ミニオンズ・怪盗グルーの驚くべきトリビア28【ミニオン語って何語なの?】

2017年7月21日更新 295541view

2010年『怪盗グルーの月泥棒』が公開されて以来、着々と人気を獲得してきたミニオンがついに主役へ上り詰めました。2015年には『ミニオンズ』が公開され、その人気はとどまることを知らないミニオンズの驚くべき事実をご紹介いたします。

ミニオンズと『怪盗グルー』シリーズに関する驚愕のトリビアを紹介!

怪盗グルーシリーズのスピンオフ作品として、2015年には映画『ミニオンズ』が公開されました。

内容は、ボブ、ケビン、スチュワートをはじめとするミニオンたちが、現在のボス怪盗グルーに仕えるまでの話が描かれています。イギリスを舞台に、大暴れするミニオンズ。怪盗グルーシリーズが公開されたころから、その愛くるしい姿に世界中が魅了されてきました。この映画公開でその人気は不動のものとなりました。

2017年夏には『怪盗グルー』シリーズの第3弾も公開。

今回は彼らの謎から、映画撮影秘話まで、28個のトリビアをご紹介します。

1.ミニオンズは何語を話す!?ミニオン語の秘密

国旗

彼らは何語を話すか?彼らはある意味マルチリンガルでたくさんの国の言葉が混ざった、ミニオン語を話しています。

一番多く登場するのが英語のような言葉、例えば“bellow”(hello),“tank yu”(thank you)、スペイン語“Para tu”(for you)など。

また日本語も話すことが出来るようです。”Kampai”乾杯!という言葉を使っていました。

よく聞いてみると、スペイン語、英語、フランス語、イタリア語、ロシア語、韓国語、日本語などが混ざった独特の言葉を話しています。

2.5月26日はミニオンにとって特別な日!?

5月26日はこの映画シリーズにとって、とても重要な意味を持っています。

まず第一作目『怪盗グルーの月泥棒』で少女たちのバレエ発表会、グルーの計画実行日が5月26日です。

この日はグルーの声を担当したスティーブ・カレルにとっても重要な日、長女アニーが誕生した日が5月26日です。カレルの子供たちはこの作品が大好きで、グルーのセリフを家で言うといつも喜んでくれるそうです。

3.「072069」に込められた意味とは!?

ミニオンズ

数字にまつわるトリビアをもう一つ紹介します。

『怪盗グルーの月泥棒』グルーが手にしたバレエ発表会のチケットナンバーが072069です。この数字を3つに分けます。すると、07/20/69、つまり1969年7月20日となり、アポロ11号が月面着陸した日付が浮かび上がってきます。

宇宙飛行士を夢見るグルーにとって重要な日であることは明らかです。3姉妹の父親代わりとなり、彼女たちが子供の頃に描いた夢くらい重要な存在になることが示唆されているそうです。

4.ミニオンズの結婚式!?

2015年7月4日イギリスで、新婦サム・フィナン、新郎ボブ・トーマスの結婚式が行われました。その結婚式は一般的なものではなく、式場はミニオンの飾りやバルーンで装飾。ゲストにはマスクが配られました。

はじめはミニオンでデコレートされたウェディングケーキだけオーダーする予定だったそうですが、2人は結婚式について話し合っているうちにどんどんエスカレートしていき、式全体のテーマにすることになったそうです。新郎のトーマスは足にミニオンのタトゥがあるほど筋金入りファンです。

新郎、新郎の付添人、花嫁の付添人はそれぞれ黄色と青の衣装を身にまとい式に出席、さすがに花嫁は黄色と青ではなく、純白のドレスを着ていたようです。

5.ファッションデザイナーとコラボレーション!?

世界中で大人気で様々な関連商品が発売されています。

最近はルパートサンダーソンやジャイルズ・ディーコンなど有名ファッションデザイナーとコラボレーション。靴、ネックレス、シャツ、パンツ、帽子、ブレスレットなど様々なミニオンズコレクションアイテムが生まれています。

スカーレット・オーバーキルの声を担当したサンドラ・ブロックは上映プレミアにミニオンのハイヒールを履いて登場しました。残念ながらリーダー、グルーの商品の需要はあまりないようです。

6.可愛すぎる巨大ミニオンが空を飛んでいた!?

Look up #LosAngeles! #Despicablimp has arrived. Don't forget to share your photos using #despicablimp.

Minionsさん(@minionnation)がシェアした投稿 -

第一作目『怪盗グルーの月泥棒』が大ヒットしたことで、第2作目『怪盗グルーの危機一発』の宣伝活動は大規模になっていきました。

その一環としてロサンゼルスで行われたワールドプレミアなど各所で巨大な飛行船が飛んでいました。2人のパイロット、14人のクルーが乗り込み、宣伝効果を高めるため通常の飛行船より低い高度で飛行していたそうです。

7.悪党銀行のモデル!?

#DespicableMe2 rides into theaters in ONE WEEK! #minions #minionnation #oneweek

Minionsさん(@minionnation)がシェアした投稿 -

悪党銀行がグルーに対して融資しないということが、第一作目の物語上重要な要素を占めていました。それは映画が製作された時期に起きた出来事から大きく影響を受けた可能性が高いです。

2008年、アメリカの大手投資銀行リーマンブラザーズが破綻、世界中の経済やマーケットに多大な影響を及ぼしました。影響が今以上に色濃く残っていた2010年に公開されたのが第一作目でした。

悪党銀行のロゴが最初に登場する時、リーマンブラザーズを揶揄した文字が認識出来る程長い時間、場面が変わらずに映されていました。

8.ミニオンの歯並びが矯正された理由!?

『怪盗グルーの月泥棒』に登場したミニオン達の中には歯並びの悪いキャラクターが登場していました。しかし第2作目では歯が矯正されています。

身体の形や髪型が数パターンしかありません。さらに作業を簡略化するために歯並びが矯正されたという噂が上がっています。

これにインスパイヤ―されたファンがキャラの歯を矯正するモバイルゲームを開発しています。

9.ミニオンズの荒さがし!?

ミニオンズ

ネファリオ博士が立てた計画では48時間という予定でしたが、グルーが実際に計画を実行して月を盗んで帰ってくるまでに一日かからず達成している、『怪盗グルーのミニオン危機一発』の冒頭で北極の座標が表示されるが、実際は南スーダンの座標、最新作『ミニオンズ』でアメリカ式の消火栓がイギリスでが登場、1968年当時には使用されていなかった通貨が使用されているなど、細かい間違いが指摘されています。

10.監督が約900体のミニオンの声を担当していた!?

彼らの独特の声は間違いなく作品の魅力のひとつになっています。

すべての声はシリーズの共同監督、ピエール・コフィンが第一作目から務め、第2作目『怪盗グルーのミニオン危機一発』では899体の声を担当したと監督本人が語っています。

もし宇宙に取り残されたミニオンをカウントし忘れていたら、コフィンは合計で900体の声を担当したことになります。

11.子供部屋に名画が飾られていた!?

#Minions

Minionsさん(@minionnation)がシェアした投稿 -

3姉妹の父親代わりとなってからはすっかり親バカ(?)になったグルーは3姉妹が出来るだけくつろげる環境を作ろうと部屋を飾りました。その時に飾ったのがゴッホのローヌ川の星月夜、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザなど名画ばかりでした。

おそらくそれらはグルーが以前に美術館から盗んだ本物で、愛する子供たちのために倉庫から持ち出してきたのでしょう。