新・猿の惑星

新・猿の惑星

ESCAPE FROM THE PLANET OF THE APES
1971年製作 アメリカ 98分 1971年7月31日上映
rating 3.5 3.5
47 4

『新・猿の惑星』とは

映画『猿の惑星』の続編第三弾。原作はこれまでと同じくフランスの作家ピエール・ブウルのSF小説。『猿の惑星』に出演したロディ・マクドウォールと、1作目2作目に引き続きキム・ハンターが出演。本作はこの二人が演じるチンパンジー夫婦が人間社会にタイムスリップすることから始まる。製作はアーサー・ピー・ジャコブス、監督は『オーメン2 ダミアン』のドン・テイラー。

『新・猿の惑星』のあらすじ

3955年。ミュータント化した人間と猿の戦いによって地球は消滅してしまった。その地球がなくなる直前、チンパンジーの夫婦コーネリアスとジーラは知人のマイロと共に不時着した人間テイラーの宇宙船で脱出した。しかしたどり着いたのは1973年、テイラーが出発した時の地球であった。戻ってきた宇宙船に乗っているのが猿だったことに驚く人間たち。米軍は3人をロサンゼルス動物園に移管し調査を開始するが、野生の動物として扱われることに耐えられなくなったジーラは思わず言葉を発してしまう。驚く報告を受けた大統領はコーネリアスとジーラに対して査問委員会を開く。

『新・猿の惑星』のスタッフ・キャスト

『新・猿の惑星』の感想・評価・ネタバレ

  • 生麦太郎
    生麦太郎 3 2016年8月13日

    うーん・・・

  • fmofmojimo
    fmofmojimo 3 2015年8月3日

    偏見と、未知への恐怖に理性は勝てないのだろうか。

  • Fumihiro Yamanouchi
    Fumihiro Yamanouchi 3 2015年8月1日

    一気に三作見て見ました。三作目が一番残酷。確実に次に繋がるエンディング。

『新・猿の惑星』に関連する作品