いばらの王 ‐King of Thorn‐

いばらの王 ‐King of Thorn‐

2010年製作 日本 109分 2010年5月1日上映
rating 2.1 2.1
7 2

『いばらの王 ‐King of Thorn‐』とは

2002年から2005年にかけてエンターブレイン『コミックビーム』にて連載された岩原裕二のSFサバイバル・サスペンス漫画『いばらの王』が原作のアニメーション作品。 第42回シッチェス・カタロニア国際映画祭アニメーション部門など、多数各国の映画祭に選出された。 監督は『アップルシード』でも監督を務めた片山一良。脚本は監督の片山と『天元突破グレンラガン』脚本の山口宏が担当。主人公カスミを『PSYCHO-PASS サイコパス』の花澤香菜が演じる。

『いばらの王 ‐King of Thorn‐』のあらすじ

感染すれば石になり100%死に至る奇病“メデューサ”が蔓延する世界で、人類は滅亡の危機を迎えていた。 「メデューサ」から人類を守る為、治療法が確立しているであろう未来まで安全に眠り続ける「コールドスリープ」が実用される。しかし、コールドスリープできるのはほんの一握りの「資格者」のみであり、主人公、カスミ・イシキは世界で160人しかいない「資格者」に選ばれる。カスミと他の資格者達は施設内の特殊なカプセルで長く深い眠りにつく。 しかし資格者達が目覚めた先は、イバラに覆われ、怪物が襲ってくる廃墟だった…。

『いばらの王 ‐King of Thorn‐』のスタッフ・キャスト

『いばらの王 ‐King of Thorn‐』の感想・評価・ネタバレ

『いばらの王 ‐King of Thorn‐』に関連する作品