』(2011)

学校ではギャで自宅ではふしだらな生活を送る女子高生・田宮仁香と同じクラスの男子高校生・神山新の恋模様を描いた物語です。

西内まりやは田宮を演じ、神山を緑川光が演じています。

『GTO』(2012)

元暴走族の先生・鬼塚と生徒の交流が描かれています。

主人公・鬼塚英吉をXILEのAKIRAが演じており、西内まりやは不登校の生徒・葛城美姫役で出演しています。

『山田くんと7人の魔女』(2013)

吉河美希による同名コミックをドラマ化した今作。朱咲高校を舞台に、体が入れ替わった二人の男女のドタバタ劇が描かれています。

西内まりやは体が入れ替わった女子高生・白石うららを演じ、 山本裕典と共演を果たしています。

『ホテルコンシェルジュ』(2015)

一流ホテル・フォルモントを舞台に新人の女性コンシェルジュ・天野塔子の葛藤と成長が描かれた物語。

西内まりやは今作で新人コンシェルジュ・天野塔子を演じ、三浦翔平、夏菜と共演を果たしています。

実写化映画『レインツリーの国』に人見利香役で出演

有川浩の小説が原作の映画『レインツリーの国』が2015年11月21日に公開予定。西内まりやは人見利香役で出演しています。

Kis-My-Ft2の玉森裕太演じる主人公向坂伸行は本の結末が思い出せず、ネット検索をして「レインツリーの国」というブログにたどり着きます。人見利香は「レインツリーの国」の管理人をしているという役どころ。向坂は人見に会いたいと伝えますが、人見には秘密があって……。

今回が実写映画初出演となる西内まりや。スクリーンでの演技に期待です。