映画『先輩と彼女』のあらすじ・キャスト・公開日、感想まで紹介!【甘酸っぱい、胸キュンラブストーリー!】

2017年7月6日更新

秋、恋をしたくなる季節。そんな時には甘酸っぱい青春映画を観たくなるものです。名作少女漫画を実写化した『先輩と彼女』はデート映画にもうってつけとなっています。今回は、映画『先輩と彼女』のあらすじ・キャストをご紹介いたします。

2015年10月17日公開の甘酸っぱい恋愛映画『先輩と彼女』のあらすじ

『先輩と彼女』の主人公都筑りかは、「恋愛」に関して同世代と比べて群を抜く野心を持つ女子高生。甘く蕩ける恋愛を夢見る彼女は、憧れの先輩、"みの先輩"こと美野原圭吾に恋をしてしまいます。ところがみの先輩は別に好きな人がいて...。高校1年生女子が3年生男子に片思いをする、切ない恋物語です。

原作は南波あつこの大人気少女マンガ

『別冊フレンド』にて2004年から2005年まで連載され、全2巻の単行本ながら発行部数100万部というヒットを記録した同名のマンガが原作。現在でも「片想い女子の永遠のバイブル」なんて言われていわれている大人気マンガです。

都築りか役:芳根京子

すみれ、ありがとう! #べっぴんさん #思い出アルバム #芳根インスタ祭り

芳根京子さん(@yoshinekyoko)がシェアした投稿 -

くりっとした可愛らしい瞳と透き通る様な綺麗な肌が印象的な彼女。 清楚な容姿を持つ美少女で、連続テレビ小説『花子とアン』では仲間由紀恵演じる蓮子の娘役を演じ、TBSドラマ『表参道高校合唱部!』で主演の座を射止めました。 現在18歳の彼女。今後の活躍が期待される女優です。 『先輩と彼女』では先輩に片思いする元気で一途な高校一年生の少女、都築りかを演じます。

美野原圭吾役:志尊淳

志尊淳は読者モデル出身の俳優で、『テニスの王子様』の向日岳人役で舞台デビューしました。 やんちゃな演技が似合うイケメン俳優で、『列車戦隊トッキュウジャー』ではトッキュウ一号役を勝ち取っています。 芳根京子、小島梨里杏とはドラマ『表参道高校合唱部!』で共演しています。 今作では都築りかに思いを寄せられる先輩、高校3年生の美野原圭吾を演じます。

沖田葵役:小島梨里杏

小島梨里杏が、美野原圭吾が想いを寄せる卒業生沖田葵を演じます。頭が良くて、美人で、人望もあるという三拍子ぞろいの役柄です。 小島梨里杏は、馬場梨里杏、梨里杏という芸名で以前は活動しており、小島梨里杏に芸名を変えたのは2015年6月のこと。志尊淳とは『列車戦隊トッキュウジャー』でも共演しています。

桃谷木綿子役:水谷果穂

水谷果穂は1997年生まれの女優で、2013年の大原学園のCMで一躍有名になりました。今回演じる桃谷木綿子は高校1年生で、主人公都築りかの親友という役どころです。

矢田哲雄役:戸塚純貴

1992年生まれのイケメン俳優、戸塚純貴が、美野原圭吾の友人で、りかの親友の木綿を狙っている高校3年生矢田哲雄を演じます。 戸塚純貴はこれまで、2013年に『風切羽〜かざきりば〜』で主演をつとめた経験もあり、その他にも数多くの作品に出演しています。

常に笑い声が絶えなかった撮影現場!監督は池田千尋

監督となる池田千尋は若干35歳の若手女流監督です。2008年に『東南角部屋二階の女』で長編映画監督デビューし、日仏共同制作の『ライク・サムワン・イン・ラブ』で第65回カンヌ国際映画祭コンペテイション部門正式招待作品に選抜されます。 その他にも、第22回日本映画プロフェッショナル大賞 大賞ベスト10第5位を受賞するなど、恋愛映画に関する瑞々しい感性と描写には定評があります。

胸キュンシーン頻出の予感!

「片思い女子の永遠のバイブル」といわれるだけあって、映画には甘酸っぱい胸キュンシーンが頻繁に登場します。 池田監督ならではの美しい画角や映像に、これまでの少女マンガ原作の胸キュン映画とはひと味違った、「恋愛映画」が楽しめそうです。

主題歌はaikoの書き下ろしの新曲『合図』に決定!

デビューから17年になるaikoは、『先輩と彼女』が、4年ぶりの映画主題歌を手がける作品だと言います。 そんなaikoの渾身の一曲『合図』は、切ない歌詞や、そのメロディ、そして可愛らしいaikoの声にグッと引き込まれるものになっています。 思わず原作者の南波さんは、曲を聴いた時に泣いてしまったのだそうです。 主人公・都筑りかと美野原圭吾の二人の恋の様子だけではなく、美野原圭吾の沖田葵への片思いや、りかの親友の桃谷木綿子と矢田哲雄の恋の行方など、見どころが盛りだくさんあります。 2015年秋大注目の恋愛映画、必見です。