蛍火の杜へ

蛍火の杜へ

rating 3.9 3.9
27 3

『蛍火の杜へ』とは

緑川ゆきの漫画を原作にしたアニメ映画。緑川の漫画『夏目友人帳』のアニメ版と同じスタッフが多数参加している。キャッチコピーも「緑川ゆき原作、『夏目友人帳』のスタッフが贈る、もうひとつの妖奇譚」となっている。監督・脚本は大森貴弘。キャラクターデザイン・作画監督は高田晃。音楽は吉森信。主人公の竹川蛍を演じるのは『夢喰いメリー』の佐倉綾音。出演はほかに内山昂輝、辻親八、沢田泉など。毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞した。

『蛍火の杜へ』のあらすじ

竹川蛍は、毎年夏休みになると祖父の家に遊びにきていた。しかしそんなある日、妖怪たちが住むと伝えられている「山神の森」へ迷い込んでしまう。どうすれば良いかも分からず、泣き出してしまった蛍。そんな蛍の前に、狐のお面を被った少年のギンが現れて助けてくれる。それ以降、蛍は毎年夏になるとギンの所へ訪れるようになった。やがて2人はお互いに恋心を抱くようになるが、ギンには秘密があった。人でも妖怪でもない存在の彼は、人に触れると消えてしまうのだった。ギンは蛍のことを思い、自分のことを忘れるように彼女に伝えるが……。

『蛍火の杜へ』のスタッフ・キャスト

『蛍火の杜へ』の感想・評価・ネタバレ

  • T山@デスロード6周目
    T山@デスロード6周目 5 2015年8月9日

    心が洗われる作品。何も憎めない。

  • Atsushi Kaneko
    Atsushi Kaneko 4 2015年2月18日

    もう王道のストーリーです。 せつない夏の思い出。 主人公たちが初めて触れ合った瞬間、涙腺が決壊します。

  • のん

    デートみたいですね。 色気のないデートですね。 デートみたいですね。 デートなんですね。 ときめきました。 せつないけれど、主人公は大切に心にしまっている。

『蛍火の杜へ』に関連する作品