名探偵コナン 世紀末の魔術師

名探偵コナン 世紀末の魔術師

作品情報

日本劇場公開日 1999年4月17日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
最後唐突にアナグラムが用意されているんですけど、外国語の話してるのにカタカナ語で解いちゃうの気になっちゃいました。眼鏡に当たった銃弾ってあの程度の衝撃で済んじゃうのも気になっちゃいました。いくつか見逃せないポイントもありましたが、かなり面白い部類に入るのではないでしょうか。豪華客船と廃城という本格ミステリ二大舞台を続けざまにやっちゃうというのが理由でしょう。名探偵コナンが謎を解いてる感も強かったですし、西の高校生探偵や何と言っても怪盗キッドが安売りされていない時代だったので登場シーンがかなりカッコよく作られているように感じました。
ラスト10分くらいで全部持って行ってしまう映画でした。ずるいですよね。なんかもうどうでもよくなっちゃう。小学生くらいの頃に観た記憶をラスト10分で思い出しました。当時の僕の感想は「すっげえ鳩止まってるなあ」だった気がします。ずいぶん進歩したなあ自分。
『業火の向日葵』が本作に寄せた映画であり、上記の理由より本作の方が高いクオリティであるように思いました。
toshibakuonの感想・評価
謎解きに関してはかなり練りこまれていてコナンシリーズの中では爆破に頼らないミステリー本来の形を楽しめる。歩美ちゃんの家って結構お金持ち?あんな高層ビルの上階に住んでいたなんて知らなかった。少年探偵団みんなで「謎」を口ずさむシーンは結構好きだしキザなキッドが嫌味にならない格好良さ。
Kaz2の感想・評価
記録用
ciatrをフォロー: