故郷よ

故郷よ

作品情報

原題 La terre outragee
日本劇場公開日 2013年2月9日
製作国 フランス, ウクライナ, ポーランド,

新着感想・ネタバレ

Miyako__Nagumoの感想・評価
チェルノブイリから数キロの村にすむ人たちの姿とその10年後を描く。故郷を離れた者、残る者、原発事故により狂わされた村人の生活や生き方、思い。3.11にみたら、じわじわきた。
hiroenagの感想・評価
チェルノブイリから数キロにあったプリチャピで、「あの日」結婚式を挙げた女性、りんごを植えた少年。全員プリチャピから移動させられ、10年後それぞれの生活を送っている。
こういう映画を見ると、原発事故が奪ったのは「故郷」であるという強い思いは、日本でもロシアでも変わらないのだなと思います。
laa_laa2316の感想・評価
殊更恐ろしい描写を強調している訳ではないが、運命が狂ってしまった人たちの苦しみが胸に迫る。とどまった人、とどまりたかった人、離れた人、みんなが悲しみを抱えて生きていかなくてはならないというやるせなさ。いつかヴァレリーが父親と再会できる日が来るといい、それが楽観的な考えだとわかっていてもそう願う。
ciatrをフォロー: