人狼 JIN-ROH

人狼 JIN-ROH

rating 3.5 3.5
30 16

『人狼 JIN-ROH』とは

2000年に劇場公開。第54回毎日映画コンクールアニメーション映画賞受賞作。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』で知られる押井守原作の『犬狼伝説』を映画化。政府の治安部隊に属する伏一貴と反政府組織との戦いを描く。監督は『ももへの手紙』や『装甲騎兵ボトムズ』で原画や動画で多数のアニメに参加したアニメーターの沖浦啓之。制作は『功殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『BLOOD+』のProduction I.Gが担当。 キャストには、伏一貴役に俳優の藤木義勝、雨宮圭役に武藤寿美が声の担当をする。

『人狼 JIN-ROH』のあらすじ

舞台は敗戦から数十年が経過した昭和30年代。東京では、政府の無理矢理な経済政策がとられており、そのおかげで失業者と凶悪犯罪者が増加の一途を辿っていった。それが反政府組織の「セクト」と呼ばれている過激派集団の誕生を加速させた。それに対処するはずだった自治体警察だが、その範囲を超えた過剰な武装闘論が、社会問題となっていた。政府は自治警を制御する為に首都警を結成する。首都警の特機隊に所属する伏一貴は、任務の為に一切の感情を殺して自分をコントロールしてきた。ある日、伏はある組織の追跡調査の途中で衝撃的な事態に遭遇してしまう。

『人狼 JIN-ROH』のスタッフ・キャスト

『人狼 JIN-ROH』の感想・評価・ネタバレ

  • めちつ
    めちつ 3 2014年11月5日

    時代の激流、組織の思惑に翻弄された赤ずきんちゃんと狼のお話。 成功と幸せは、全くの別物だ〜

  • のん

    左翼反体制の、赤ずきん。 帝国主義的体制、人狼。 古典童話の赤ずきんに当てはめた架空の歴史物語。 前知識なしで、前作も観ぬまま観賞しましたが、話を追うのに少し神経使いました。 ので、ある程度必要かも。 本当の被害者は誰か。 皆、自分で決断したではないか。……そう言われてみればそうかもしれない。 けれど、私には赤ずきんも狼も、時代に翻弄された哀れな存在に映った。

  • fumi

    完璧。赤ずきん童話をこんな風にテーマに当てはめるなんて、一生思いつかない。押井守は本当に素晴らしいと思う。何度でも見たいわ

『人狼 JIN-ROH』に関連する作品