ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

作品情報

原題 The World's End
日本劇場公開日 2014年4月12日
製作国 イギリス

新着感想・ネタバレ

Shinya_Agoの感想・評価
思ったよりつまらん。サイモンペッグの映画って全部そう。。合わないのかな。
fmofmojimoの感想・評価
高校生の時に果たせなかった、パブ12軒はしごを成し遂げるために、30年来に町に戻った5人。
それぞれの思い出や背景を抱えたまま、進むはしご酒だが、だんだん街の様子のおかしさに気づく。
ゾンビでなくてロボットなところ。落ちがすっきりしないのと、後日談の蛇足感と、もとの人はどうなったのかなど、うやむやなところが気になる。
Pit7775Pitの感想・評価
まさかの展開で驚きました。とても面白かった。学生時代に仲間と達成できなかったことを歳をとり再び集結して実現させる。生きてるうちに仲間とやっておきたいことはそれぞれあるはずだ。そんな中で本作はリーダーが子供で哀れな男。そんな彼を仲間がどう思っているのか感情を出す難しさをうまく表現していたのではないだろうか。冗談の中でも笑いだけで済ませるのでなく、過去ばっかり引きずってるな未来を見ろという社会人からのメッセージも含まれていたと感じた。
ただの呑んだくれSF作品ではないと思う。
ciatrをフォロー: