セクシー女優、エイドリアンヌ・パリッキの魅力に迫る【ジョン・ウィックに出演!】

2017年7月31日更新

『スーパーナチュラル』で一躍大人気となり、『エージェント・オブ・シールド』『ジョン・ウィック』などの大作への出演が増えた女優、エイドリアンヌ・パリッキ。彼女の出演映画、TVドラマやスリーサイズ等のプロフィールやエピソードを紹介します。

エイドリアンヌ・パリッキとは?

ハリウッドで活躍するエイドリアンヌ・パリッキは、1983年5月6日にアメリカ合衆国のオハイオ州に生まれた女優です。2003年に、『最高の人生のはじめ方』等で有名なプロデューサーのショートムービー『Rewrite』でデビューし、『スーパーナチュラル』等を経て『ジョン・ウィック』『エージェント・オブ・シールド』等の話題作への出演が増えている注目の女優なのです。

スタイル抜群!エイドリアンヌ・パリッキのスリーサイズは?

スラッとした皆の羨むスタイルなエイドリアンヌ・パリッキですが、身長180cmにして体重はなんと59kg、スリーサイズはB:89 W:64 H:86だそう。そんな男性顔負けの身長のスレンダーな体系を活かして、様々な作品で美しく、時に強い女性キャラクターを演じています。 そんな彼女は、アメリカの男性誌「MAXIM」が毎年発表している世界で最もセクシーな女性を選出するランキングにおいて、2012年度の10位にランクイン!世界的にその美しさが認められている女優なのです。

エイドリアンヌ・パリッキの軌跡【出演映画・TVドラマ】

『スーパーナチュラル』(2005-2009)

『スーパーナチュラル』にジェシカ・ムーア役で出演。ディーンとサムのウィンチェスター兄弟が、アメリカ合衆国各地を旅しながら、悪魔や怪物、はたまた天使と闘うアクション・ホラー・サスペンスドラマです。 エイドリアンヌはジャレッド・パダレッキ演じるサムの元恋人で悪魔に殺されたジェシカ役として登場しています。長身と美しい顔立ち、そして演技力で一気に注目を集め、その後は映画やドラマに引っ張りだこな売れっ子となったのです。

映画スターへの第一歩『EROTICS 美しい女たち』(2009)

2009年『EROTICS 美しい女たち』という映画で、ホリー・ロケット役を演じました。女優、スチュワーデス、精神科医、バーテンダー、コールガールなど、ロサンゼルスで暮らす10人の女たちのそれぞれの波乱に満ちた一日の生活を描いたコメディです。 それまで短編映画やB級映画を中心に出演していた彼女が、サイモン・ベイカー、ジョシュ・ブローリン、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット等の人気俳優と初共演を果たしたのが本作なのです。

初の大作映画出演!『レギオン』(2010)

2010年『レギオン』という映画で、物語の核となるメインキャラクター、チャーリーを演じました。それまでのエイドリアンヌの経歴の中では最大規模の作品であり、本作への出演からスターダムを駆け上がることとなったというのも過言ではありません。 チャーリーは妊婦であり、お腹に宿る子どもが人類の希望であるとして、人類存亡の戦いに巻き込まれていくというキャラクターです。

『G.I.ジョー バック2リベンジ』(2013)

『G.I.ジョー バック2リベンジ』という映画で、レディ・ジェイ役を演じました。国際テロ組織コブラによって壊滅状態に追い込まれた機密部隊G.I.ジョーが、リベンジを果たしながらコブラの世界征服計画を阻止する為に戦う物語です。 本作は、ブルース・ウィリス、ドウェイン・ジョンソン、イ・ビョンホン等の国際的なアクション俳優が多数出演する映画で、彼女は本格的なアクションに初挑戦となりました。華麗な真紅のドレスを身にまとい、その見た目からは想像もつかないほどの過激なアクションをこなす、そのギャップに虜になるはず!

MARVELの『エージェント・オブ・シールド』に参戦!

2014年より放送され、現在第3シーズン放送中のドラマ『エージェント・オブ・シールド』の第2シーズンより、バーバラ・"ボビー"・モース/モッキンバード役としてエイドリアンヌ・パリッキが出演しています。第2シーズン後半からはレギュラー出演のメインキャラクターとして活躍し、2016年のテレビ映画『Marvel's Most Wanted』にも出演が決定。 『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズのスピンオフ作品として同シリーズの映画作品群と世界観を共有していいるので、『アイアンマン』や『アベンジャーズ』などのシリーズ作品を観てから入ると見やすいかもしれませんね。

S.H.I.E.L.D.のエージェントの主人公フィル・コールソンと、彼により結成された少数精鋭チームが様々な怪事件に挑むアクション満載の作品となっていおり、今後も更なる展開が期待されるシリーズ。エイドリアンヌ・パリッキの知名度も大幅に上がることが予想されます。

コミックが大好きなエイドリアンヌ・パリッキ

エイドリアンヌにはエリックというコミックライターをしている兄がおり、その影響もあってコミックに興味を持っている様です。兄妹仲が良いのは良い事ですね、家族仲は良好そうで何だかほっこりとしてしまいます。そんな彼女がマーベル・コミックス原作のTVドラマ『エージェント・オブ・シールド』に出演したのは、もしかしたら運命なのかもしれません。 実際に本作への出演が決定した際にはTwitterで、

「モッキングバードを演じられるなんて大興奮!! とても光栄だわ!」

とも発言しています。レギュラー出演としてマーベルキャラクターの一員となったエイドリアンヌ・パリッキ。モッキンバードとしての彼女の今後の活躍を期待しましょう。

キアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』に出演!

キアヌ・リーブス主演映画『ジョン・ウィック』に出演。日本公開日は2015年10月16日です。殺し屋から足を洗い、結婚して幸せに暮らしていたジョンが、マフィアの息子に全てを奪われ復讐に立ち上がる物語です。 本作で彼女は男顔負けの最強の殺し屋であるミズ・パーキンスを演じており、普段の彼女の可愛らしい姿は影を潜め、極悪非道の限りを尽くしキアヌ演じるジョン・ウィックの道を阻みます。『G.I.ジョー バック2リベンジ』で鍛えたアクションにも力を入れ、非常に格好いい演技を見せています。

『ジョン・ウィック』での出会いからめでたく婚約!

エイドリアンヌ・パリッキは、本作『ジョン・ウィック』にスタントマンとして参加していたジャクソン・スピデルと2014年に婚約したことを発表しています。ただ、結婚報道は2015年現在未だなされておらず、ひそかに結婚をした、等とファンの間でも憶測が飛び交っているよう。

「つながりを感じられる限り、男性が特定のタイプかどうかは気にしないわ。人は年を取って、体形も変わってしまうものだけど、笑いは長続きするから大事よ」

と自身の恋愛観を語る彼女ですが、女優としての仕事が順調な今、ジャクソンとの生活も同様に上手くいっているのでしょうか。

幻のワンダーウーマン画像

パイロット版『ワンダーウーマン』にエイドリアンヌ・パリッキの主演が予定されていたのですが、残念なことに制作中止となってしまいました。テレビ局側がエピソード1の出来に満足しなかったためです。試写会の視聴者の反応がイマイチであり、ワンダーウーマンの衣装に不満があったのが大きな要因のようです。非常に残念な結果ではありますが、本作の失敗も、エイドリアンヌ・パリッキの活躍の糧となっているに違いありません。 そんな不運にも見舞われてしまったエイドリアンヌ・パリッキですが、今や人気女優の一人に仲間入り。今後の更なる活躍に期待しましょう。