『劇場版 びったれ!!!』あらすじ・キャスト紹介【元極道の司法書士】

2017年7月6日更新

2015年に田島隆原作、高橋昌大作画による元極道で司法書士のシングルファザーの主人公の奮闘を描いた漫画「奮闘!びったれ」をドラマ化し反響を呼んだ『びったれ!!!』。そんなリーガルドラマの劇場版が、2015年11月28日に公開されます。

人気ドラマの映画化『劇場版 びったれ!!!』

3つの顔を持つ一人の男・伊武努。その正体はお人好しで頼りないシングルファーザーであり、元極道であり、有能な司法書士。弱気を助けるために司法書士になったけれど、法で解決できないとなると極道の顔になり問題を解決しようとする、とんでもないキャラクターなのです。

そして、タイトルにもなっている「びったれ」は、広島弁で「小心者」を意味する方言であり、「びったれ!」と言われると拳をを震わせ奮闘してしまう伊武を端的に表します。

本作は田島隆による漫画が原作で、ドラマ化もされました。本劇場版は、そのドラマキャストが続投する形となり、2015年11月28日に公開されます。原作者の田島隆は海事代理士、行政書士であることから、突拍子もない設定ながらリアリティが散りばめられているそう。また、オール広島ロケでの撮影であり、広島愛に溢れた作品になっています。

実はドラマ版『びったれ!!!』は、広島ではチャンネル占拠率33.5%を誇った超人気の作品。貧富を含めたあらゆる格差が広がっている現実を如実に表しており、追い詰められてしまった弱者を救うというストーリーは多くの人々の共感を呼びました。

弱気を助け強きを挫く『劇場版 びったれ!!!』のあらすじ

かつて極道として狂犬と恐れられていた伊武努(田中圭)は、司法書士として生まれ変わり、亡き姉の忘れ形見のかりんを男手一つで育てています。普段はお人好しでドジなところもある努ですが、実は弱者が理不尽な目に遭っているのを見過ごすことができない正義の心を持っており、司法書士として、そして時に極道の顔を見せ必死に彼らを救おうともがいています。

ドラマ版の最終話では、実の父親でありながら「子どもに優しい世の中」という自らの公約のためにのみ娘を利用とする相羽一郎(池内万作)からかりんを取り戻し、平和な生活を取り戻せたかに見えました。しかしまたもや問題が起きます。

パパ友の不当解雇や、町全体が不正取引により立ち退きを命ぜられ、伊武の助手として働いている杉山(森カンナ)の実家もその巻き添えをくってしまう始末。

そしてその過程で愛する娘かりんを人質に取られ大ピンチに!

黒幕は伊武の父親、伊武制覇(竹中直人)。制覇は努のライバルである悪徳弁護士の霧浦(山本耕史)を影で操り、努を窮地に陥れます。努は弱い市民を助けるため、何よりも愛する娘を助けるために立ち上がります。

ドラマ版から続投!映画『劇場版 びったれ!!!』キャスト

田中圭:伊武努

田中圭は、『図書館戦争』シリーズや『相棒シリーズ X DAY』等に出演する人気俳優です。主役級の作品は少ないものの、幅広くバイプレイヤーとして作品を彩っています。映画やドラマは勿論、CMや舞台などマルチに活躍しています。

本作で田中圭は、シングルファーザーとして娘を育てつつ、元極道で司法書士というとても難しい役どころを演じています。原作者が行政書士であることから、当然フィクションながら、リアルなエピソードが満載です。

「“元極道”とか、“お人良しの先生(司法書士)”というのを別人格として捉えるのでなく、三つで一つの伊武努というのを自然に演じられたらと思った」

役作りに対してこだわりを語った田中。市政の弱い人々を助けるために極道にまでなる役は今までなかっただけに、本作での演技に期待がかかります。

森カンナ:杉山栄子

清楚な雰囲気で人気の女優、森カンナ。モデル出身ですが、『仮面ライダーディケイド』に出演して人気を集めた後、『警視庁失踪人捜査課』でオーディションで役を勝ち取ってからというものの、女優として第一線で活躍しています。『レインツリーの国』『僕だけがいない街』にも出演しています。

本作で森カンナは、勤め先のもみじ司法合同事務所にて伊武の補助者という役どころです。彼女自身、男性に引っ張られるよりは引っ張りたい性格だそうで、ドジな伊武を毎日叱責しつつも助ける杉山栄子の役は森カンナにぴったりかもしれませんね。

