最初の人間

最初の人間

作品情報

原題 Le Premier Homme
日本劇場公開日 2013年1月5日
製作国 フランス・イタリア・アルジェリア

新着感想・ネタバレ

whentheycryの感想・評価
教養のある主人公。
教養のないその母親。
だからこそ最後の「だってフランスにはアラブ人がいないもの」が印象的。
もしかすると主人公より母親の方が心の奥から"フランス人とアラブ人の共存。そして紛争をなくすこと"を理解していたのかもしれないと思った。
あ、教養がないというのは貧しさ故に学びの機会に恵まれなかったからですよ。

見ていて、少年時代の主人公は頭が良くて、柔軟で、素直な子に感じられた。そこに"教養"が加わり大人になった主人公は紛争を共存という形で止めようとしている。
でも、大人になることで素直さがなくなっていた気がした。それが母親との違いだったのかなと思いました。
humanhueの感想・評価
当然のことなんだけどテロとか起こってる国でも
ごく普通の人々の営みがあるわけで。
marima_rinの感想・評価
文学は全く疎いので鑑賞を迷ったが、1957年フランスからの独立戦争真っただ中のアルジェリアが舞台という事で、今観ておきました。当然だけど、今ニュースで見ている事は今始まった事ではないわけで… #映画
ciatrをフォロー: