アンタッチャブル

アンタッチャブル

The Untouchables
1987年製作 アメリカ 120分 1987年10月3日上映
rating 3.9 3.9
158 21

『アンタッチャブル』とは

1930年代、シカゴの裏社会に暗躍するアル・カポネと米財務省捜査チーム「アンタッチャブル」との戦いをスリリングに描いたアクション大作。原作はオスカー・フレイリーによるエリオット・ネス捜査官のベストセラー自伝であり、1959年にテレビドラマ化され、大ヒットしている。監督は『スカーフェイス』のブライアン・デ・パルマ。主人公エリオット・ネス役をケヴィン・コスナーが、アル・カポネ役をロバート・デ・ニーロが務めている。ネスを支えるベテラン警官役のショーン・コネリーは第60回アカデミー賞助演男優賞、第45回ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞した。

『アンタッチャブル』のあらすじ

1930年、禁酒法下のシカゴでは闇酒場が横行し、酒の密造や密輸で多大な利益を得ていたギャングたちの縄張り争いが激化、司法機関を買収したり、市民への暴行や殺害も発生、治安は混沌を極めていた。そんな折、米政府は財務省から特別捜査官エリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)をシカゴへ派遣する。ネスは意気揚々と捜査に向かうが、買収されていた警察官に情報を流され敢えなく失敗、その失態を新聞記者にスクープされ散々な目に遭った翌日、意気消沈しながら出勤したネスを待っていたのは抗争に巻き込まれて死んだ少女の母親だった。彼女の深い悲しみと激励がネスに新たな決意を促す。彼はベテラン警官マローン(ショーン・コネリー)の協力の下、アル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)を逮捕するため、信頼できるチームを編成する。汚職にはまだ無縁の警察学校から優秀な生徒ジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)を抜擢、財務省からはネスの部下である簿記係のオスカー・ウォーレス(チャールズ・マーティン・スミス)、彼らとネス、マローンの4人と巨悪・アル・カポネとの死闘の幕が切って落とされた。

『アンタッチャブル』のスタッフ・キャスト

『アンタッチャブル』の感想・評価・ネタバレ

  • とし

    ケビンコスナー、ショーンコネリー、ロバートデニーロなど誰が主役をやっても成立する映画。ギャングの闇のお金の流れを掴み悪事を暴く事に命をかけて挑む4人組。お酒さえ自由に飲めない時代に正義を貫く名作。

  • YU66 RAMONE
    YU66 RAMONE 4 2017年10月29日

    公開当時に観て以来、いまだに映画好きの集まりの中で「名作」とよく話題に上がるので改めて「名作」を観ました。 30年代のシカゴがギャングの抗争で大変なことになっていますが古き良きアメリカの街並みや暮らしが新鮮でした。また衣装はアルマーニだからかケヴィンコスナーやデニーロのスーツ姿も必見でした。 そして何より若き日のアンディガルシア、前回も確か同じように惚れましたがまた観てもやっぱり格好良すぎです。

  • takamaru
    takamaru 4 2017年5月19日

    ミッドランドシネマ

『アンタッチャブル』に関連する作品