世界中でマルチな活躍を見せるボブ・オデンカークのこれまでと今後の活躍

2017年5月10日更新 2548view

ボブ・オデンカークは、俳優・コメディアン・放送作家・映画監督・脚本家というマルチな才能を持っています。『ベター・コール・ソウル』のソウル・グッドマンとして有名なオデンカークの、これまでのキャリアや今後作品などをチェックしてみましょう。

ボブ・オデンカークのプロフィール

ボブ・オデンカーク

ボブ・オデンカークは、俳優・コメディアン・放送作家・映画監督・脚本家というさまざまな顔を持っています。

1962年10月22日にイリノイ州で生まれ、本名は、ロバート・ジョン・オデンカークと言います。

家族構成

オデンカークは、イリノイ州の印刷業社で働いていた両親のもとに、7人兄弟の2番目として生まれました。

オデンカーク家は、ドイツ・アイルランド・スコットランド系アイルランド・スコットランドの家系です。名字のオデンカークは、古代ノルウェー語で「オーディン(北欧神話の最高神)の教会」を意味しており、ドイツ人の移民の先祖に端を発しています。

1997年にナオミ・オデンカークと結婚し、2人の子どもにも恵まれました。

キャリア

オデンカークは、そのキャリアをシカゴからスタートさせました。シカゴでは、のちに『サタデー・ナイト・ライブ』の放送作家となるロバート・スミゲルと知り合っています。

1987年、『サタデー・ナイト・ライブ』の放送作家として雇われ、1989年にはエミー賞を受賞しました。シーズン13〜20まで『サタデー・ナイト・ライブ』の放送作家をしていましたが、その後、『ゲット・ア・ライフ』の放送作家として働き始めました。

『ゲット・ア・ライフ』は、すぐに打ち切りになってしまったものの、『ザ・デニス・ミラー・ショー』で放送作家として雇われ、この作品で、俳優としてデビューしました。この後に放送作家を務めた『ザ・ベン・スティラー・ショー』で、オデンカークは再びエミー賞を獲得しています。

1993年〜1994年にかけて、『レイトナイト・ウィズ・コナン・オブライエン』の放送作家を務めました。

1995年、オデンカークは、デイビッド・クロスとともに『ミスター・ショー・ウィズ・ボブ・アンド・デイビッド』をスタートさせます。『ミスター・ショー・ウィズ・ボブ・アンド・デイビッド』は、4シーズン続きました。

『ミスター・ショー・ウィズ・ボブ・アンド・デイビッド』が終わった後は、『 ラン・ロニー・ラン(原題)』の脚本を書いたり、長編映画『メルヴィン・ゴーズ・トゥー・ディナー(原題)』 『プリズン・フリーク』 『最凶家族計画』を監督するなど、多彩な活躍を見せています。

2009年、『ブレイキング・バッド』にソウル・グッドマン役で出演し、人気を博しました。

ボブ・オデンカークの出演映画

『プリズン・フリーク』

ボブ・オデンカーク 『プリズン・フリーク』

2006年アメリカ公開のコメディ映画『プリズン・フリーク』で、オデンカークはデュエイン役で出演しています。また、オデンカークはこの作品で、監督も務めました。

『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

ボブ・オデンカーク 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』はウディ・グラントとデヴィッド・グラントの親子が、当たってもいない賞金を手に入れるためにネブラスカ州リンカーンを目指す物語です。

この映画でオデンカークは、ウディの長男でありデヴィッドの兄であるロス・グラントを演じました。

ボブ・オデンカークの出演ドラマ

『ブレイキング・バッド』

『ブレイキング・バッド』

オデンカークは、ソウル・グッドマンという弁護士を演じました。この作品のスピンオフドラマが、『ベター・コール・ソウル』で、アメリカでは大変な人気となっています。

『FARGO/ファーゴ』

『FARGO/ファーゴ』

『FARGO/ファーゴ』シーズン1で、オデンカークは、ビル・オズワルト(ベミジー警察署の新署長)役で出演しています。

この作品は、ローン・マルヴォ(ビリー・ボブ・ソートン)が人々を殺人事件に巻き込んでいくサスペンスドラマで、プライムタイム・エミー賞「作品賞ミニシリーズ部門」やゴールデングローブ賞「テレビドラマ部門ミニシリーズ・テレビ映画部門作品賞」などを受賞しました。

『ブレイキング・バッド』のスピンオフ『ベター・コール・ソウル』で遂に主演に!

ボブ・オデンカーク 『ベター・コール・ソウル』

出典: theangrymicrowave.com

ベター・コール・ソウル』は、『ブレイキング・バッド』に登場するいんちき弁護士、ソウル・グッドマンを主人公としたスピンオフシリーズです。

舞台は『ブレイキング・バッド』の6年前、ソウルがまだ本名のジミー・マッギルと名乗っていた頃の物語で、オデンカークは、主人公のソウル・グッドマンを演じています。

この作品でオデンカークは、5th Critics' Choice Television Awards「ドラマシリーズ主演男優賞 」を受賞しました。

『ベター・コール・ソウル』は、2015年9月1日よりネットフリックスで放送されており、アメリカでは、シーズン2の作成も決定しています。

ボブ・オデンカークの今後の出演

『ザ・キッチン・シンク(原題)』

『The Kitchen Shink』

『ザ・キッチン・シンク(原題)』は、人間・ヴァンパイア・ゾンビが共存していた街で、対立するようになってしまった3者を、若者達が元に戻そうとするという物語です。このコメディホラーに、オデンカークも出演しています。

アメリカでの公開は、2015年9月です。

『ウィズ・ボブ・アンド・デイビッド』

ボブ・オデンカーク 『With Bob and David』

2016年より、オデンカークは、デイビッド・クロスとともにコント番組をスタートさせます。

海軍特殊部隊で不名誉除隊処分を受けたボブとデイビッドが、ベストなやり方で国に仕えるために戻ってくる、というストーリーです。

俳優としてもコメディアンとしても新作を控えるオデンカークの活躍に、今後も期待しましょう!