2019年5月15日更新

俳優・田中圭が女性を虜にする理由を出演ドラマ・映画から探る【『おっさんずラブ』『あなたの番です』】

おっさんずラブ

イケメンながら親しみやすい俳優・田中圭が、世の女性を虜にしまくっている……!?2018年、『おっさんずラブ』で大ブレイクし、ドラマ『あなたの番です』でも女性を夢中にさせているという田中圭。彼の魅力を、出演ドラマ・映画から探ります。

人気再燃中のイケメン俳優・田中圭の魅力をドラマ・映画で振り返る

アラサー・既婚者・2児の父と、新たなファンを獲得するには難しいとされる要素も多い中、世の女性を虜にしている塩顔イケメン俳優・田中圭。 ドラマ『僕の歩く道』では、自閉症の主人公に反発する複雑な役を演じており、以前からクセの強い役もこなす演技力の高さに定評があります。2006年頃から出演作が絶えず、舞台にも精力的に出演していたものの、脇役(2番手)のイメージが抜け切りませんでした。 この記事では、ドラマ『おっさんずラブ』をきっかけに「脇役のイケメン」を脱し、一躍時の人となった田中圭の魅力を出演ドラマ・映画から探っていきます。

田中圭のプロフィール

田中圭は、1984年7月10日生まれ、東京都出身の俳優です。田中圭は芸名ではなく本名で、名付け親は実の母親とのこと。田中の母は、息子に裏表のない性格に育ってほしいと願い、左右対称の漢字「圭」という名前を付けたのです。

田中は中学3年生の時に応募した「21世紀ムービースターオーディション」にて、最終選考まで進みながら惜しくも入賞は逃すも、芸能事務所「トライストーン・エンタテイメント」の目に留まりスカウトされて芸能界デビューしました。

進路決定の際に俳優業を優先したため学歴は「高卒」ですが、田中が通っていた渋谷教育学園幕張中学・高校は、東大合格者を多数輩出する進学校。中学受験では偏差値73を出したほどの秀才であり、英語を話す役に定評があるようです。

ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』では、ネイティブまではいかないにしても、「流暢な英語」という評価が集まりました。

結婚相手はドラマ『まっすぐな男』で共演した女優さくら

田中圭はドラマ『まっすぐな男』で共演したさくらと2011年に結婚しました。結婚時には既にさくらは妊娠5カ月であったことから、当時「出来ちゃった婚」としても話題となりました。

ドラマでは貫地谷しほりが演じた女性を追いかけていた田中圭ですが、現実では違ったようですね。2012年に長女が、2016年には次女が誕生しており、現在は2児の父です。

ドラマ『おっさんずラブ』で再ブレイク!写真集の重版も!?

2000年にデビューしてから18年。田中圭の知名度は低くはなく、話題作にもコンスタントに出演しましたが、「大ブレイク」と言われたのは2018年のこと。 4月期のドラマ『おっさんずラブ』は、田中にしては珍しい主演ドラマであり、女好きなのにモテない33歳の春田創一を演じました。”はるたん”こと春田が、心はオトメンの部長とドSなイケメン部下に告白され、三角関係になる純愛ドラマです。 春田は優しいけれどどこか頼りなく、優柔不断で周囲に流されやすいキャラでした。田中はその揺れに揺れる感情を、見事に演じ切りました。 はるたんのキュートぶりに、不釣合いなほど鍛えられた肉体美も女性たちの注目を集め、作品の大ヒットと共に人気が再燃!2016年3月発売の写真集は、2年越しでの重版が決定するほどの売れ行きで、これには田中も驚いたそうです。

なぜ世の女性は田中圭の虜になるのか?出演ドラマを振り返る

『WATER BOYS』(2008年)

田中圭の出世作と言えるのが、男子シンクロを扱った異色のドラマ『WATER BOYS』で、『WATER BOYS 2005夏』にも出演しました。 本作はシンクロに憧れ唯野高校水泳部に入部した進藤勘九郎(山田孝之)が、仲間たちと高校最後の学園祭でのシンクロ公演を目指し、奮闘していく青春ドラマ。田中は勘九郎の親友で、「ウォーターボーイズ」最後のメンバーとなる安田孝を演じました。 事なかれ主義の安田は、父や周囲の反対で一度はシンクロを諦めます。しかし、成績の向上や署名運動に対する貢献から、同好会への参加を認められる、という役どころでした。

