ウィンターズ・ボーン
ウィンターズ・ボーン
Winter's Bone
rating 3.3 3.3
87 33

『ウィンターズ・ボーン』の感想・評価・ネタバレ

  • だーよし♪
    だーよし♪ 4 2015年10月31日

    家族を守るため、保釈中に失踪した父親をさがす17歳の少女の話。 アメリカの小さな村が舞台で、 掟とか村人ほとんどが親戚だったりとかで 凄く狭いコミュニティの中、 掟を破った父親はなかなか見つからない。 それどころか皆、協力などしてくれない。 それでも、あきらめない強い少女に次第に心動かされていく。

  • yubinashi
    yubinashi 2 2015年5月18日

    アメリカのアパラチア山脈周辺に住む白人貧困層をレッドネック、もしくはヒルビリー(田舎者という意味)と侮蔑して呼ぶらしい。 映画はそんなヒルビリーの異常と言わざるを得ない閉塞的な氏族意識をリアルに描いている。 なかなか知ることのできないアメリカの深部に触れる貴重な作品だ。

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 3 2015年2月12日

    重たい気持ちになる作品ですがジェニファー ローレンスが作品を引っ張る程の演技をしていて素晴らしかった、バンジョーの音色って好きだな~ってのを再認識しました。

  • Yuki Sakai
    Yuki Sakai 2 2015年1月14日

    完全にローレンス目当てで見たけど、脚本クソ過ぎ

  • ののはな
    ののはな 3 2015年1月6日

    家族を守るため、失踪した父親を探す少女の姿を描く。 正直、現代のアメリカでこんなコミニュティがあるのかと驚きました。閉鎖され、血の繋がりが濃い一族。掟を破ることは許されない。薬物を作る裏家業、貧困、辛くて重い現実…。 少女リーはまだ17才なのに、環境のせいで大人にならずにいられなかった。彼女は今を力強く生きているけれど、切ないものを感じました。幼い兄弟の無邪気さが救い。 ジェニファー・ローレンスの熱演は見事!

  • Kanako Takaichi
    Kanako Takaichi 2 2015年1月3日

    もやもやもやもやもやもやもや!!!! 鬱映画でも良いから、オチをつけて!!!! ヒルビリーの前知識なしでは厳しいよ!!

  • Y.Yamaguchi
    Y.Yamaguchi 2 2014年12月26日

    2014.12.24

  • tmmyon

    ジェニファー・ローレンスって途中まで気づかなかった。 こういう映画は好みのはずなんだけど、あまり響いてこなかった…金の為に軍隊に入ろうという単純な構図にはリアルを感じた。

  • Orangena
    Orangena 4 2014年10月6日

    録画しておいたのをようやく観ました。 アメリカのミズーリ州に住むヒルビリー(ロカビリーの語源らしい。知らなかった。)と呼ばれる貧困層の話。 画面は終始、今日の天気のように薄暗く、 内容は重く暗いけど、観てよかった1本です。 ジェニファー・ローレンスの演技が素晴らしかったな。

  • Takahiro Hirota
    Takahiro Hirota 4 2014年9月1日

    どうしても観たいと思って借りてきたら一回観た作品だった... 冷たいクスリを扱ってる作品だけに暗く冷たい雰囲気になってるけど、弟と妹が可愛くて一種の緩衝材のような役割になってくれてた。 ティアドロップの危うさが渋い 個人的に好きな作品。

  • Masahiro.
    Masahiro. 3 2014年8月16日

    貧困な田舎町で、17歳の少女が病の母と小さな弟と妹の面倒をみて、さらに家族を守るため父親のいざこざを解決しようとするお話。 ホラーかと思うくらい、田舎町の暗い陰鬱な映像が出てくる。 その17歳の少女はとてもたくましく、あの状況であのように行動できる人はそういないと思う。

  • ゆうみ
    ゆうみ 3 2014年5月8日

    暗くって冷たいようで、実はみんな誰かを想っているお話。 それにしても主人公は強か。

  • 竪琴

    2013.2月に鑑賞

  • Ryohei Shiota
    Ryohei Shiota 3 2014年1月25日

    閉鎖的、たくましい

  • グチオ
    グチオ 2 2013年9月13日

    淡々としすぎていてかなり眠かったです。自分には合いませんでした。

  • 小池A
    小池A 3 2013年6月1日

    ラジオかなんかで園監督がおすすめしてた映画だったのかな うまく説明できないけど人間の根底にある優しさが あぁいいなぁって思える

  • ERI1377

    17歳の少女リーが、心を病んだ母と幼い弟と妹を抱え、一家の大黒柱的に生活をきりもり。父親は麻薬で捕まり、自宅を保釈金の担保にしたまま失踪。自宅差し押さえの危機⁉みたいな内容なんだけど、まだ17歳なのに、生きるためには大人にならざるを得ないという、ツラく切ない現状。。ほんと観てて辛かった。最後ハッピーエンド的な感じだけど、なんかもわぁーんとしてたなぁ。。ティアドロップ渋すぎ‼

  • okdkstmp
    okdkstmp 3 2012年9月18日

    こんな閉鎖的で何も無いような土地で、こんな出来事が21世紀になっても普通に起こってるんだろうなー、って感じ。村社会というのはまだまだ存在していて、その中で生きる女性には強さが必要であり…。アメリカの地味な一面を捉えたというか、広い国なんだな、というか。 主役を張ったジェニファー・ローレンスの演技はかなり良かったです。 タイトルはどう解釈したらいいのだろうか…

  • gohanumai
    gohanumai 0 2012年7月9日

    DVDで鑑賞 比較的静かな映画なのに最後までどきどきしたのは普段日本でのほほんと生きてたらまず触れることのない未知のアメリカの部分だからかも。貧困や人の命よりも大切にされている一族の掟って、所謂アメリカと聞いて思い浮かぶイメージや今の日本からはあまりにもかけ離れている。その善し悪しは文化の外から簡単に言及することじゃないと思うけど、今もそうして生きる人達がいることを知るのは面白いし、家族を守りたいという純粋で強い少女の生きる姿がかっこいいのは何処であっても変わらない筈。ジェニファーちゃんは勿論、叔父の怖いけど不器用そうなところも素敵だった!音楽もいいなぁ。

  • ZUKINKO
    ZUKINKO 3 2012年7月7日

    かなり、重苦しいお話でした。閉鎖的なコミュニティの中で、生きる為に強くあろうとする少女をジェニファー・ローレンスが素晴しい演技で力強く演じています。何かサスペンスを見ているかのような緊迫感が終わりまでずっとつきまとう感じの映画でした。