ファントム・オブ・パラダイス
ファントム・オブ・パラダイス
Phantom of the Paradise
1974年製作 アメリカ 94分 1975年5月31日上映
rating 4 4
35 16

『ファントム・オブ・パラダイス』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2016年10月27日

    作曲家がプロデューサーに精魂込めた曲を奪われた上にとやかくあって(かなり無茶苦茶)顔と声がグシャグシャ。奪われた曲が演奏されるオペラ座で仮面を被って登場するも、また言いくるめられて…。 晩年はすっかりダメになったブライアン・デ・パルマ監督初期の作品。映画全体は安っぽさに塗れていますが、相変わらずの凝った画作りはデ・パルマをギンギンに感じることができます。『サイコ』オマージュもあるよ! ストーリーはぶっ飛んでおり、商業性の欠片もありません。これが後に商業映画に染まる監督の作品だとは思えないくらい。コミカルで加速した物語のテンポに対して、余った時間でしっかりロックンロールをやっています。オープニングのジューシーフルーツなるバンドのサイドボーカルたちのダンス、中盤で出てくるゲイの歌手など濃ゆい濃ゆいメンバーたちのインパクトは絶大。印象に残る映画には違いないが、面白いかと言われれば普通。通学直前の平日の朝に観たのが間違いだったのでしょう。目が醒めてすぐに観る映画じゃなかった。 ヒールとなるスワン役のポール・ウィリアムズが曲を作ってるとのことで驚き。

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2015年8月2日

    普通なら黒歴史になりそうな作品も、デ・パルマなら代表作(たぶん)。基本「オペラ座の怪人」ではあるんだけど、かなり明後日の方へ行っちゃってる。宿敵とアンチヒーローが実は鏡像だったり、捩じれた倒錯趣味とか妙な叙情性とか足し算しかしてないの。愛すべきアマチュアリズムというか、お馴染みのデ・パルマ要素を豪快にぶち込んで清々しいというか。しかしまあ、時代とはいえこのチープさ…それが味とは思いつつも、でも悪徳プロデューサーのスワンも虐げられるファントムも、ヒロインの歌手も、ルックスから何とも微妙…。ファントムのマスクとかステージデザインは嫌いじゃないけど、それにしたってあの音楽は何なんだ。

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 4 2015年6月30日

    デ・パルマの最高作はこれではないでしょうか?曲作りの才能は溢れているのに見た目がイマイチな主人公が独自で成功を目指し その途中で歌手志望の女性に出会い共に活動していきますが 悪徳プロデューサーのせいで夢も女性も奪われます、復讐劇ロックミュージカルでカルトな香りを漂わせ40年以上も前の作品なのに今でも変な魅力を発散しています。

  • RiN

    ロックコンサート版オペラ座の怪人。 ハイテンション過ぎるしどぎついパロディ過ぎるしバブリー過ぎる。ツッコミどころは満載だし、盛大に音楽業界批判だし、あー面白かった。

  • U2

    ストーリーや設定は既出の通り。 70年代にこれだけクレージーなホラーコメディーが作られてるとは。 音と映像で、結構目が離せなくなる意外な秀作。 ソウルバーとかでBGVとして流れててもいいかも。

  • Misako M.
    Misako M. 2 2015年4月29日

    ロッキーホラーショーとよく並べられるこちら。結論から言うと、私はやっぱりロッキーホラーショー派! 割と現実的?な進み方だったのが最後らへんでかなりファンタジーになってついてけなかったけど笑、ラストシーンすごい。。!あのカオス感はなんなんだ笑 いい意味で笑 あのシーン観れただけで充分観た価値があったかな。 けど私グロいの苦手だから、一回でいいや。。折角DVD買ったけど、2回目は観ないと思う。

  • tmck3000
    tmck3000 5 2015年3月13日

    とてもいい映画を観た、というのが率直な感想。まさに無駄や退屈シーンが一切ない。ロックミュージカルという土台がさらに私の心を揺さぶった。フェニックスの「歌が歌いたい」という気持ちとその二人をめぐる残酷な争い。今までにフェニックス程の悲劇のヒロインは見たことがない。少ないキャラクターと突飛なカメラワーク、40年前の映画ながらすごく斬新な映画だった。そして、生涯ベスト級の作品になった。

  • えいじ
    えいじ 4 2015年2月19日

    1974年のアメリカの作品です。 物語は「オペラ座の怪人」と「ファウスト」を元にロックミュージカルとしてアレンジしたもの ラストは狂気的であるものの愛による魂の救済が描かれている、個人的に大好きな作品でしたが好みが大きくわかれると思うので不用意に人に薦めれない、、、 ただやっぱり一度観て欲しい!

  • Hayato Watanabe
    Hayato Watanabe 3 2014年10月21日

    1974年アメリカ、ブライアンデパルマ監督。 オペラ座の怪人やファウストなどの古典オペラをロックテイストにアレンジしたもの。 ファウストの舞台の演出やイかれたオカマロッカーが歌うシーンは結構好き。フェニックスも魅力たっぷりで歌も良かった。ただ、怪人モチーフのファントムの恋の描写はもっとあって良かったと思うし、要所要所では良かったがもっと見せ方があったのでは?って感じはある。見てて面白かったけど入り込めない部分も多々あった。 特にラストのシーンは恋に狂気して死んでいく、もっとどろっとした絵だと良かったと思う。

  • tmmyon

    『ロッキー・ホラー・ショー』派とこの『ファントム・オブ・パラダイス』派がいると聞きました。 私はどっちかな〜。どちらも強烈なんだけど、どちらかというと『ロッキー・ホラー・ショー』かもしれない…これもおもしろかったですけどね。特に最後。 『オペラ座の怪人』の記憶が曖昧なので、そっちを見直さねばな。 (追記)そういえば、スワンがマモーっぽいと思ったのは私だけでしょうか…

  • YU66 RAMONE
    YU66 RAMONE 3 2014年7月21日

    爆音映画祭@新開地 ロックとカルトが織り混ざった悲しい恋物語。 1974年の作品なのに斬新過ぎ。

  • Yamanaka  Akira
    Yamanaka Akira 3 2014年6月17日

    カルトムービー。なぜか何度も観た。 普通の人はあんまり観ないだろうなぁ~。

  • Katsuhiko_Miyata
    Katsuhiko_Miyata 5 2014年6月16日

    人間誰しも気に入った音楽で○○の曲が頭から離れない、よくわからないんだけどまたその曲を聴いてみたいといった経験があるはずだ。この「ファントム・オブ・パラダイス」という映画はまさにそういった映画だ。 あなたも映画に中毒性を求めてみてはどうでしょうか?僕の忘れられない映画の一つです。

  • Yuca

    破壊力のある映画。 オペラ座の怪人の筋を使ってロックミュージカルにしたもの、だが、ラ・ボエームからRENTへの変わり方とは、違う。 なんちゅーか、もう、ごった煮なのである。 メインの筋は、どっちかっていうとファウストで、舞台となるパラダイスという劇場でかけられるロックオペラもファウスト。蜷川幸雄の「ファウストの悲劇」でたぎった者としては、たまらん要素も多く、うはうはなのである。 さらにドリアングレイの肖像のモチーフも登場して、個人的にどはまりなラインナップ。 ヒロインが清純派ではないが可愛かったけどハッピーエンドじゃないところも好き。 いい悪いというか、好きだ、これ。

  • Satoko Suzuki
    Satoko Suzuki 5 2013年11月28日

    「オペラ座の怪人」のロック版。デパルマですね。しばらくトラウマになりそうな衝撃。このぐらいぶっ飛んでると「名作」も見る気になります。

  • hmm

    切なくてちょっと怖い。