実写版映画『海街diary』の女優が超豪華!キャスト、あらすじをまとめて紹介

2017年9月1日更新

2015年6月13日に公開が予定されている『海街diary』。長澤まさみや綾瀬はるか、そして大ブレイク中の広瀬すずら、今をときめく女優たちが一堂に会した贅沢なキャスティングに熱い視線が集まっています。

『海街diary』【あらすじ】四姉妹の関係の中に潜む闇とは

父が死んだことで、腹違いの四女すずと会うことになった香田三姉妹。三姉妹の長女幸は、すずに、鎌倉で一緒に暮らさないかと提案し、すずは鎌倉に引っ越すことを決めます。鎌倉で一緒に暮らすことを決めた四人の姉妹は、共同生活を経て絆を深めていきますが、祖母の七回忌に、連絡のつかなかった母が現れたことで、仲睦まじかった四姉妹の関係の中に潜む闇が姿を見せ始め…。

静謐に描かれる鎌倉の四姉妹の日常。四人が本当の家族になるまでの物語です。

映画『海街diary』メインキャスト

香田幸/綾瀬はるか

香田三姉妹の長女幸を綾瀬はるかが演じます。幸は鎌倉市民病院に勤務する看護師で、同じ病院の小児科医椎名と不倫関係にあります。原作では29歳の設定です。

綾瀬はるかは2016年から2018年にかけて放送される大河ファンタジードラマ『精霊の守り人』に主演するほか、2016年には『高台家の人々』『海賊とよばれた男』の2作に出演することが決定しています。

香田佳乃/長澤まさみ

香田三姉妹の次女佳乃は、地元の鎌倉八幡信用金庫で働くOL。酒癖と男運が悪いです。原作の設定では、物語開始時22歳。

長澤まさみは2016年の大河ドラマ『真田丸』でヒロインを演じるほか、漫画原作の映画『アイアムアヒーロー』で人気キャラクター藪に扮し、2016年10月公開予定の映画『グッドモーニングショー』でヒロインをつとめることが決定しています。

香田千佳/夏帆

香田三姉妹の三女千佳は、スポーツ用品店につとめる19歳。店長と交際している、本作のお笑い担当です。

夏帆は2016年1月公開の映画『ピンクとグレー』、4月期の月9ドラマ『ラヴソング』と演技の幅を広げており、6月公開の映画『高台家の人々』では綾瀬はるかとの共演が予定されています。

浅野すず/広瀬すず

三姉妹の異母妹浅野すずは物語開始時13歳です。サッカーの才能があり、鎌倉に越して来た後、地元のサッカーチーム「湘南オクトパス」に入団します。

広瀬すずは今一番勢いのある女優と言っても過言ではないでしょう。2016年公開の主演映画『ちはやふる』は年間ベスト邦画の呼び声も高く、続編の製作も決定しました。

四姉妹を取り巻くキャスト

佐々木都/大竹しのぶ

大竹しのぶ 『海街diary』
(C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

香田三姉妹の母都は、幼い三姉妹を実家に残して、再婚相手の元に行ってしまったという過去があります。長女の幸とはことあるごとに反発しあっていましたが、久しぶりに顔を合わせた法事の際にも、都が勝手なことを言い出したことがきっかけで……。 『海街diary』で短い出演時間ながら圧倒的な存在感を見せつけた大竹しのぶは、2016年もスクリーンで活躍予定。8月27日公開予定の『後妻業の女』、9月22日公開予定の『真田十勇士』に出演します。

菊池史代/樹木希林

大船のおばちゃんこと香田三姉妹の大叔母菊池史代を樹木希林が演じます。大竹しのぶと四姉妹と樹木の6人がワンフレームにおさまっているシーンは圧巻でした。 2015年は樹木希林の年であったと言っても過言ではでしょう。本作のほかに2016年最高の邦画のひとつである『あん』に主演、『駆込み女と駆出し男』にも出演しています。ここ数年の出演作に捨て作なしと言っていい樹木希林の次回出演作は2016年5月21日公開の是枝監督最新作『海よりもまだ深く』です。

椎名和也/堤真一

幸の不倫相手椎名を堤真一が演じます。堤は2016年12月10日公開予定の映画『海賊とよばれた男』に出演。綾瀬はるかと再び共演します。

二ノ宮さち子/風吹ジュン

香田四姉妹の行きつけの食堂「海猫食堂」の店主二ノ宮さち子を風吹ジュンが演じます。2016年は朝ドラ『あさが来た』や『家族ノカタチ』のほか、山田洋次監督作品『家族はつらいよ』にも出演しています。

福田仙一/リリー・フランキー

二ノ宮さち子と仲が良い「山猫亭」の店主福田仙一をリリー・フランキーが演じます。少ないセリフで、ただそこにいるだけで存在感のある演技はさすがの一言でした。リリー・フランキーは是枝監督最新作『海よりもまだ深く』に出演するほか、2016年は計7本の映画に出演することが決定しています。

坂下美海/加瀬亮

長澤まさみ演じる次女佳乃の上司・坂下美海を加瀬亮が演じます。加瀬は、2016年公開予定の遠藤周作原作、マーティン・スコセッシ監督映画『沈黙(仮題)』に出演予定です。

井上泰之/鈴木亮平

四女すずが所属する「湘南オクトパス」のコーチ井上泰之を鈴木亮平が演じます。鈴木は、綾瀬はるか、堤真一とともに映画『海賊とよばれた男』に出演することが決定しています。

藤井朋章/坂口健太郎

次女佳乃の交際相手藤井朋章を坂口健太郎が演じます。坂口は、『海街diary』『ヒロイン失格』『俺物語!!』と2015年に少女漫画原作映画ベスト3作品すべてに出演し、一気にブレイクしました。2016年は綾瀬はるか、夏帆とともに『高台家の人々』に出演することが決定しています。

2013年マンガ大賞受賞作品が期待の映画化

この映画の原作となったのが、「文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」「2013年マンガ大賞」など数々の賞を獲得した吉田秋生の『海街diary』です。 父親が亡くなったことをきっかけに、三姉妹の元にやってきた腹違いの四女、すず。長女の幸に「鎌倉で一緒に暮らさない?」と声をかけられたすずは、今までの空白を埋めるように海の街、鎌倉で三姉妹と仲を深めていく、というストーリーです。 実力も人気も兼ね備えたキャストたちによって、そのみずみずしく、少し切ない世界観がスクリーンに表現されます。

豪華キャストで挑む最大のテーマは「家族の絆」

是枝裕和
©︎ciatr

今作で是枝監督が最も表現しようとするテーマというのが、「家族の絆」です。腹違いの姉妹を受け入れようとする三姉妹と、四女との間でそれぞれの悩みや喜びを分かち合いながら徐々に家族の絆が深まっていく様子が描かれます。

また特に広瀬すず演じる四女、すずの心理描写は緻密に描かれており、中学生である彼女の思春期の心の揺れにスポットが当てられています。家族のドロドロとした部分も受け止めながら自分の境遇を受け入れる、純真無垢な彼女の演技にも注目です。

とにかく観終わった後には、すーっと爽やかに「家族の絆の大切さ」が心に染み入ってくる、そんな作品です。

まさに「海街」である鎌倉を舞台に描かれるこちらの作品、「家族の絆」について大いに考えさせてくれます。また豪華すぎるキャストも楽しみな今作、ぜひ劇場でご覧ください。