2018年12月15日更新

映画「ミニオン」シリーズの全吹き替え声優一覧!【時系列で完全網羅】

怪盗グルー
©Universal Pictures

ミニオンの可愛い見た目とテンポの良いストーリー展開で大人気の「ミニオン(怪盗グルー)」シリーズ。ミニオンの独特の声は誰が演じているのか気になりませんか?この記事では、シリーズ4作に登場するキャラクターの吹き替え声優を紹介します。

「ミニオン(怪盗グルー)」シリーズの声は誰が?吹き替え声優を一挙紹介します!

ミニオンのミニミニ大脱走
©︎2018 UNIVERSAL STUDIOS

イルミネーション・エンターテイメントが製作する超人気シリーズ「ミニオン(怪盗グルー)」。2010年に最初の作品である『怪盗グルーの月泥棒』が公開されてから、ヒットを飛ばし続け、2015年に公開された『ミニオンズ』は『アナと雪の女王』に次ぐ世界第2位の興行収入を記録しました。 この記事では、「ミニオン(怪盗グルー)」シリーズに登場するキャラクターの吹き替え声優を公開順に紹介します。

【「怪盗グルー」シリーズの公開順】
1作目:『怪盗グルーの月泥棒』(2010)
2作目:『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013)
スピンオフ:『ミニオンズ』(2015)
3作目:『怪盗グルーのミニオン大脱走』(2017)

全話に登場するメインキャラクターたち

まずは、シリーズを通して登場するメインキャラクターの声優を紹介します。

グルー/笑福亭鶴瓶

怪盗グルー
©Universal Pictures

かつては盗みを得意とする大悪党でしたが、三姉妹と出会い養父になったことで悪党を卒業。また、ミニオンたちから「ボス」として慕われる存在です。

View this post on Instagram

グルーじゃ、ミニオンじゃ

笑福亭鶴瓶さん(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 -

そんなグルーの吹き替え声優を務めるのは、落語家の笑福亭鶴瓶。本人が関西弁を話すので、吹き替え版のグルーも関西弁となっています。 笑福亭鶴瓶は映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』でもナレーションを務めていましたが、本格的な声優は本シリーズのみになります。

マーゴ/須藤祐実

グルーの養子となった三姉妹の長女。しっかり者ですが、心配性が過ぎる一面も。

マーゴの吹き替えを担当しているのは、声優の須藤祐実。須藤は「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャーの声で有名なので聞き覚えのある声だと感じた方も多いのではないでしょうか?

イディス/矢島晶子

三姉妹の次女。ピンクのニット帽をいつも被っています。好奇心旺盛で一人で勝手に行動してしまうことも。 イディスの吹き替えを担当しているのは声優の矢島晶子です。矢島といえば『クレヨンしんちゃん』の慎之介の声でお馴染みですが、『ホーム・アローン』のケビンの声や『ピノキオ』のピノキオなどの吹き替えも務めています。

アグネス/芦田愛菜

アグネスはユニコーンが大好きな三姉妹の末っ子。『怪盗グルーのミニオン大脱走』では、本物のユニコーンの角を見て興奮のあまり悲鳴で窓ガラスを割ってしまうほど。

アグネスの吹き替えを務めたのは、子役出身の芦田愛菜。芦田は言わずと知れた天才子役として活躍しましたが、その演技力は本シリーズでも健在。成長につれて声のトーンは変わっているものの、どの作品でも天真爛漫なアグネスを見事に演じきっています。 また、2018年には『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』のラルゴ役の声も担当しました。

ボブ、トム/佐藤せつじ

ボブはオッドアイの二つ目で、ミニオンズの中でもっとも小さいミニオンです。また、毛が一本も生えていないのも特徴。テディベアに「ティム」という名前をつけ、持ち歩いています。 トムは二つ目のミニオンで、背は中くらい。毛はツンツン立ったスパイクヘアーとなっています。格闘技が好きで、『怪盗グルーの月泥棒』ではグルーとともに、ポーズをとっている姿が確認できます。

ボブとトムの声を担当しているのは、俳優としても活動している声優、佐藤せつじ。 佐藤は「カンフー・パンダ」のポーや「デッドプール」のウィーゼルなどの声を演じており、幅広いジャンルで活躍しています。

ケビン/多田野曜平

ケビンは二つ目のミニオンで背が高く、ミニオンズのリーダー的存在です。映画『ミニオンズ』でも真っ先にボス探しの旅に出ることを決意したしっかり者。 また、同作中ではスカーレットの家の装置を起動させ、巨大化してしまいます。

ケビンの声を担当しているのは声優の多田野曜平。多田野は「スター・ウォーズ」シリーズのヨーダや、『アナと雪の女王』のウェーゼルトン公爵、『シュガー・ラッシュ』のターボ(キャンディ)大王など数々のキャラクターを務めています。 また、「ミニオン」シリーズではトム以外のキャラクターの声も担当しているのですが、一体誰だと思いますか?答えは後述しているので要チェックです。

スチュアート/青山穣

スチュアートは半開きの一つ目のミニオンで背は中くらい。ギターが好きで背負って持ち歩いています。 『ミニオンズ』ではボブとケビンとともに旅に出ますが、その途中で二人をバナナと勘違いし舐めていました。 スチュアートの声を担当しているのは、声優の青山穣です。青山は『モンスターズ・インク』のランドールや「銀魂」の岡田似蔵など多々のキャラクターを担当しています。

ネファリオ博士/伊井篤史

ネファリオ博士は天才科学者で、冷凍光線などのグルーの武器の開発者でもあります。 また、その冷凍光線で自分が凍ってしまうシーンが登場しますが、これは『スター・ウォーズ エピソード5 /帝国の逆襲』のパロディとなっています。

ネファリオ博士の吹き替えを担当しているのはベテラン声優の伊井篤史。 伊井は『サザエさん』の裏のおじいさん(二代目)の役や伊佐坂難物(二代目)などを担当していました。

1作目『怪盗グルーの月泥棒』(2010年)

ここからは、作品ごとに登場したキャラクターの吹き替え声優を紹介。まずは、「怪盗グルー」シリーズのスタートである『怪盗グルーの月泥棒』から紹介していきます。

ベクター/山寺宏一

本作でのグルーの敵、ベクターはメガネにジャージ姿が特徴の悪役。グルーから縮小ビーム銃を盗み、月を手に入れますが、最後は突然大きくなった月とともに宇宙に飛んでいきます。 自分のことを「ボクちゃん」と呼び、非常に狡猾なキャラクターです。

そんなヴェクターの声を担当しているのは、タレントや声優、ナレーターなどマルチな活躍を見せる山寺宏一。 様々な作品に出演する超売れっ子らしく、ベクターの狡猾なキャラクターを見事に表現しています。また、山寺も「怪盗グルー」シリーズではベクターの他にあるキャラクターの声も担当しています。

フレッド/青山穣

フレッドはグルーの家の隣に住む一般人。太った身体にしゃくれた顎が特徴のメガネをかけたおじさんです。 フレッドの声を担当しているのは、スチュワートの声も担当していた青山穣です。

2作目『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013年)

ルーシー/中島美嘉

怪盗グルー
©Universal Pictures

「反悪党同盟」に引き抜かれたグルーの相棒となる女性です。手が素早く、「ミニオン大脱走」でアグネスがこうしてあげた悲鳴を何者かに襲われたと勘違いし、その場にいた人たちに殴りかかってしまうほど。 グルーとは最終的に結婚し、三姉妹の養母となります。

View this post on Instagram

ミニオンに遭遇! これ、ケーキなんです。 #NY#ミニオン

中島美嘉さん(@mikanakashima_official)がシェアした投稿 -

ルーシーの吹き替えを担当したのは、歌手の中島美嘉。中島は「NANA」など女優業も行っていますが、吹き替えは「怪盗グルー」シリーズのみのようです。

エドアルド・ペレス(怪盗エル・マッチョ)/中井貴一

エドアルド・ペレスはメキシコ料理の店の経営者ですが、その正体はかつて悪党として名を馳せていた怪盗エル・マッチョ。グルーはエドアルドの正体がエル・マッチョではないかと疑っていました。 エル・マッチョはミニオンをイービル・ミニオン化させ、再び悪巧みを図ろうとしていたところをグルーたちに返り討ちにさせられました。

エル・マッチョの声を演じたのは俳優の中井貴一。普段は俳優として様々な作品に登場していますが、吹き替え声優を担当したのは『怪盗グルーのミニオン危機一髪』が初めて。 しかし、その出来栄えはグルー役の笑福亭鶴瓶が「本物の声優を雇ったんじゃないか」とコメントするほどのクオリティ。

アントニオ・ペレス/宮野真守

アントニオはエドアルド・ペレスの息子で、マーゴの初恋の相手。 気が浮きやすく、マーゴとのデート中に他の女の子の方に行ってしまいます。

アントニオの声を演じているのは「ハリー・ポッター」シリーズのパーシー・ウィーズリーなどを担当する声優の宮野真守。宮野は、ミュージカル『テニスの王子様』に出演、テレビアニメ版『デスノート』で主人公・夜神月の声を担当したきっかけに注目を集めた人気の若手俳優のひとり。歌手としても活動しています。 彼は「怪盗グルー」シリーズの様々なキャラクターを演じており、同じ作品中で一人二役をこなすといった技を見せています。

サイラス・ラムズボトム/坂口芳貞

「反悪党同盟」の局長で、ルーシーの上司にあたります。 ミニオンズにサイラスの名前を聞いて「オケツ(羊のお尻)」のようだと馬鹿にされました。

ラムズボトムの声を担当しているのは、舞台などでも活躍する声優、坂口芳貞。 坂口は『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』でダーズベイダー役を担当し、2018年11月30日に公開された『くるみ割り人形と秘密の王国』ではドロッセルマイヤー役を務めています。

フロイド・イーグル/山寺宏一

フロイド・イーグルは、エドアルド・ペレスの店と同じモールの中にあるウィッグ専門店を出している男性です。背が低く、金髪に同じ色の長い髭が特徴。 彼の店から変身薬(ミニオンがイービル・ミニオンに変身してしまった薬)の空き瓶が発見され、研究所から盗んだと疑われ逮捕されてしまいます。 フロイド・イーグルの声を担当しているのは山寺宏一。『怪盗グルーの月泥棒』ではベクターの声を務めていました。

スピンオフ作『ミニオンズ』(2015年)

『ミニオンズ』はミニオンたちが主役のスピンオフ作。本作でも豪華な声優陣が参戦しています。

スカーレット・オーバーキル/天海祐希

全ての悪党たちが憧れる最強最悪の女ボス、スカーレット・オーバキル。そんな悪役を演じるのは、女優の天海祐希です。 天海祐希は、87年宝塚歌劇団に入団し、25歳という若さで史上最年少の月組トップスターに就任します。退団後は女優として活躍。映画『クリスマス黙示録』では日本アカデミー賞新人賞受賞。以降様々な映画やドラマなどで活躍しています。アニメの吹き替えでは、『崖の上のポニョ』でポニョの母親役を演じました。

ハーブ、フラックス教授/宮野真守

スカーレット・オーバキルの夫であり、常にクールな発明家ハーブ。 ハーブの声を演じたのは宮野真守です。また、宮野は本作でフラックス教授の声も担当しています。 フラックス教授は、自分のクローンを作り続ける偏屈な性格の持ち主。

ウォルター・ネルソン/設楽統

ウォルターは「大悪党大会」に出場するために車で向かっていた際に、ミニオンたちと出会う悪党一家の大黒柱。

そんなウォルターの声を演じているのはお笑いコンビ「バナナマン」の設楽統。設楽は、お笑い以外にも俳優や司会者としても活躍しています。 映画『ペット』ではマックスという主人公の犬役、『少年マイロの火星冒険記』でマイロのパパ役、『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』ではオキアミのウィルを演じるなど、声優としても活動しています。

ウォルター・Jr・ネルソン/日村勇紀

ウォルター一家の長男ウォルター・Jr・ネルソンは、子供ながらも英才教育のおかげか、銀行強盗も軽々とこなす強者。

そんなウォルター・Jrの声を務めたのはお笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀。 声優としては、相方の設楽統とともに『ペット』、『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』に出演しました。

ティナ・ネルソン/藤田さいか

ティナ・ネルソンは、ネルソン一家の娘。悪党スカーレットに憧れています。ティナもウォルター・Jrとともに銀行強盗を行っています。

ティナの声を担当したのは、子役の藤田さいか。 藤田は「明治ブルガリアヨーグルト」などのCMでの出演がメインで、この作品が声優初挑戦となります。

マージ・ネルソン/LiSA

View this post on Instagram

Who wants apple slices?

