13時間 ベンガジの秘密の兵士

13時間 ベンガジの秘密の兵士

作品情報

原題 13Hours:The Secret Soldiers of Benghazi
製作年 2016年
製作国 アメリカ
上映時間 144分

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
リビアに残されたCIA職員たちを守るため六人の精鋭が戦う戦争映画。ゴッツい骨太のアクションです。闇夜で放たれた弾丸を目で追うことができたり、その威力で人が吹っ飛んだりします。このあたりはCGを使っているのでしょうが、全然わかりません。目の前で戦争が繰り広げられているかの様な臨場感が得られます。それほど戦争映画が得意ではない(そもそも銃撃戦に面白さを感じない)のですが、それでも楽しめるので銃撃戦のクオリティーは確かな物です。
実にアメリカナイズな戦争映画でした。「あなたたちのおかげで私たちは助かったわ」というセリフはアメリカ国民の気持ちの代弁でしょう。僕の信じる日本人的な戦争に対する価値観とはややズレているように感じます。日本だと顔をしかめる人が多そうです。
映画は『七人の侍』をオマージュしているように感じます。セリフも「この六人だから〜」という人数を口にするものが多くあったように感じます。
最近はすっかり『トランス・フォーマー』おじさんとなってしまったマイケル・ベイが監督というのが嬉しいですね。こういうのも撮れる。同じような理由でもう一度三池崇史にも自分の好きな映画を撮ってもらいたい。
6oalKeeperの感想・評価
score 60/100
よくあるノンフィクション系アクション。
ciatrをフォロー: