ホーリー・モーターズ

ホーリー・モーターズ

作品情報

原題 Holy Motors
製作国 フランス・ドイツ

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
レオス・カラックス、ドニ・ラバンのコンビによるかなり不思議で難解な映画。リムジンに乗って様々な人の役割を演じることを生業とする男の話です。あまりにも難解、というよりも映像それ自体に意味があるように感じられません。ただ綺麗で、驚くべき映像が流れ続けます。誰かの役割を演じる、つまり俳優のような職業である主人公のオスカー。これはドニ・ラバン自身の投影であるように感じました。時に自身の監督作アレックス三部作からの引用がある点からも言えるかと。与えられた役割を粛々とこなすオスカーに対し、映像には全く現れないがどこかレオス・カラックス自身の存在も感じさせます。演技と素の協会が曖昧になり、そのままパリの街に蕩けていきます。
かつては取り憑かれたような変質的なこだわりで映画製作をしたレオス・カラックスが、好きなように自由な映画を撮ったのでしょう。自由にもかかわらず、それがレオス・カラックスの自己満足に終わっていないのがとても興味深く感じます。
ngwkhの感想・評価
「美しさ、それは瞳の中にあるという」「見る者がいなければ?」
chloe_033の感想・評価
3件目のアポ強烈!
ゴジラのテーマで闊歩するドニ・ラヴァン、妙にマッチしてて(笑)
ただ、ジェイミー可哀想すぎる。。。
ciatrをフォロー: