ノートルダムの鐘

ノートルダムの鐘

作品情報

新着感想・ネタバレ

Aya_Osugiの感想・評価
ノートルダムはいったことあるから見てみたけど。なにこれ最悪。
辛くて見てられなかった。
カジモトの気持ちに同感しすぎて、なんでわざわざこんな辛い思いしてこの映画見てるかわからなかった。

道化のフェスティバルだけ映像としてよかったけどね。
パリのまちの綺麗さはなにも伝わってこない。
白く統一する前の話なの?本物はもっと綺麗。
ジプシーがよくかかれてるのもなんか微妙。

てか、つらくて早く終われと泣きながらみてたわ。
毎日パリの恋人たちをみて、自分にはけして、そんな日がこない、叶わないなんて。
でちゃいけないっていわれてるのに、誰も待ってないのに行かないと勇気ないみたいなさ。
まわりが優しくしてくるのももはやむかつくよ。
なんて私。もうやだ。

外には出れたけど、フロローを倒したけど、なにもハッピーエンドじゃない。
結局※イケメンに限るってやつじゃん。
心の闇はどうしようもない。
こんな夢も希望もないディズニーありえない。
なんでこんな話。
醜いと笑われる気持ちがわからないの?この気持ちがわからないんだな、これが名作?意味不明。
もうもはやむかついてくる。
ほんとにいや。嫌いすぎてやばい。ひどいよ。つらすぎる。不細工はみちゃいけない作品。
HMworldtravellerの感想・評価
マイブームの、昔観たディズニーをきちんと観直すシリーズ。
レ・ミゼラブルで有名な作家ヴィクトル・ユゴーの小説ノートルダム・ド・パリをディズニーがアニメ化。あの原作をよくアニメにしたなあと思う。まず、音楽が素晴らしい!音楽が秀逸なのは他のディズニー映画にも言えることだけど、オペラを彷彿とさせる楽曲・歌という意味ではディズニー映画の中でこれが一番かもしれません。

ヴィクトル・ユゴーの原作らしく、善悪や人間の業もしっかり出ていて、アニメのキャラというより血の通った人間の生の感情を感じます。悪役に魅力や存在感が無い物語はつまらないというのが持論だけど、本作は悪役フロローの存在がとても効いてます。フロローは魔女や悪魔とは違う等身大の悪役で普通にいそうなリアリティがある。法律や権力だけを正義とし自分の価値観が絶対だと思い込みそれをふりかざすやり方は全く共感できないけど、歪んだ正義感とはいえ彼なりに街の治安を維持し職務を全うしようとしたなれの果てなのかなと。融通のきかない堅物男が魅力的なジプシーの女性に入れ込んで狂っていくさまもとても人間臭くて憎みきれません。

映像はお約束の美しさで特にノートルダムの内側から見るバラ窓がとても綺麗!鐘塔の欄干からパリの街を見下ろすガーゴイルが愛すべきキャラとして出てくるのもお気に入り。実物はほんとにパリの街を見張るかのように見下ろしてるんですよね。

デ...
nikuboの感想・評価
[WOWOW]
ciatrをフォロー: