2016年12月11日更新 3,329view

映画『本能寺ホテル』あらすじ・キャストまとめ【綾瀬はるか×堤真一】

綾瀬はるかと堤真一が出演する『本能寺ホテル』が2017年1月14日より全国で公開されます。日本史でも有名な”本能寺の変”を背景に描かれる本作は、歴史好き以外も楽しめる一本になるでしょう。今回はそんな『本能寺ホテル』についてまとめていきます。

あの話題作のスタッフキャストが再集結した、完全オリジナルストーリー

『本能寺ホテル』は、2011年に公開され興行収入16.2億円を記録した『プリンセス・トヨトミ』のスタッフ・キャストがおくる、映画完全オリジナルストーリーです。日本史でもお馴染みの“本能寺の変”の前日をメインに描き、”本能寺の変”に隠される謎に迫ります。タイムトリップものの映画は数多くありますが、監督・脚本・キャストどれをとっても最強の布陣となっています。

映画『本能寺ホテル』のあらすじ

640

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

綾瀬はるか演じる倉本繭子が、急遽宿泊することになった京都の「本能寺ホテル」は路地裏に佇むレトロな宿でした。普通に見えたその宿でしたが、なんと戦国時代に繋がる不思議なホテルだったのです。

繭子が迷い込んだ時代は、1582年。天下統一を目前に控えていた堤真一演じる織田信長は、家臣らとともに京都の本能寺に滞在していました。史実どおり冷酷非道な織田信長と、信長に怯える家臣たちに、繭子は見つかってしまいます。

信長に、訳のわからぬまま連れまわされる繭子ですが、信長の人間性にふれ、次第に惹かれていきます。そんな繭子でしたが、自分が迷い込んだその日があの有名な「本能寺の変」の前日だということに気づきます。

映画『本能寺ホテル』のキャスト

倉本繭子/綾瀬はるか

640

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

結婚という人生の岐路に立ち、戦国時代へタイムトリップしてしまう主人公・倉本繭子を綾瀬はるかが演じます。「プリンセス トヨトミ」では会計検査院に勤務する鳥居忠子を演じていました。

綾瀬は、本作の映画撮影前、意気込みを下記のように話しています。

「これまでも何度かご一緒した堤さんや鈴木監督はじめみなさんと、作品を作れるということでとても楽しい夏になりそうです!」
引用:natalie.mu

織田信長/堤真一

640

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

戦国時代でも最も有名で冷酷と言われる武将・織田信長を堤真一が演じます。堤が演じることで、どのような人情味のある織田信長になるのか楽しみです。

撮影前に、本作品にかける意気込みを下記のように話しています。

「今回私は信長役に初挑戦。プレッシャーも感じますが、今までにない新しい信長を作っていきたいと思います」
引用:natalie.mu

森蘭丸/濱田岳

640

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

織田信長につかえる小姓・森蘭丸を濱田岳が演じます。数多くの作品に出演し、常に独特のキャラクターで存在感を示す演技派俳優です。

濱田は自分の演じる森蘭丸について下記のように話しています。

「『蘭丸、お前かよ。』とガッカリからスタートしているはずなので、後は上がるだけだと思っております」
引用:natalie.mu

吉岡恭一/平山浩行

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

繭子の恋人・吉岡恭一を脇にいても抜群の演技力で存在感を発揮する平山浩行が演じます。

信長の家臣・大塚/田口浩正

信長の家臣・大塚を、元芸人で俳優として活動してからのコミカルな演技が光る田口浩正が担当します。

本能寺ホテル支配人/風間杜夫

本能寺ホテル支配人を昭和の名優、落語家としても活躍する風間杜夫が演じます。

『本能寺ホテル』の監督は、映画『HERO』を手がけたヒットメーカー

640

本作のメガホンを取ったのは『プリンセス トヨトミ』『HERO』の鈴木雅之監督です。また脚本は、観月ありさ主演『私を旅館に連れてって』や大野智主演のドラマ『鍵のかかった部屋』を手掛けた相沢友子が担当します。

日本を代表する個性派俳優に最強のスタッフが、笑いありアクションありのエンターテイメント作品を作りあげています。ぜひ劇場で楽しみたい、心待ちな作品です。

『本能寺ホテル』は2017年1月14日より全国で公開予定です。

参考URL
honnoji-hotel.com
eiga.com

PAGE TOP

カテゴリー一覧