はずれなし!見始めたら止まらないおすすめ海外ドラマ5選!【入門編】

2017年7月6日更新

海外ドラマを見てみたいと思うことはあるけれど、どれがおもしろいのか分からない……。そんな経験はありませんか?今回は見始めたら止まらなくなるほどハラハラする海外ドラマや面白い海外ドラマなどをご紹介します!

『ブレイキング・バッド』平凡な化学教師がドラッグ製造に手を染める!

『ブレイキング・バッド』は2008年1月20日から2013年9月29日までアメリカとカナダで放送されたテレビドラマシリーズです。 今作はマジメで平々凡々、しがない高校の化学教師のウォルター・ホワイトが主人公。余命宣告を受け、「家族のために少しでも多く金を遺したい」と考えた彼があるきっかけから麻薬製造ビジネスを始めるのですが、その闇はあまりにも深かった……というスリル満点のストーリーです。 次第に主人公の人格とその周囲の人間の歯車が狂い始め、やがて手がつけられなくなっていく様は必見!

『プリズン・ブレイク』無実の兄を助けるため、最強の脱獄計画を決行!

主人公マイケル・スコフィールド役のウェントワース・ミラーがかっこいいと女性の間でも大人気の作品。誰もが名前は聞いたことのある海外ドラマの一つですね。 アメリカ副大統領の兄弟を殺した、という無実の罪で死刑を宣告された兄を救い出すために綿密な脱獄計画を立て、主人公が同じ刑務所に潜り込むところから始まる物語です。 悪名高きフォックスリバー州立刑務所で繰り広げられる、先の読めない綿密すぎる脱獄計画と、その計画を狂わせてくるほど熾烈な刑務所内のヒエラルキー抗争。兄の死刑執行というタイムリミットが刻一刻と迫る中で、脱獄計画を緻密に、時に大胆に進めていく展開はハラハラドキドキさせられること間違いなし!

『CHUCK/チャック』冴えないオタクがいきなりスパイに!?

突如として国家機密を全て知ってしまい、普段は家電量販店の店員、時にスパイという落差の激しい二重生活を送ることになった、どこにでもいるようなオタク青年の活躍を描いたアクションコメディ『CHUCK/チャック』! 笑える展開をベースにしつつ、シリアスさもうまく配分されたストーリーのドラマシリーズです。スパイアクションというジャンルに属していますが、家族や友人との関係性、恋愛、将来への漠然とした不安といった人間らしい部分をコミカルに描いている点も人気の秘密。 「笑えるドラマで毎日の楽しみをつくりたい!」そんな時にはぜひ、と言えるおすすめドラマです。

『SHERLOCK (シャーロック)』名探偵シャーロック・ホームズが現代に蘇る!

舞台は21世紀のロンドン。陸軍の軍医時代に受けたトラウマとともに生きていたジョン・ワトソンが、ルームメイトを探していたシャーロック・ホームズという変わった男に出会うところから始まる物語。 アーサー・コナン・ドイルの傑作小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを翻案したイギリス製作のテレビドラマです。現在映画にも引っ張りだこになっているベネディクト・カンバーバッチが主演を務めており、彼の演技にも注目の作品! 頭脳明晰なシャーロックが、スマートフォンやGPSといった現代の技術を駆使し、周囲の人々を戸惑わせながらもその天才的なひらめきと推理力でジョンと共に数々の事件を解決していく姿に、ハマってしまうこと請け合いです。

『glee/グリー』負け犬と呼ばれた生徒たちが輝く歌とダンスの世界

全米で社会現象を巻き起こした大ヒットミュージカルドラマ『glee/グリー』。学校という小さな社会に出来上がったヒエラルキーの中で、「負け犬」や「はみ出し者」とバカにされている生徒たちが集うグリークラブが舞台の物語です。 かつての名曲だけでなく、流行りの音楽を歌唱力抜群のキャストたちがカバーしながら、高校生活という青春時代をコメディタッチで描いています。ひとクセもふたクセもある、魅力的なキャラクターも大人気となりました。 音楽の良さは当然ながら、高校生らしい、思春期ならではの部分も巧みに描かれており、時に涙しながらも楽しく観られるドラマです。