『用心棒』とは

「悪い奴ほどよく眠る」に次いで作られた黒澤プロ作品第2作。“のびのびと楽しんで撮った“と黒澤明本人が言う通りの痛快娯楽時代劇となった。二人の親分が縄張り争いをしているために、ゴースト・タウンのようになってしまった宿場町。そこへ得体の知れない浪人者・桑畑三十郎がふらりとやって来て、用心棒として高く買ってくれる方につくという。やがて巧みな策略で双方を戦わせ、いざという時には自らの刀を抜いて、町の大掃除に成功すると、彼はいずこへとも知らず去っていく。殺陣シーンのすさまじさとともに、ユーモラスなタッチも忘れがたい。登場人物の中では、ピストルを持ちマフラーを首に巻いた、キザでニヒルな殺し屋を演じた仲代達矢の存在感が光る。主演の三船敏郎は、第22回ヴェネチア映画祭で見事男優賞に輝いた。およそ時代劇とは思えないような快活な佐藤勝の音楽も出色。1964年にはイタリアのセルジオ・レオーネ監督が本作を翻案して「荒野の用心棒」を作り、これも大ヒットとなった。また、ハリウッドでも1996年に、ブルース・ウィリス主演「ラストマン・スタンディング」の名でリメイクされた。

『用心棒』のスタッフ・キャスト

『用心棒』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 20日前

    寂れた宿場町にやってきた一人の浪人。その町では二大勢力の抗争に晒されていた。浪人はその二大勢力を争わせて両成敗することを画策する。 とても面白かった。二大勢力にどちらも浪人として顔を売り、両方から誘いを受けるも飄々と交わす。すぐに解決するかと思いきや、悪役仲代達矢の登場により事態は芳しくない状況へ。ヒューマニズム的な隙を突かれて窮地に追い込まれる浪人は、予想を遥かに超える一方的なボコボコに。嘘でしょってくらいボコボコにされます。そこから奮起し、爽快なカタルシス。この映画、主人公の男は剣術の天才なのですが、チャンバラシーン無駄遣いしないんですよ。最初にちょろっと最後に贅沢に。かと思えばくだらないジョークなんかもあったりして(墓に運んでもらうシーンは笑った)、笑わせるのを忘れません。黒澤明監督による大エンターテイメント作品です。こりゃ西部劇にパクられるのもうなずけます。

  • Tetsuya  Tanoue
    Tetsuya Tanoue 5 2015年4月26日

    実は、黒澤明監督の作品を見よう見ようと思いながらなかなか観る機会がなく、今回思い立って、7人の侍を借りに行ったら、貸し出し中で、仕方なく用心棒を借りて観た。 震えた。。。 こんな凄い映画を今まで後回しにしてたのかと。。。

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 4 2014年12月16日

    三船敏郎の格好よさはこの作品で頂点です、何もかも好きだけど満点を付けるのは七人の侍だけと決めているので☆4半です、黒澤明の凄いトコは娯楽に徹している所 どんなに難しい主題を持った作品でも映画的でダイナミックな見せ方にこだわって決して小難しく振る舞わない点 その偉大さは赤ひげを最後に下降しますが 黒澤明の作品群ほどワクワクする作品には出会えないです。 三船敏郎の格好良さが尋常じゃなくて男の色気が充満してます、東野英治郎も名優です、当時は米ソ対立真っ盛り この作品で縄張り争いをする2勢力を米ソに当てはめ博士の異常な愛情のようなブラックジョーク映画として観る事も出来ます、ラストの あばよ!がゾワゾワする程格好いい!

『用心棒』に関連する作品