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(2012年)

2012年から2017年までにシリーズ5本、SPドラマ1本、スピンオフ2本が制作され、高視聴率を誇った「ドクターX」シリーズ。フリーランスの外科医・大門未知子(米倉涼子)が、天才的な手術の腕で患者を救い、汚い権力者を圧倒する痛快医療ドラマです。 田中圭演じる森本光は、第1シリーズでは頼りない新米外科医で、未知子に憧れ、最後は外科修業のためにアメリカへと旅立ちます。 第5シリーズで再登場し、ファンは田中圭の復帰に大歓喜でした!森本は帰国後、地方に飛ばされましたが、初の女性院長から「東帝大学病院」に引き抜かれることに。結婚詐欺や未知子に振り回されつつ、助手として彼女を支え続けました。

『ホームレス中学生』(2008年)&『ホームレス中学生2』(2009年)

2008年に放送された『ホームレス中学生』は、お笑いコンビ「麒麟」の田村裕が、相方の川島明と出会うまでを描いた自叙伝を原作としています。 中学2年生の始業式を終えて帰宅した時、ドアには「差し押さえ」のテープが張られ、家具も全て外に出されていました。母は既に他界しており、裕が兄と姉と相談していると唯一頼れる父が現れて、「解散!」と宣言していなくなってしまい……。

翌年には『ホームレス中学生2』が放送され、田村裕の実兄の著書『ホームレス大学生』を基に、学生ながら大黒柱として奮闘した長男の物語を描きました。 田中圭は2作品を通して兄の田村慎一役を演じ、第2弾では主演を務めています。優しい雰囲気のお兄ちゃん役がぴったりで、田中が大阪弁を話しているのも特徴!発音が綺麗で、東京出身とは思えないと高く評価されているため、貴重な大阪弁に注目です。

『軍師官兵衛』(2014年)

豊臣秀吉の軍師として活躍し、稀代の名将と呼ばれる黒田官兵衛の生涯を描いた『軍師官兵衛』では、大河ドラマ初出演を果たしました。 田中圭が演じたのは、豊臣政権を支え、秀吉の右腕として重用された石田三成。武闘派ばかりの戦国時代には珍しく、理詰めの合理主義者です。それ故に周囲と反目し、官兵衛(岡田准一)やその長男・長政(松坂桃李)とも対立していく役どころでした。 田中はあるインタビューで、「好青年の役作りをしていたはずが、物語が進むに連れかなり嫌な人物になり、”どう嫌われるか”を意識した」と語りました。視聴者からはあまり良い印象を持たれないながらも、それも田中の演技あってこそと、評価する声も多いようです。

『びったれ!!!』(2015年)

2015年1月より、神奈川テレビで放送されたドラマ『びったれ!!!』。ドラマ『極悪がんぼ』などの原作を手がけた、田島隆の人気漫画『奮闘(きばれ)!びったれ』の実写化作品です。 主演を務めた田中圭は、「元・極道」で現在は「敏腕の司法書士」、プライベートでは「お人好しで頼りないシングルファーザー」の伊武努を演じました。3つの顔を持つ彼が、理不尽な目に遭う弱者の味方となり、トラブルを解決していく痛快劇です。 法的手段が効かない相手には、極道の顔で凄みを効かせて解決しようとします。その際、眼鏡を外すのですが、この”オンとオフ”も女性は堪らなかったようですね。

『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(2015年)

2015年放送のドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』は、相原実貴の漫画『5時から9時まで』を、石原さとみと山下智久主演でドラマ化したラブストーリー。 英会話学校の教師である桜庭潤子(石原さとみ)の人生は、高学歴・高身長・高収入と全てを兼ね備えたイケメン僧侶・星川高嶺(山下智久)と出会い、変わっていきます。その過程と、潤子が突如訪れたモテ期に翻弄される様を描いた作品です。 田中圭演じる清宮真言は、生徒時代の桜庭の恩師で、ELA表参道校での頼れる上司。妻と死別し、新しく好きになった潤子の幸せをただ願う、少し切ない役でした。

『家族ノカタチ』(2016年)

2016年1月期放送のドラマ『家族ノカタチ』では、上野樹里演じる熊谷葉菜子の元夫・高瀬和弥役を演じており、第2話から出演しました。 独身貴族の主人公・永里大介(香取慎吾)家に、ある日、父が再婚相手の連れ子とともにやってきて……というところから始まるドタバタ人情喜劇です。高瀬は葉菜子との離婚を後悔し、彼女の職場にも訪ねてくるなど、序盤は不気味な雰囲気でした。 一方で、大介と違い子ども好きで、仕事もできるさわやかな好青年でもあります。葉菜子の母も復縁を望んでおり、結婚相手としては文句なし!謎に包まれた離婚の理由が判明すると、ストーカー男から一転して、好印象な男性にイメージが変わっていったのです。

『恋がヘタでも生きてます』(2017年)

2017年4月期に日本テレビ系列で放送された『恋がヘタでも生きてます』は、藤原晶の人気コミックを原作に、恋に不器用な大人たちをコミカルに描きました。 高梨臨演じる主人公・茅ヶ崎美沙は、仕事命で男顔負けのキャリアウーマン。田中圭は、美沙の勤務先の社長に就任するNY帰りのエリート・雄島佳介役を演じています。隙がなく完璧に見えますが、雄島にもまた、恋愛に関するトラウマがありました。 穏やかな物腰ながら、仕事も恋愛も妥協せず全てを手に入れようと積極的にアプローチするシーンもあり、強引さを兼ね備えた雄島に胸キュンです!

『獣になれない私たち』(2018年)

「逃げ恥」などの黄金コンビ、新垣結衣×脚本家・野木亜紀子がタッグを組み、「ラブ(かもしれない)ストーリー」をテーマにした『獣になれない私たち』。 職場でも、私生活でも”理想の女性”を演じてしまう深海昌を主人公に、本音と本能にフタをして生きる現代人の姿を描きました。田中圭演じる花井京谷は、晶の恋人でありながら元カノの長門朱里(黒木華)と同居を続け、別の女性とも一夜を共にする保身系男です。 そもそも、晶と交際に発展した時点で、それぞれ別に相手がいる状態でした。優しいのは間違いないのに、決断力が低く、言動の端々にアウト感が漂う京谷。それでも憎めないのが「田中圭の真骨頂」だと、田中の持つ雰囲気が評価されました。

『あなたの番です』(2019年)

2019年4月から放送開始した『あなたの番です』は、原田知世と田中圭がW主演を務めるサスペンスドラマで、2クールで制作される予定です。 主人公は、幸せな結婚生活に胸を躍らせ、とあるマンションに引っ越してきた手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)の15歳差の新婚夫婦。しかしマンションでは、住人が”殺したい人物”を紙に書き、ランダムに引いていく「交換殺人ゲーム」が行われていて……。 手塚翔太はスポーツジムのトレーナーで、菜奈と同じく大のミステリー好き。性格は明るく天真爛漫、妻を飼い主のように慕うワンコ系の夫です。かと思えば、第5話では「すっげー気持ちいいセックスしよ」と、不意打ちキスをする肉食な一面も!? キュートな顔で刺激的な台詞とキスを放つ田中に、女性たちは夢中になったようです。

映画『GO』が今の田中圭を形作っている

2000年にドラマへと初出演している田中圭は、2001年に公開された映画『GO』に深くインスパイアされているといいます。

現在まで数多くのドラマ・映画へと出演し、俳優としてのキャリアを積み重ねていますが、それを支えたのは本作だと明かしています。

同名小説を行定勲監督、宮藤官九郎脚本で映画化された本作は高く評価され、多くの映画賞を受賞しました。今でもくじけそうになるときはこの映画を見て励まされているそうです。

映画での田中圭も見逃せない!”はるたん”にもまた会える!?

『凍える鏡』(2008年)

精神科医の監修を受け、邦画として初めて「自己愛性パーソナリティ障害」を取り扱い、現代人が抱える孤独を描いた『凍える鏡』。親の愛が希薄になった時代に生まれた若者の苦悩と再生を、青年と1組の母娘の交流を通して綴るヒューマンドラマです。 田中圭は、幼児期に母から虐待を受け、心に傷を抱える青年・瞬を演じています。映画初主演にして、自己愛性パーソナリティ障害の難役を演じ切りました。

『相棒シリーズ X DAY』(2013年)

大人気ドラマ「相棒」シリーズのスピンオフ映画第2弾『相棒シリーズ X DAY』。本作では、お馴染みの捜査一課刑事・伊丹憲一(川原和久)と、田中圭演じる岩月彬が主人公に!異色の”相棒”は、ドラマ「season11」でも再結成されました。 若月は警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課専門捜査官で、クールな彼は熱血系の伊丹と対立しながらも、陰謀渦巻く金融犯罪の真相に迫ります。 田中の英語力について先述しましたが、若月も英語を話すシーンがありました。

『図書館戦争』(2013年)

”本が狩られる”時代を舞台に、検閲を巡って繰り広げられる地方行政に属する「図書隊」と、法務省傘下の「メディア良化隊」の戦いを描く映画『図書館戦争』。 有川浩原作の本作で、田中圭は主人公・笠原郁(榮倉奈々)の上司であり、チームの緩衝材でもある小牧幹久を演じます。小牧は”正論”を何より重んじ、融通の効かないこともありますが、それは彼の大切な少女・中澤毬江に起因していました。

続編「THE LAST MISSION」(2015年)は、主要キャスト勢揃いで、新キャストの松坂桃李、中村蒼、土屋太鳳らも登場し、物語に広がりを見せます。公開に合わせてSPドラマも放送され、毬江を一途に想う小牧の姿と2人の関係が、女性たちの心を掴みました。

『スマホを落としただけなのに』(2018年)

映画『スマホを落としただけなのに』は、志駕晃の同名サイバーミステリー小説を、北川景子主演、千葉雄大や成田凌らの共演で実写映画化した作品。田中圭は、自身がスマホを落としたのをきっかけに、恋人の稲葉麻美が次々と不幸に遭う、富田誠を演じました。 富田は抜けたところもありますが、麻美を本当に愛し全力で守ろうとします。やがて、彼女が隠し続けた”とある秘密”にたどり着くのでした。

『劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD』(2019年)

少女漫画さながらの恋愛模様が、男性同士の恋愛(BL)に馴染みのない視聴者をも巻き込み、2018年に社会現象となった『おっさんずラブ』。 2016年に単発ドラマが放送され、その後の連続ドラマで「第12回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」の作品賞などを受賞した話題作が、待望の映画化決定です!「おっさんずロス」を呼んだ最終回の後、牧と結ばれたはるたんの前に新たなおっさんが現れ、今度は五角関係に!? 田中圭、吉田鋼太郎、林遣都らレギュラー陣は続投が決定。新キャストに沢村一樹、志尊淳を迎え、2019年8月23日より全国東宝系で公開されます。 詳細は不明ですが、同年度中に連続ドラマ第2弾が放送予定であることも明らかになりました。

結婚してても関係ない?田中圭のギャップが女性たちを虜に!

田中圭は”穏やか”で、”受け身(頼りない)”と思われがちな役を演じてきましたが、多くの役が女性をドキッとさせるギャップを秘めていました。 私生活で結婚し、父になり、大人の男性の色気が出てきたため、中性的なルックスと男らしさの対比もより際立ちますね。理想的な男性に見えて裏では……というクズ男や悪役を演じても憎めないのは、バラエティ番組でも垣間見える彼の人柄と、確かな演技力によるものでしょう。 デビューから約20年が経ち、人気再燃と同時についに”大”ブレイクした田中圭。主演作も増えていくであろう彼が、今後はどんな一面を見せてくれるのか、目が離せません!