うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

1984年製作 日本 98分 1984年2月11日上映
rating 4.4 4.4
67 29

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』とは

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』は人気TVアニメ『うる星やつら』の劇場版アニメ第二作目だ。宇宙人ラムと諸星あたるの波乱な日々を描いた、同シリーズでは、ラブコメディ要素の強いエピソードが多いが、本作ではホラー映画のような難解性が込められた異色の出来に仕上がっている。原作は高橋留美子による週刊少年サンデーに連載された漫画だ。本作について原作者の高橋留美子は上述の理由で批判的な意見も述べている。監督は『攻殻機動隊』の押井守。製作は『らんま1/2』の多賀英典だ。キャラクターデザインはやまざきかずお。キャストに平野文、古川登志夫、神谷明など。

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』のあらすじ

宇宙人ラムと諸星あたるが通っている友引高校は連日学園祭の準備で大忙しである。学校に泊りがけで準備をしていた諸星あたると友人の面堂は、ふと夜の街に夜食を買いに出ると、そこで太鼓をたたいて笛を吹きながら踊って行進していく不思議な人たちを見かける。その列の最後尾には、白い服で白い帽子をかぶった人までいた。次の日、諸星のクラスの担任の先生は連日の学園祭の準備に無理がたたって体調を崩し、寮に休みに帰るようにサクラ先生に言われる。しかし彼はそこで不思議な話を始めるのだった。それは学園祭前日である今日という一日を、明日も明後日も、ずっと永久に繰り返している。しかもそれに誰も気付かないで学園祭の準備をしているのではないかということであった。

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』のスタッフ・キャスト

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』の感想・評価・ネタバレ

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 4 1月13日

    2019/01/12 Amazon prime ちょっと不気味で綺麗で壮大ですごく良かった。 ラムちゃん可愛い

  • Chiaki

    映画好きな人が口を揃えて素晴らしいという本作を、初めてちゃんと見ました! 結論から言うと、確かに100点満点の傑作だったのですが、あんまり好みじゃなかった…。文句のつけどころは全くないんですが、私はテレビや原作の何にも考えず楽しめるドタバタうる星やつらが大好きなので、ギャップにびっくりしたんだと思います。高橋留美子は確かに怒るかも。 でもアニメや原作ではいつも匂わせるだけではっきり描かれない、あたるのラムちゃんへの愛情が本作ではめちゃくちゃくっきり描かれていたことは逆に嬉しかったです。「今あたる、ラムに惚れてるって言ったよね?!」ってなって何回も巻き戻してそのシーンを見ちゃいました。 押井守がうる星やつらの世界観やキャラクターを使って好きなことしたんだなぁ〜という印象です。 「好みじゃないけど超傑作」っていう映画に初めて出会いました。何年かして見返したらだんだん好きになるかもしれない。

  • フュリオサなbep
    フュリオサなbep 4 2016年2月8日

    宮崎駿が太陽の王子ならば押井守は月世界に君臨する帝王だ。 衒学的で哲学的な、児戯を蹴散らすアニメーションの奔流。 天才高橋留美子様が生み出したうる星を舞台に天才がフルスロットルで駆け抜けるめくるめくうつつの白昼夢。 空を飛ぶラムちゃんはあまりにも美しい。《夢》《空飛ぶ女》は『パプリカ』にも共通のイメージですね。

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』に関連する作品