『ジュノー』とは

実在のスイス人医師・マルセル・ジュノー博士の活動の半生を映画化。2人の少女の目に映るジュノー博士の「無償の愛」を描く、文部科学省選定アニメ映画。2010年劇場公開作品。監督は『まぶらほ』『ちっちゃな雪使いシュガー』の木村真一郎。アニメーション制作は『メジャー(第1シリーズ)』や『夢色パティシエール』のスタジオ雲雀。 キャストは、マルセル・ジュノー役に家中宏、中学生の美依と優子役には声優ユニット「スフィア」でも活動している豊崎愛生と高垣彩陽が担当する。

『ジュノー』のあらすじ

修学旅行先で、広島県の広島記念公園を訪れた美依と優子。公園の片隅に立っていた「マルセル・ジュノー博士」と刻まれている顕彰碑の見つけ、興味を持ち始める2人だったが、突然2人を不思議な光が包み込み、70年以上前のヨーロッパに意識だけ飛ばされてしまう。飛ばされた先には若かりし医師・ジュノーの姿があり、赤十字国際委員会の派遣員として、エチオピアに向かおうとしていた。美依と優子もジュノーの旅に同行するが、待ち受けているのは無差別攻撃や毒ガス攻撃。赤十字だろうと関係なく攻撃され、人々やジュノーを苦しめるが、それでもジュノーは立ち上がる。なぜなら、ジュノーには「無償の愛」の心があるからである。

『ジュノー』のスタッフ・キャスト

『ジュノー』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ジュノー』に関連する作品