Minionsさん(@minionnation)がシェアした投稿 -

マージ・ネルソンは、ティナとウォルター・Jrの母親。ヒッチハイクをしていたミニオンたちを一目見て気に入り、車に乗せます。

マージの吹き替えを担当したのは歌手のLiSA。ロックバンドボーカル「Love is Same All」のボーカルで、テレビアニメ『魔法科高校の劣等生』のオープニングテーマを担当しました。LiSAは、本作が日本語吹き替え初挑戦となります。

3作目『怪盗グルーのミニオン大脱走』(2017年)

「ミニオン」シリーズ最新話。本作では、グルーに双子の兄弟がいたことが判明しました。新たなキャストに加えて、おなじみの声優陣も出演しています。

ドルー・グルー /生瀬勝久

ドルーはグルーの生き別れた双子で、大人になってから再会します。 お金持ちで大豪邸に住んでおり、大悪党だった父親が所有していた武器や乗り物を保管していました。

ドルーの声を担当したのは俳優の生瀬勝久。生瀬は、劇団そとばこまち出身で、「ごくせん」シリーズなど様々な有名作に多数出演する名バイプレイヤーです。 また、生瀬は2018年8月公開の『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』でデヴィッド役としてゲスト出演しています。

バルタザール・ブラット/松山ケンイチ

バルタザール・ブラットは「ミニオン大脱走」に登場したグルーの新たな敵。彼は、80年代に天才子役として活躍しましたが、次第に起用されなくなったことによりハリウッドへの復讐を図ります。そのため、格好も過去の栄光に縛られたかのように、80年代のファッションに身を包んでいます。 そんな悪役の吹き替え声優を担当したのは俳優の松山ケンイチ。松山は洋画アニメーションの吹き替えを担当するのは本作が初。 ですが、松山は、ブラットの他にブラッドが変装した姿の「ポンプー」という青森弁を話すキャラクターも演じています。

ヴァレリー/いとうあさこ

ヴァレリーは「反悪党同盟」のラムズボトムの後継者で現会長。金髪に大きな鼻が特徴です。 ブラッドを逃したとして、グルーとルーシーを同盟から追い出します。 ヴァレリーを演じたのは、お笑い芸人であるいとうあさこ。いとうは『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』で花嫁軍団の一人の声を演じましたが、洋画アニメーションの声優は初挑戦となりました。

フリッツ/山寺宏一

View this post on Instagram

Happy 4th of July. Get tickets for #DespicableMe3 with link in bio.

Despicable Meさん(@despicableme)がシェアした投稿 -

フリッツは、グルーの双子ドルーの執事。グルーに双子がいることをドルーに伝えるも信じてもらえず、ロケットで飛ばされてしまいます。しかし、それでもめげず冷静かつ真摯な対応をとります。 そんなフリッツの声を担当したのは、山寺宏一。山寺は、これで3人目のキャラクターの声を演じることとなりました。

クライヴ/宮野真守

クライヴはバルタザールの相棒のロボット。 クライヴの声を担当しているのは宮野真守。様々な作品に出演している宮野ですが、ロボットの声を担当したのはこれが初めてとのことです。彼も山寺と同じく、シリーズ全体で3人(機)目のキャラクターを担当することとなりました。

ニコ/福山潤

ニコはマーゴと恋に落ちるピュアな男の子。お皿に乗ったチーズを食べてくれる女の子が現れるまで踊らなければいけない伝統的な祭りに参加するも、誰にも相手にされず。 そんな時に登場したマーゴにニコは恋に落ちることとなります。

ニコの声を担当したのは声優の福山潤(画像右端)。福山は『コードギアス 反逆のルルーシュ』のルルーシュや、『おそ松さん』の松野一松といった人気キャラクターを担当しています。

「ミニオン」シリーズには豪華吹き替え声優が集結!

怪盗グルー ミニオンズ
©Universal Pictures

「ミニオン(怪盗グルー)」シリーズには毎回豪華俳優・声優人が集結し、個性的なキャラクターを見事に演じきっています。 また、同じキャストが違うキャラクターを演じることも多々あるのが本シリーズの特徴。キャラクター同士を比較して声の違いを楽しむのも良いかもしれません。

ミニオンズ第二弾も2020年公開に向けて製作中