神の子どもたちはみな踊る

神の子どもたちはみな踊る

作品情報

新着感想・ネタバレ

arrrrtnの感想・評価
苦手。
o325の感想・評価
村上春樹原作の短編小説をアメリカで映画化。母親から“神の子”と呼ばれ父親は神だと教え込まれた中国系アメリカ人ケンゴ。母親は熱心に宗教活動をしている。
ケンゴが神の存在を否定すると、母は二週間寝込むがある日真相を聞くことに...

父親らしき人を見つけあと追うとグラウンドに、そこでひとりでに踊る。
「世界は変わる、ほんの一瞬で」
のみ印象的だした。
理解できなかった。原作読めば理解できるのかもしれませんが正直読む気にもなりません。こうなると原作の問題なのか監督が問題なのかもわかりません。
ノルウェーの森観るべきでしょうか...
ciatrをフォロー: