ウォールフラワー

ウォールフラワー

作品情報

原題 The Perks of Being a Wallflower
製作年 2012年
日本劇場公開日 2013年11月22日
製作国 アメリカ
上映時間 103分
ジャンル ドラマ・恋愛>青春>少年少女

あらすじ

チャーリー(ローガン・ラーマン)は、小説家志望の16歳。入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられた高校では、ひっそりと息を潜めてやり過ごすことに注力していた。ところが、そんな彼の生活は、周囲の学生たちとは関係のない“特別席”で、眩しいほどに輝いていた、陽気でクレイジーなパトリック(エズラ・ミラー)、美しく奔放なサム(エマ・ワトソン)兄妹との出逢いにより、一変する。 初めて知る“友情”、そして“恋”―。世界は無限に広がっていくように思えた。だが、チャーリーがひた隠しにする、過去のある事件をきっかけに、彼らの青春の日々は思わぬ方向へと転がり始める―。

新着感想・ネタバレ

maaaaki0425の感想・評価
陰キャラの僕がイケイケな2人の友達ができる青春ドラマ。
だけど、虐待や友達の自殺、同性愛など深いテーマも盛り込まれている。
イケてない設定だけど、イケてる友達ができて初恋の彼女にも愛され、文才があって、家族みんなに愛されていて…なんだかんだコイツ幸せやん!って思ってしまった…もちろん、暗いトラウマも抱えているのだけども。
好きでもない女の子に迫られて惰性で付き合って、残酷な振り方をしたのにはかなり引いたなぁ。
Shinya_Agoの感想・評価
ローガンラーマンかわいい 日本で言うところのジャニーズ顔だね。泣き虫が似合うよ。 色んなジャンルの映画に出てほしい。
エズラミラーは逆に、繊細さを求められる役ばかりで可哀想。もっと分かりやすいバカを演じてもおもしろいと思う。ジャスティスリーグのフラッシュ役はとってもいいと思う。
Waonの感想・評価
2016.09.04[76作目]
DVD。精神的にくる映画だった。みんな演技がうまい!
エマ・ワトソンがとてもきれい。
ciatrをフォロー: