赤ちゃん泥棒

赤ちゃん泥棒

作品情報

原題 RAISING ARIZONA
日本劇場公開日 1988年3月19日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
コーエン兄弟の作品の中でも解りやすくホノボノな作品です、ニコラス・ケイジはいつの頃からアクションスターに分類されたか知りませんが 情けない男を演じたコメディ作品が合っていると思います、被り物までして一生懸命演じています。
lessmoreの感想・評価
コーエン兄弟の作品観賞2作目です。
バートンフィンク同様解りにくいですがコーエン兄弟の作風でしょう。


意味している場面は沢山あるとは思うが一部だけ感じたところを書きたいと思う。
生きにくい社会をまともに生きようとすれど誘惑や社会に流されてしまう人々。
そこに子供が授かれなくなった主人公夫婦は赤ちゃんの誘拐を実行する。
刑務所仲間が脱獄してきて、お金目当てに赤ちゃんの奪い合いに発展するが、お金よりも赤ちゃんに心奪われる。
また、養子ばかり受け入れる上司夫婦だが成長した子供はひねくれていて興味が失せているが、やはり赤ちゃんを欲しがる設定

コーエン兄弟はアメリカの異常な社会と同時に赤ちゃんを描き、赤ちゃん=純粋を求めている事を表現している。

いろいろな感じかたに分かれるコーエン作品ですが
観て感じたことをコメント下さい。
shirokumadesの感想・評価
コーエン兄弟好き。
ciatrをフォロー: