セックスと嘘とビデオテープ

セックスと嘘とビデオテープ

Sex, Lies, and Videotape
1989年製作 アメリカ 100分 1989年12月16日上映
rating 3.1 3.1
46 11

『セックスと嘘とビデオテープ』とは

アメリカ南部の町、バトン・ルージュに住む夫婦と妻の妹、夫の友人4人の人間関係をリアルに描いた作品である。監督・脚本・編集は本作が長編デビューとなるスティーブン・ソダーバーグ。出演はジェームズ・スペイダー、アンディ・マクダウェルほか。表面上は理想的の家庭の裏で行われている奔放な性生活を赤裸々に描き出し、少しずつ自己に潜んでいた本性が露となっていく様を繊細な心理描写と生生しい映像で表現した作品である。89年カンヌ映画祭グランプリ作品、ジェームズ・スペイダーは演技が評価されて同映画祭で主演男優賞を受賞した。

『セックスと嘘とビデオテープ』のあらすじ

ルイジアナ州の小さな町、バトン・ルージュ。ここに表向きは理想の夫婦、大手法律事務所に勤める有能な弁護士の夫ジョンと、専業主婦の妻アンが暮らしていた。しかしアンはかかりつけの精神科医に些細な悩みを相談し、ジョンは貞淑な妻とは正反対の奔放な性格のアンの妹シンシアと隠れて肉体関係をもっていた。そんなある日、ジョンの大学時代の友人であるグレアムが家を訪ねてきたのだ。アンはカレを温かく迎え入れるが、同時にカレの不思議な魅力も感じていた。翌日、アンはグレアムのアパート探しを手伝うため彼の部屋を訪れた。そこでアンは一本のビデオテープを見つけ、その内容が自分のセックス観を語った女性を撮ったものと知り恐怖するのだった……。

『セックスと嘘とビデオテープ』のスタッフ・キャスト

『セックスと嘘とビデオテープ』の感想・評価・ネタバレ

  • Moto Ishiduka
    Moto Ishiduka 4 2015年1月25日

    うーん、まさにカンヌの受賞にふさわしい奥深い一本。内容はタイトル通り、セックスと嘘とビデオテープからなる物語。精神科に通う妻、妻の妹と不倫する夫、外交的でセックスを愛する妹、インポで変わった性癖を持つ夫の旧友。登場人物はたったこの4人。単調でありながら、ディープな展開。エロスとは程遠いが決して下品でもサラサラでもない。 性とは?愛とは?セックスとは?を深く追求した引き込まれていく作品でした。 ちなみにかなりこの時代のファッション可愛かった(特に妹の服に注目していただきたい)

  • Masako Yo
    Masako Yo 5 2015年1月10日

    ソダーバーグ天才。

  • Purazo

    TVでやってたのでひさしぶりにみました。 ジェームズ・スペイダー若っっ! ブラックリストでの丸っこい姿がちらちらよぎってしまった。 ソダーバーグ監督の低予算内省的ムービー。

『セックスと嘘とビデオテープ』に関連する作品