国広富之:桑原和也

国広富之ハドラマ『岸辺のアルバム』で鮮烈なデビューを飾り、1980年代の大映ドラマスターとしてその名を広めた俳優です。テレビドラマを中心的に、時代劇から刑事物、そして大河ドラマと幅広く活躍しています。本作ではドラマ版から引き続き桑原和也を演じています。

国広富之演じる桑原和也は伊武の勤める事務所の上司であり、伊武の極道だった過去を知っている人物です。なぜ伊武が司法書士になったのかという経緯を知っている数少ない人間として、伊武の良き理解者。優しく伊武を見守る上司を好演しています。

日向丈:五十鈴

秋田書組若頭で伊武に協力を惜しまない五十鈴を演じるのは日向丈。主演こそないものの、脇役としてしっかりと締める役どころが多いです。近年では、2014年『イン・ザ・ヒーロー』で、唐沢寿明・寺島進らと共にスーツアクターを演じています。

岩崎未来:伊武かりん

岩崎未来は人気急上昇中の子役であり、2008年生まれ6歳にして既にメジャー作品への出演が相次いでいます。『まほろ駅前狂騒曲』『100回泣くこと』等にも出演し、特に朝ドラ『花子とアン』では村岡美里役を演じ、その可愛さから話題になりました。韓国ユニット、超特急の初主演作品『サイドライン』では物語の新を造るキャラクターとして活躍しています。

本作で岩崎未来は努(田中圭)の義理の娘として、ドラマ版から続投という形で出演しています。田中圭が「天才」と称する彼女の演技力に期待が出来そうです。

『劇場版 びったれ!!!』より参戦の新キャストたち

山本耕史:霧浦三郎

2015年8月に、舞台『嵐が丘』で共演した堀北真希と入籍したことで話題となった山本耕史。俳優・歌手としてマルチに活躍し、主に舞台をメインとして多くのミュージカルに参加しています。近年では朝ドラ『あさが来た』や、『ギャラクシー街道』などに出演しています。

本作では、伊武努(田中圭)のライバルとして立ちはだかる悪徳弁護士・霧浦三郎を演じています。見た目優しそうな風貌からあまり悪役を演じるイメージはないので、田中圭とどのように絡むのかに期待がかかります。

竹中直人:伊武制覇

主人公の伊武努と確執のある父親の伊武制覇に、名優・竹中直人がキャスティングされています。多くの映画・ドラマにメインキャスト級から脇役まであらゆる役柄をこなし、その独特な声で『シュレック』シリーズやマーベル・シネマティック・ユニバースの吹き替えを担当したりとマルチに活躍しています。

田中圭自身が、竹中が自身の父親像にぴったりということで、どうしても出演してほしいとオファーをしたのだそう。竹中直人がどのように外道の父親を演じるのか期待がかかります。

『奮闘!びったれ』原作者・田島隆の壮絶な人生

田島隆とは、本作「奮闘!びったれ」に加え、「カバチタレ!」「極悪がんぼ」等で知られる人気漫画家です。自身の豊富な人生経験を投影した、現実をリアルに描いた作風だとして人気を誇り、代表作である3作品それぞれがドラマ化もされ非常に話題となりました。本作『劇場版 びったれ!!!』は田島隆氏が直接脚本参加しており、原作者の想いの詰まった作品になっています。

田島氏は今や人気漫画家として名を馳せているものの、幼い頃は両親が経営していた喫茶店が上手くいかず、貧しく厳しい生活を強いられたそう。経済事情から高校を中退し、15歳から独立して生計を立てていました。問題を抱える家庭に育ち、決して幸福とは言えない環境の中で、唯一田島氏を癒したのが漫画だったそうです。

トラック運転手・花屋・クリーニング技師・清掃業・新聞配達・営業マン・工員など、約30種類の職業を経験し、現在は海事代理士・行政書士として働く彼の豊富な人生経験が、本作にはそのまま投影されているのでしょう。弱きものを助けたい、という主人公・伊武努の想いは、そのまま田島氏の想いを表しているのです。

『劇場版 びったれ!!!』のみどころ、リアルな法の世界

田中圭が優しいシングルファーザー、司法書士、極道を演じるところも楽しみではありますが、不当な解雇や不正な取引により立ち退きをしなくてはいけないとなった時にどのように法を活用するのかというところも見どころの一つではないでしょうか。

原作者の田島隆は過去、仕事に就いたものの賃金が支払われなかったという理不尽な目にあい、その後労働基準監督署において賃金が戻ってきたそうです。

そういった経験から法律は弱者の味方になるという経験を経て、海事代理士と行政書士の資格を取ったそうです。なので、原作者の思いの詰まった作品であることに間違いありません。