イレブン・ミニッツ

イレブン・ミニッツ

作品情報

原題 11 minut
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年8月20日
製作国 ポーランド・アイルランド
上映時間 81分

新着感想・ネタバレ

wakamewattsの感想・評価
タイムシュアリングで、バラバラなカットが繰り返し進んでいく。それは、やがて 一つの事件に集約されていく。リアリティのある11分間のドラマである。(#16-158)
inazumababyの感想・評価
なかなか面白かったです。
17時から17時11分の間の11分間を11人の視点から描く交差系群青劇サスペンスです。

サスペンスと聞いて、怯えながら劇場に行きましたが、結論から言えば怖さはあまりありません笑

全体的に音楽がとても上手く、常に不穏な印象を与えられ続け、何か不穏な出来事が起きそうなフラグをいくつも見せられつつ、登場人物同士を行ったり来たり話が進みます。
散々フラグっぽいものがどうなるのか、これはなんの意味があるのか?この視点切り替えの意味は?などを考えさせられ、また登場人物たちの17時11分に向けて進んでいく流れの中でハラハラやもどかしさを感じつつ、バラバラだった登場人物たちが交差するラスト、そしてエンドロール……

ラストのカットから、人それぞれに何か価値観があって人生があるけれど、結局他人からしてみれば個人にとっての大ニュースも何でもないことで、ましてや世界は見向きもしないと。(それでも世界は廻っていく的な?)
分かっていることでも個人的にはそれが少し寂しかったですね。
sabiinuの感想・評価
2016/09/07 名古屋シネマテーク
ciatrをフォロー: