だれもがクジラを愛してる。

だれもがクジラを愛してる。

BIG MIRACLE
2012年製作 アメリカ・イギリス 107分 2012年7月14日上映
rating 3.7 3.7
7 2

『だれもがクジラを愛してる。』とは

1988年にアラスカで実際に起きた出来事をもとに描かれたヒューマンドラマ。取材に携わったジャーナリストのトム・ローズが書いた『Feeling the Whales』が原作。クジラ救出のため世界中が一つになる感動の物語だ。情熱的なグリーンピース職員を演じたのは『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのドリュー・バリモア。監督は『旅するジーンズと16歳の夏』『そんな彼なら捨てちゃえば?』のケン・クワピス。全編アラスカ州内で撮影を敢行し、当時のニュース映像も使用したリアリティ溢れる作品になっている。

『だれもがクジラを愛してる。』のあらすじ

1988年、米国アラスカ州バロー。ある日3頭のクジラが分厚い氷の中に囲まれ動けなくなってしまう。そのニュースを見た環境保護団体グリーンピースのレイチェルはすぐさま現地に向かい、クジラ救出に奔走する。やがて彼女の活動は全米の関心を集めていくことに。やがて純粋に救出活動を行っている彼女とは裏腹に、会社の宣伝を狙う石油採掘会社や州知事をはじめ、様々な人々の思惑を巻き込みながら一大プロジェクトへと発展。善意の心、名声、立場などそれぞれの利害が見え隠れする中、徐々に世界中が一つになっていく。

『だれもがクジラを愛してる。』のスタッフ・キャスト

『だれもがクジラを愛してる。』の感想・評価・ネタバレ

  • よっきー
    よっきー 0 2014年7月14日

    クジラが可哀想とかふざけるないって現地民の生活を貶すとか本当最低とか思ってしまうよね。クジラやイルカ食べるの批判するとかそんな権利ないよ生活のために食ってるんだもの。乱獲するのは確かにいけないやろうけど、文化の尊重もあるきがする。なにが許せないってイルカやクジラを食うのが間違い可哀想みたいな感情持ってるのが意味がわからない。どの生き物全部食われるとき可哀想だよ。でもそれを命の糧にして、感謝して食べてるんだよ。イルカとクジラだけ特別扱いはおかしい。

  • まりまりん
    まりまりん 3 2012年7月15日

    『クジラを愛してるのは誰⁇』ぐらいの邦題が頭をよぎりつつ鑑賞。動物愛モノというより、いろいろなオトナの事情や国の利権争いのがメインテーマに感じた。意外に良かったw

  • さくら
    さくら 4 2012年7月3日

    #eiga #クジラ愛 試写会にて。まず東宝東和試写室すごく好き。人数も少なめで椅子もゆったりで映像も観やすい。 さて、1988年の実話を元に作られたらしいこの映画。3頭のクジラを助けるために、様々な立場の人が自分に出来ることをする。Dバリモア、質素でナチュラルでちょっと頑固だけど、人一倍人情深くてキュートだった! 自分の利益のことしか考えず、クジラ救出を利用しようとする人間。でも大きくて力強いのに、成す術の無いクジラを目の前にして、みんな心が動かされ、欲なんか消えてしまう。綺麗だなあと思った。海も、クジラも、人間も。 エンドロールで、実際の映像が流れるのですが、なかなか実話に忠実に作られているので驚いた。 職業も、人種も、国も越えて協力し合えるって良いね。そしてそれをニュースで観て、世界中のひとが祈ったり応援したりできるなんて、素敵ね。

『だれもがクジラを愛してる。』に関連する作品