4:44 地球最期の日

4:44 地球最期の日

作品情報

原題 4:44 Last Day on Earth
日本劇場公開日 2012年10月6日
製作国 アメリカ・スイス・フランス合作

新着感想・ネタバレ

wigglingの感想・評価
レンタルDVDにて。アベル・フェラーラの2011年作品。翌朝4時44分にオゾン層に穴が空き世界は一瞬にして終わる。人々はその時をどう迎えるのかを描く。それはもう避けようがなく受け入れるしかないという状況では、みんないつもの日常を過ごすんだろうなと。世界を救おうとしたり祈ったりするのではなく、まるで憂鬱な月曜日を迎えるように死ぬまでの日々を生きる。終末を描いた映画は色々と観てきたけど、最もリアリティを感じた作品かも。
個人的には少しでも世界を信じて死にたいと思っているので、その日が来るのは1日でも早い方がいいなと思ってる。
ciatrをフォロー: