バベル

バベル

作品情報

原題 Babel
製作年 2006年
日本劇場公開日 2007年4月28日
製作国 アメリカ
上映時間 142分
ジャンル ドラマ・恋愛>青春

新着感想・ネタバレ

theskinheadsの感想・評価
モロッコを旅するバスに乗っていたアメリカ人が銃撃され、その事件を根幹として4つのストーリーが繰り広げられるオムニバス形式の映画。
4つを簡単に説明すると
アメリカ=末っ子を失い、現実逃避した夫と、そのことに憤りを感じている妻。夫婦は子供2人をベビーシッターに任せモロッコを旅行中に妻が銃撃を受ける。
モロッコ=ヤギを飼っている農家?がライフルを買う。銃を託された兄弟のうち弟は才能があった。ある日、2人で走っている車を狙っていると弟がバスに命中させてしまった。
メキシコ=アメリカの夫婦からベビーシッターを任された不法就労者のアメリア。息子の結婚式の日、事件に巻き込まれどうしても延長して子供たちの面倒を見て欲しいと頼まれ仕方がなくなり、2人の子をメキシコに連れて行き、帰りにお酒を飲んだ甥っ子の運転で国境を越えようとした際、国境警備員に足止めを食らう。
日本=趣味の狩りでモロッコに行った際、ガイドをしてくれた優しい男に銃をあげた父と、母が自殺してしまい満ち足りない生活を送る聾唖の娘チエコ。
調べて見たところバベルの塔というのが旧約聖書に記されているストーリーで、人間の傲慢さに怒った神が1つだった言語を分かれさせその影響で人々が分かり合えなくなったという話である。
観終わった後、バベルの意味を知り、そして伝えようとしたことを享受できた。結局、正解っていうのは監督の頭の中にしかないんだろ...
Kenta_Kawamuraの感想・評価
好き嫌いが別れるであろう映画。
Samurai1632の感想・評価
2016.10.03 Amazonプライムビデオ
ciatrをフォロー: